タフクッキー_バレンタイン-09

2月14日(日)まで! 伊勢丹新宿店『スイーツコレクション 2021』にて期間限定販売。 世界中の女性を応援するグラマラスなアメリカンクッキー〈Tough Cookie.〉。 Learn 2021.02.13

〈Tough Cookie.(タフクッキー)〉は、直径9cm、厚さ2.5cmの贅沢ボリュームのクッキー。ひと口かじった瞬間のしっとりザクザクのユニークな食感、スパイスやジャム、素材使いが絶妙な、日本の食材をテーマにしたアメリカンクッキーです。2020年5月より、オンラインでの販売がスタートし、季節ごとに年4回、5種類のフレーバーを展開しています。普段はオンラインでしか買えない〈Tough Cookie.〉が、2月14日(日)までの期間限定で、伊勢丹新宿店の『スイーツコレクション 2021』に出店。会場では一枚から購入できるので、この機会に味わってみてはいかがでしょうか。

2月14日(日)まで、伊勢丹新宿店の『スイーツコレクション 2021』に限定出店!

タフクッキー_バレンタイン-01

〈Tough Cookie.〉は、フォーシーズンズホテルや国内レストランにてパティシエを務めていた渡邉亜矢子氏が創業したクッキーブランド。

英語で「She's a tough cookie! 」という言い回しがあるそうで、がんばり屋さんの女性に使われる形容詞のことなんだそう。見た目は可愛く、甘く、しっとりで、簡単に崩れてしまいそうなのに、実はタフ……そんな世界中の女性たちを応援したいという想いから、2020年5月に誕生しました。

店舗を持たないオンラインショップのみでの販売ですが、2月14日(日)までの期間限定で、伊勢丹新宿店の『スイーツコレクション 2021』に出店しています。催事に合わせて、2種の限定フレーバーも登場! 早速、ご紹介していきます。

「ラブアルケミスト」。
「ラブアルケミスト」。
タフクッキー_バレンタイン-15

アマゾンカカオをリッチに使用し、ジャスミン、ローズ、オレンジフラワーなどの官能的な香りのガナッシュに、イランイランで陶酔感をプラスした「ラブアルケミスト」。フランキンセンス、ミルラで香り付けしており、口に入れた瞬間に華やかな香りが広がります。

「食べる恋の香水」とも呼べる一枚! 気になるあの人に贈ってみてはいかがでしょうか。

「レッドザサンシャインイン」。
「レッドザサンシャインイン」。
タフクッキー_バレンタイン-14

ピュアな香り高いカカオの風味を49度以上の熱を加えない製法で仕上げたロークッキー「レッドザサンシャインイン」。白砂糖を使用せずに、ドライフルーツやはちみつ、アガベシロップを使用して甘みを出しています。

食べごたえのあるザクザク食感で、ドライフルーツやナッツ、穀物などの素材のおいしさを感じる一枚です。

ギフトにも、頑張っている自分へのご褒美にもおすすめな〈Tough Cookie.〉。

化粧箱付き全5種類 ギフト用リボン付 3,630円。
化粧箱付き全5種類 ギフト用リボン付 3,630円。

オンライン販売では、四季に合わせて5種類のフレーバーを展開しています。

クッキー生地にはグラスフェッドバター、国産最高級小麦、アマゾンカカオを使用。使っているフルーツも、その品種の旬に合わせて変えていくなど、かわいいだけではなく、素材にも徹底的にこだわっています。

パステルカラーのパッケージもとってもキュート! エコパッケージでの用意もできるので、用途に合わせて購入できます。

「ジャパニーズウィスキーと燻製バタースコッチ」。
「ジャパニーズウィスキーと燻製バタースコッチ」。
タフクッキー_バレンタイン-19

芳醇な日本のウイスキーとピーカンナッツのクッキーに、沖縄黒糖を使ったバタースコッチを練り込んだ「ジャパニーズウィスキーと燻製バタースコッチ」。

クッキーの紹介文には、「今週は〈サントリー〉響のウィスキーを使用しています」との記載が。旬の素材に合わせ、ウィスキーの銘柄も変更するそうなので、次回はまた違った印象を感じるかもしれません。お酒に合わせて楽しむもよし、深みのあるコーヒーにも合いそうな味わいです。

「加賀棒焙じ茶といちぢくチーズケーキ」。
「加賀棒焙じ茶といちぢくチーズケーキ」。
タフクッキー_バレンタイン-18

プチプチとした食感が魅力のいちぢくと酸味をきかせたチーズケーキフィリングを、香ばしい焙じ茶の生地で包んだ「加賀棒焙じ茶といちぢくチーズケーキ」。

そのまま食べてもおいしいですが、個人的なおすすめは冷やして食べること。よりしっとりして、チーズケーキを食べているような感覚で味わえます。

「スパイスアップルとダークチョコレート」。
「スパイスアップルとダークチョコレート」。
タフクッキー_バレンタイン-16

シナモン、クローブ、ナツメグでスパイスアップしたキャラメルアップルとダークチョコレートガナッシュを組み合わせた「スパイスアップルとダークチョコレート」。

濃厚なスパイスアップルがたっぷりと入っていて、食べごたえ抜群! 大人の味わいを楽しめます。

「禅ガーデン・苔とトリプルベリー」。
「禅ガーデン・苔とトリプルベリー」。
タフクッキー_バレンタイン-20

まるで、枯山水を描いているかのような「禅ガーデン・苔とトリプルベリー」。深いグリーン系の香りを感じる苔のアロマガナッシュと枯れたワインを思わせるブルベリー、カシス、ラズベリーをジャムにして詰めました。

グリーンの香りが漂い、味わうごとに心が落ち着いてくるような、癒やしの一枚です。

「北海道パンプキンとパンチェッタベーコン」。
「北海道パンプキンとパンチェッタベーコン」。
タフクッキー_バレンタイン-17

秋から冬にかけて旬を迎える北海道カボチャを使用した濃厚なクッキー「北海道パンプキンとパンチェッタベーコン」。

クッキーにベーコン?と、驚きましたが……パンプキンのコクにスモーキーな味わいがベストマッチ。甘じょっぱい味が好きな人にはたまらない一枚です。

タフクッキー_バレンタイン-08

キュートな見た目とは裏腹に、素材の味を存分に感じる本格派クッキー。一枚一枚コンセプトも違うので、クッキーの紹介文を読んでいるだけでも元気がもらえました。

2月14日(日)までは、伊勢丹新宿店『スイーツコレクション 2021』で一枚から購入できます。オンラインショップでは、五枚をセットにして販売。今年のバレンタインには、身体にも心にも優しい〈Tough Cookie.〉を贈ってみてはいかがでしょうか。

〈Tough Cookie.〉
伊勢丹新宿店「スイーツコレクション 2021」にて、2月14日(日)まで期間限定出店
■1枚640円(税込)〜
公式サイト

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR