Processed with VSCO with hb2 preset

花井悠希の朝パン日誌 vol.11 こう見えて個性派!…〈グリオット〉と〈ポワンタージュ〉 Learn 2017.11.20

毎朝のコーヒー、毎朝のパン。なにげない日常の一コマに、さりげなく個性を光らせ、「おおおっ!?」と好奇心をくすぐり笑顔にさせてくれるパンがあります。今回はそんな刺激を与えてくれたパンを紹介します。

酔わせてちょうだい…〈グリオット〉の「シナモンロール」。

シナモンロール
シナモンロール

ラム酒の香りに当方めっぽう弱いことを、改めて自覚させてくれたこちら。このシナモンロール、上のアイシング(溶けちゃったよ…。)にラム酒が使われているのです。店頭での整えられたその姿はどことなくミステリアス。なだらかなアイシングは、地表(生地)が見えそうで見えない絶妙な透明感があります。

グリオット

寒い冬の空の下、すりガラスからこぼれる家の灯。なんだかそんな温かな景色が見えてくるよう。このすりガラスの(アイシングの)先にはきっと幸福が約束されている。

躊躇わず、さぁ扉を開けよう。

断面は清々しいほど端正。
断面は清々しいほど端正。

扉が開くと、アイシングの甘さよりも真っ先に、ラム酒のうっとりする香りが目の前を(見えないけど)を染め上げます。そこから、しっとりと歯切れの良いクロワッサン生地の軽やかさ、シナモンのアクセントと、1つ1つの美味しい要素たちが出現しては、ラム香るアイシングの中へ消えていく。

グリオット

その美しい繰り返しを追いかけているうちに、すっかり酔わされている私がいました(ラム酒なだけに)。いやはや完敗です。これまで出会ったシナモンロールの中でぶっちぎりにアダルトな子でした。

あなたはどっち派?…〈ポワンタージュ〉の「大人のミルクフランス」「ミルクフランス」「安納芋とりんごの豆乳パンドミー」

大人のミルクフランス
大人のミルクフランス

ガリっとしっかりクラムがたったバゲットは、ぎゅっと噛みしめる度に小麦の味わいがふわぁと口内を走り抜けていきます。これだけで十分に幸せなのに、そこへミルククリームが挟まれているのだから、いやはや罪深い。

まず感じるのは、私が愛してやまないバターのねっとりしたあのコク。甘さしっかりなのに、先にバター特有のコクが絡みつくから、コク深さが甘さを通せんぼして、コクの内側から甘さがどんどんと滲み出てくる様子です。想像してみてください。うっとりでしょう?

大人のミルクフランス

このミルククリームと少し塩気もある芳しいバゲット、2つの濃いキャラクターを掛け合わせることで、甘さアベレージは適切となり、まとまりのある1つに仕上がっています。ラストは、クリームのコク深さがずっと一線に留まるかと思いきや、バゲットの小麦が香ばしい余韻を残しフィニッシュ。ミルキーなテイストが好きな人は外せないミルクフランスです!

ミルクフランス
ミルクフランス

〈ポワンタージュ〉の看板商品。(へにょって曲がってしまいました。ごめんなさい)挟まれているミルククリームは同じですが、こちらはソフトフランスパン生地でできています。

幾分硬質でむっちり筋肉質のようなモサモサした生地は、「大人のミルクフランス」より主張は控えめ。君はミルククリームと一体となるために生まれてきたのねって、労いたくなります。こちらのミルククリームは個性が強めだと思うのですが、この生地と一体になると、全体的に穏やかに感じられるんです。

ミルクフランス

「大人のミルクフランス」が掛け算ならこちらは引き算。【何事も足し算引き算が大切よ】とどこかで聞いたようなフレーズが脳裏をよぎりました。

子供からお年寄りまで幅広い年代の方が楽しめること間違いなし。でも、わたしは個性がビシビシと伝わってきた大人のミルクフランスをまた手に取ってしまいそう。(刺激を求めるお年頃)

安納芋とリンゴの豆乳パンドミー
安納芋とリンゴの豆乳パンドミー

自他共に認める芋好きで、前回アップルパイ好きも露呈した私(前記事参照)です。この名前に釘付けになったのは言うまでもありません。ふわふわとした生地はその先にもちっとした粘り気が現れて、歯切れはいいのに軽いだけで終わらせないエンターテイナー。焼く前に触れたら指にしっとりと吸い付くもち肌でした。焼かずに食べてもきっと美味しい。

安納芋とリンゴの豆乳パンドミー

ポコポコとあいた穴は、りんごと安納芋を丸く包んでくれていた空気がいた証。切ったことで逃げてしまった空気に思い馳せながら(ありがとう)、バターを添えてそれらを一思いにはむっと。ほくほく食感、ほっこりとした甘み、生地の滑らかな口どけに自然と頰が緩みます。みんなこれを食べたら喧嘩少なくなるよって思いたくなる、優しい気持ちを届けてくれるパンでした。

よく聞く種類でも、個性を上手く出してキラリと印象に残るパン達。それらはパン職人さんたちの努力の結晶です。感謝の気持ちを込めて、せーのっ「ごちそうさまでした!」

☆前回の記事はコチラから
☆連載一覧はコチラから

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR