柴田ひかりさん

『コロナ禍を経て、サステナブルになった毎日のこと。』 電車から自転車移動で、CO2排出減&リフレッシュに。/vol.4 柴田ひかりさん Learn 2021.06.27

新型コロナウイルスの流行によって訪れた、日常の変化。それがきっかけで始まった習慣が、自分や社会、地球の明るい未来へ貢献することも。4人の変化をフォーカスした。今回は、モデル/フォトグラファー・柴田ひかりさんにお話を聞きました。

移動を電車から自転車に。CO2排出減&リフレッシュに。

コロナ禍で世界的にも需要が高まり、自動車や電車移動よりもCO2の排出が減らせると、注目の自転車。柴田ひかりさんも、そんな魅力に引き寄せられたひとりだ。自転車生活で得られたものは、多いという。

柴田ひかりさん

2020年5月頃から続いたステイホーム期間後、運動不足解消のため自転車に乗ると決めた柴田さん。「そんなとき、自転車専門店〈テンプラ サイクル〉で働いていた友人から店長がフレームを譲る人を探していると聞いたんです。見せてもらうと、好みのデザイン。相談しながら愛車を組み立てることにしました」カスタム自転車は持ち主によってパーツ選びが異なるため、同じフレームを使っても“持ち主仕様”にガラリと変身する。そんな受け継ぐ醍醐味を知れたことも大きな収穫だ。そして柴田さんの生活は一転した。

「撮影スタジオや事務所へ行くとき、自然に触れたくて川を見に行くときは、だいたい自転車で移動するようになりました。明らかにフットワークと心が軽くなったんです」どこを走るのが好きかと問われれば、「都心の道」。理由は「いつもの景色が全く違って見えるから」。それに、自転車じゃないと通らない道や風景との出会いも楽しい。そして、夕方に自転車で走っているときに空がオレンジからブルーへと移り変わる様が見られるのも贅沢だと微笑む。

「気づけばこうして自転車で動くことが、CO2削減に貢献できる私なりのアクションになっていました。小さな一歩でも、継続できる楽しみなのが、大切だと思っています」

乗りやすさにこだわった仕様で長く使い続けられる相棒に。

柴田ひかりさん

譲り受けたフレームは〈SOMA〉のデランシー。パーツ選びの視点は、長時間走っても疲れにくいことと、飽きのこないクラシカルなデザイン。

柴田ひかりさん
柴田ひかりさん
柴田ひかりさん

サドルは高級感あるレザーの経年変化を楽しめる〈ブルックス〉。幅広のペダルは足に負担をかけない仕様。横に広いハンドルは、走行中に前傾姿勢にならず腰が楽な設計。ナビで使うスマホのホルダーも取り付けた。

自転車生活によって好きだった写真がもっと好きに。

柴田ひかりさん

撮りたい景色を見つけたら、すかさずパチリ。自転車の日は、取り出しやすく、大容量で両手が空く〈チャコリ×オーラリー〉のメッセンジャーバッグを愛用している。

柴田ひかりさん
柴田ひかりさん

バッグには〈スノーピーク〉のエコボトルや〈コンタックス〉のフィルムカメラ、キャップやサングラスを。iPadに保存している多摩川の夕暮れ写真がお気に入り。

良品を継承することを教えてくれたサイクルショップ。

柴田ひかりさん

「海外でも今、公共交通機関を使わない移動手段として自転車人口が急増中。特に輸入商品は品薄です」と話すのは、柴田さんにフレームを譲った〈テンプラ サイクル〉店長の澤邊稔さん。受け継いだ柴田さんが愛車を大切にするのを見るのが、元持ち主の喜びに。店内には、自転車キャンプやアウトドア遊びのアイテムまでそろう。

柴田ひかりさん

〈tempra cycle〉
■東京都世田谷区下馬6-18-8 1F
■03-6453-2655
■11:00~20:00(日祝~19:00)水休

Profile…柴田ひかり(しばた・ひかり)

柴田ひかりさん

高校生からモデルを始め、文化学園大学へ進学し、ファッションを学ぶ。写真が趣味で、各地で写真展を行うなどフォトグラファーとしても活動。音楽にも造詣が深く、インスタグラム(@shibatahikari)で発信されるライフスタイルも注目の的。

(Hanako1197号掲載/photo : Aya Sunahara text : Kyoko Kashimura edit : Nao Yoshida)

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR