愛用品連載 中村さん

ハナコラボ パートナーに聞いた! 〈Apple〉の「AirPods Max」|最新のノイズキャンセリングで、走るときもテンションアップ! Learn 2021.07.07

仕事を頑張る上で欠かせない、持っているだけで気分を高めてくれるアイテムってありますよね。この連載では、ハナコラボ パートナーたちが愛用しているマストアイテムをご紹介。今回はコミュニケーション、デジタルマーケティングとして活躍する中村 葵さんに話を聞きました。

今回、愛用品を紹介してくれるハナコラボ パートナーは…

愛用品連載 中村さん

名前:中村 葵さん(なかむら・あおい)
職業:コミュニケーション、デジタルマーケティング
年齢:33歳

コミュニケーション、デジタルマーケティングとして活躍する中村さん。「PRの経験を活かし、京都を拠点に、フリーでメディアとのリレーションなどコミュニケーションに関わる様々なことを仕事にしています。肩書きは必要があれば、コミュニケーションとSNSを活用したデジタルマーケティングと名乗っていますが、いまはそれ以上にしっくりくる肩書きを探して迷子中です(笑)」。

中村さんがPRの道を歩み始めたのは、前々職がきっかけ。「カフェやレストラン、ホテルなどをプロデュースする企業に勤めていました。プロデュース業に憧れて、入社前はグラフィックデザインの専門学校にも通ったほど。ですが、当時の上司に『PRのほうが向いていると思うよ』と言われて。流されるままPRに転身しましたが、基本的にプライベートではいまでも人見知りですし、コミュニティのある感じや大勢の輪の中で話すのも苦手。自分では全然PRに向いていないのになぁ…と思いながらいまでもコミュニケーションがメインの仕事をしています。これまで続けてこられたのは、PRが天職だと人から言ってもらえること、そして担当する仕事が大好きだという気持ちだと思います。そこで働いている人たちやブランド、プロダクトやサービス、全部ひっくるめて1人でも多くの人に知ってほしいから、みんなが言うならきっとこれが天職なんだと信じて、PRを続けています」。

その後、知人の紹介で外資系のラグジュアリーホテルに転職。広報として働くが、体調を崩してしまいフリーに。現在はこれまでやってきた飲食店やホテル、そして新たにアートやカルチャーのジャンルを中心に幅広いジャンルで活躍している。「体調を崩さなければフリーになる予定はありませんでした。なので、いまは手探り状態でいただいた仕事一つ一つに一生懸命取り組んでいます。ジャンルは制限せず“この人たちと一緒にやりたい、この仕事がやりたい”と心から思えるものはすべて受けるようにしています。体調を崩したとき、お仕事もプライペートもカラダが思うようにいかず辛かった…。だからこそ、いまは無理のないペースで、心もカラダも楽しいと思える仕事をしていきたいです」。

ランニングに欠かせない愛用品。

昨年、滋賀から京都に引っ越したのを機に朝ランをスタート。「京都で新たに出会った友人たちが趣味で走っていて、私も参加したのがきっかけ。京都にちなんで『AGARUSAGARU』というチーム名が付いています。朝7時15分に集合して鴨川沿いを走り、コーヒースタンドに寄ってコーヒーを飲み、8時過ぎに帰宅という流れで、火曜と木曜の週2回行っています。私にとって“走る”ことが目的ではなく“人に会ってコーヒーを飲む”ことが重要。様々な人が参加するため、必然と地域の方とも知り合えますし、普段聞けない話が聞けて楽しいです。それがきっかけで仕事につながることも。コーヒーショップはサポートの気持ちを込めて、チェーン店ではなくローカルのお店を選ぶように。まだ走り慣れなくていつも1番後ろですが、さぼってその日に楽しいことがあったら悔しいですし、負けず嫌いなので(笑)、出来るだけ参加するようにしています」。

まるで履いていないみたい!?着心地抜群のトレーニングウェア。

愛用品連載 中村さん

〈lululemon(ルルレモン)〉のトレーニングウェアは愛用歴3年。「元々パーソナルジムのときに着ているものなので、ランニング用ではないのですが、着心地がいいので愛用しています。ヨガや山登りに着ていくことも。特にレギンスは履いている感覚がないくらいフィット感があって。私は写真のものを含めて同じものを2本持っています」。

最新機能つきのヘッドフォンでテンションアップ。

愛用品連載 中村さん
愛用品連載 中村さん

〈Apple〉ラヴァーだという中村さん。「AirPods Max」のシルバーは最近仲間入りしたお気に入りの一つ。「ワイヤレスイヤフォンも持っていますが、走るときはこっち。1人のときはみんなのときと違い、音楽を聴いて楽しんでいます。単純に〈Apple〉が好きという理由だけで購入しましたが、期待以上のノイズキャンセリングと空間オーディオのクオリティに感動!自分だけの世界に浸れて最高です。Spotifyのお気に入りプレイリストで、曲はジャンル問わずそのときの気分で聴くことが多いですね。最近はB'zのサブスクがついに解禁されたので、集中したいモードのときの必須リピートソング『LOVE PHANTOM』が鉄板です」。

走った記録や健康管理は「Apple Watch」1つでOK。

愛用品連載 中村さん

「Apple Watch」はランニングのときはもちろん、仕事時に欠かせないアイテム。「『AirPods Max』に連動させて音楽を流したり、アプリ『Nike Run Club』で走った記録をとったり。心拍数など健康管理もできるので活用しています。写真は黒のスポーツバンドですが、大事な仕事のときはフォーマルなレザーベルトにチェンジ」。

【今月の日常の一コマ】お家で本格的なコーヒーを楽しんでいます。

愛用品連載 中村さん

「コーヒーコミュニティアプリ『KOHII』とはコーヒー豆のサブスクで、全国のコーヒーロースターの豆がお家で楽しめるというもの。AIのマッチング機能で好みの豆を自動的に選んで自宅に届けてくれるので、届くまでどのコーヒーかわかりません。ロースターやコーヒー豆との新しい出会いが新鮮で、何のコーヒー豆が届くか楽しみにしています」。

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR