きゃりーぱみゅぱみゅの 「大人なLADYになるわよコラム」

さあ、行くわよ? きゃりーぱみゅぱみゅの 「大人なLADYになるわよコラム」第13回〜『ストレスと向き合うわよ』〜 Learn 2021.10.06

きゃりーぱみゅぱみゅが、「大人なLADY」を目指す日々を綴る新連載。おかげさまで、早くも話題沸騰です。第13回は、「ストレス」のお話。

『ストレスと向き合うわよ』

皆さまごきげんよう。いつも「どうやってストレスを発散していますか?」というお便りやメッセージをもらう、きゃりーぱみゅぱみゅです。

きゃりーぱみゅぱみゅの 「大人なLADYになるわよコラム」

マジみんなどうしてるの!?と、むしろ私が聞きたいです。ソロで活動しているので同じ境遇にいる人からどうやって発散しているのかなかなか聞けるチャンスもないですし、そもそもあまり先々のことを考えるようなタイプじゃないんで…。

それに私は、もともと声のトーンや話し方もわりと明るめなので、周囲からストレスを溜めるタイプとは思われないようです。それもあって自分自身もそう思い込んでいました。でも実は溜まってるっぽくて、例えば咳が止まらなくなるとか、気づいたら身体に不調が出ているんです。

で、この不調こそがストレスなんだと考えると、それがまたストレスになるという悪循環。ストレスとの向き合い方って難しいです。

その場その場で嫌だなって思っても、家に帰ってきたら忘れちゃうことが多いので、それが知らない間に蓄積していたのかもしれません。例えば今だと、フェスが本当は8個くらい決まってたんですけど、中止が続いて今はあと2個しか残っていません。フェスが1個減るごとにストレスが1個ずつ溜まっていってるのかもしれないです。

ちなみに私、コロナで初めて円形脱毛症になりました。それが治ったと思ったら、また違うところにできたりして大変でした。多分ですけど、デビュー10周年を機に、スタッフさんとか体制を一新したことで忙しくなったせいもあるのかもしれません。それでホルモンのバランスが崩れてしまったのかなあと…。

きゃりーぱみゅぱみゅの 「大人なLADYになるわよコラム」
きゃりーぱみゅぱみゅの 「大人なLADYになるわよコラム」

いつもだったらそういう時は、カラオケで大騒ぎしてストレス発散できたんですけど、今はそれもできません。カードゲームも大好きでよくみんなとワイワイやってましたけど、それも時期によっては密になるからなあ…。そして今日もコンビニの店員さんに無駄にイラついてしまう私。…嫌になります。

あと、低用量ピルをやめた影響もあると思います。もともと生理不順でライブ中に急に生理が来たらまずいので、ちゃんとこの日っていうタイミングで来るようにしたほうがいいと思って、ツアーが立て続いてるときは飲んでいたんですね。ところが今はライブが減ってしまったので、ちょっと前にやめたんです。

そしたら女性ホルモンがめちゃめちゃ乱れて、めちゃめちゃイライラしたり、落ち込んだりするPMS(月経前症候群)になったっぽいんです。飲んでいたときは生理痛もなければイラつきもなかったんだけど、飲まなくなってからはちょっとしたことでイラついちゃって、それもまたストレスに…。もう自分に余裕がなくなってしまいます。

きゃりーぱみゅぱみゅの 「大人なLADYになるわよコラム」

こないだも車を運転中の親友ボンちゃんに「今のところ右だったよ」と本来言うべきところを、「いやいや今のところ右だよ。なんでそっち行っちゃうの?」みたいな“プラスで嫌なこと”を言ってしまいました。しかも追い打ちで「あ~あ、左行っちゃったらからすごい遠くなっちゃったなあ」とかブツブツ言うという…。普段の自分なら言わないのに~。

ええ、当たり前ですけど、めっちゃ空気が悪くなります。でもイライラしてるときは「ごめん」の一言も言えなくて、もうどうすることもできなくなるんです。でも、それが自分でもわかっているから、必ず最後に「さっきは生理前でああいう言い方してごめんね」と言うようにしています。ほんとそれがすべてなので…。

きゃりーぱみゅぱみゅの 「大人なLADYになるわよコラム」

あと、私の事務所、アソビシステムってみんなめっちゃ仲が良くて、私もその雰囲気が大好きなんですけど、たまに遠目で「いや、遊びじゃねンだからよ」って仕事のときに思ってしまうことも全然あります。毎日毎日仕事とかで忙しくて心に余裕がなくなって、カツカツになるとそうなっちゃうんです。

でもみんなは相変わらずワイワイしてて、自分の気持ちだけがまったく逆になってしまうことがすごくしんどい。そんなふうになる自分が嫌だなあって思うんです。今までだったら、忙しければイライラして当然!と思ってたかもしれないけど、今は自分の余裕のなさに気がついて嫌だなと、自分に思う。いや~、大人になりました。

そういうときはなるだけ一人になるようにしています。でも現場で一人になるのはなかなか難しいので、帰宅後はリビングでテレビを観る代わりに、ベッドでマンガ読んだりとか……あんま変わんないか。まあ、でもベッドでマンガってちょっと気持ち的に一人になれるんですよ。繭にくるまったような感じです。

きゃりーぱみゅぱみゅの 「大人なLADYになるわよコラム」

女子って身体にストレスがほんと出やすい。だから身体が悲鳴を上げる前に、ちゃんと自分で気づいて対策を立てていきたいですね。皆さまはどうされているのでしょうか? 今のところベッドでマンガを読むしか対策がない私に、ぜひ教えてほしいです。

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR