_DSC4901

秋の夜長はワインとともに。 ナチュラルワイン × 主役級テリーヌのマリアージュ!豪徳寺の古民家ビストロ〈アトリエ・ド・テリーヌ・メゾン・オケイ〉OPEN。 Learn 2021.10.20

ワインに合う料理を真剣に考えたら、コース料理の一皿として人気だった「テリーヌ」が主役に躍り出た! 東京・豪徳寺駅から徒歩1分の場所にオープンした〈アトリエ・ド・テリーヌ・メゾン・オケイ〉の試食会にお邪魔しました。

築70年の古民家の“屋根裏”に約100種のワインを常備。

S__45350937

店を手掛けるのは、東京・新橋を中心にナチュラルワイン専門店〈viva! okéi 〉やナポリピッツァ専門店〈Pizzeria Terzo okéi〉などを経営するokéy(オケイ)。

築70年の古民家を、古い木材や天井を活かしてフルリノベーション。この秋、木の温もりとアンティークの家具が心地よい〈アトリエ・ド・テリーヌ・メゾン・オケイ〉に生まれ変わりました。

1階限定でペット同伴可能。
1階限定でペット同伴可能。
2階。壁には着物の布を使ったアートボードが。
2階。壁には着物の布を使ったアートボードが。

1階はカウンター席とテーブル席が配され、ペット同伴でも楽しめる街にひらけたつくり。2階はソファ席でもゆっくりくつろげます。

3階にものぼれる!
3階にものぼれる!

とっておきは、3階部分の“屋根裏部屋”にストックされているワインコレクション。常時100種類ほどを取り揃え、ゆくゆくは300種類近くにまで増やす予定なのだとか。

_DSC4887

ナチュラルワインと日本ワインを数多くラインナップし、オレンジワインやロゼも充実。ゲストは“屋根裏部屋”にのぼり、実際にボトルを手にとってその日賞味したいワインを選べます。

スペシャリテは断面が美しい魅惑のテリーヌ!

97DF9033-9E88-4980-8708-DD39C9B24FBA

絶対にオーダーしたいのが、フランスの家庭料理として親しまれてきたテリーヌ。脇役のイメージがあるメニューですが、〈アトリエ・ド・テリーヌ・メゾン・オケイ〉ではあえて主役として前面に押し出すことに。理由はシンプルに、ワインとの相性が抜群だから!

日本でも知名度の高い「パテ・ド・カンパーニュ」をはじめ、野菜や魚介が入った断面美に目をみはるテリーヌが常時10種類ほどそろい、来るたびに選ぶ楽しさがあります。

「自然野菜 10種のテリーヌ」1,000円。
「自然野菜 10種のテリーヌ」1,000円。

「自然野菜 10種のテリーヌ」はゴロッとした野菜がカラフルでキャッチー。我孫子にある無農薬無化学肥料、有機栽培の〈のらファーム〉産・旬野菜がギュッと詰まっています。

「秋刀魚とナス、キノコ、まこも茸のテリーヌ」950円。
「秋刀魚とナス、キノコ、まこも茸のテリーヌ」950円。

「秋刀魚とナス、キノコ、まこも茸のテリーヌ」は、秋の食材を贅沢に使った季節感あふれる一皿。ライムをかけて爽やかに!

「サーモンマリネとサワークリームのテリーヌ」900円。
「サーモンマリネとサワークリームのテリーヌ」900円。

「サーモンマリネとサワークリームのテリーヌ」は、ニジマスにブドウの果皮などを与えた山梨県産甲斐サーモンをマリネに。サワークリームと非常にマッチします。イクラを添えて贅沢に。

「パテ・ド・カンパーニュ」700円。
「パテ・ド・カンパーニュ」700円。

「パテ・ド・カンパーニュ」は、これを食べればお店の良し悪しが分かるとも言われる伝統的かつ定番のビストロ料理。豚肉と鶏レバーの田舎風パテです。

こだわりの一皿料理も充実。

「愛媛産真鯛のポワレ」1,800円。
「愛媛産真鯛のポワレ」1,800円。

テリーヌ以外にもワインにぴったりのメニューが豊富。京都で経験を積んだシェフが腕を振るう料理は、伝統的なフレンチをベースにしながらもどこか優しい味わいです。

「愛媛産真鯛のポワレ」は、鯛の養殖生産量日本一を誇る愛媛産のものを使用。外はパリッと焦げ目がつき、サクサク香ばしいです。

「カスレ カステルノダリー風」3,000円。
「カスレ カステルノダリー風」3,000円。

南フランスのビストロ定番メニュー「カスレ カステルノダリー風」は、豚肉や鴨のコンフィ、ソーセージを白インゲン豆と一緒に煮込んだ伝統料理。

「濃厚チョコレートのテリーヌ・ド・ショコラ」600円。
「濃厚チョコレートのテリーヌ・ド・ショコラ」600円。
_DSC4941

1階のエントランスにはテリーヌや各種惣菜が並ぶショーケースがあり、テイクアウトできます。気に入った味があれば、お土産に購入して帰ってもいいかもしれませんね!

試食会では、店を運営する株式会社okéy が近く東京・日暮里にオープン予定だというクラフトビール工場のビールをいただきました。こちらもまた続報をお伝えしたいと思います。

〈アトリエ・ド・テリーヌ メゾン・オケイ〉
■東京都世田谷区豪徳寺1-45-9
■03-6413-0112
■ 17:00〜22:00(21:00LO)/ テイクアウト 11:30〜22:00
■日休

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR