also Soup Stock Tokyo

おでんと温かこたつで身も心もほっこり♡ 屋上テラスでこたつ×おでんが楽しめる!自由が丘〈also Soup Stock Tokyo〉の冬メニューをレポート Learn 2017.10.28

〈Soup Stock Tokyo〉が「休日のスープストックトーキョー」をコンセプトに自由が丘で展開する〈also Soup Stock Tokyo(オルソ スープストックトーキョー)〉。そんな〈also Soup Stock Tokyo〉が2017 年11月1日(水)~2018年3月下旬まで屋上テラス席限定のオリジナルコース「also Soup Stock Tokyo のおでん」3,800 円(税抜)の提供を開始します。「屋上テラスに大きなこたつが登場して、おでんが楽しめる?」ちょっとどういう感じのコースなのか気になったので、試食会に参加。その様子をご紹介します!

「休日のスープストックトーキョー」がコンセプトの〈also Soup StockTokyo〉。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2016年4月にオープンした〈also Soup StockTokyo〉は、「休日のスープストックトーキョー」がコンセプト。仲の良い友人で集まってランチやディナーを囲める場として人気を集めています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

開放感溢れるおしゃれな店内は、建築家の永山祐子氏が手掛け、柔らかい日差しが差し込んで気持ちの良い空間。1.2 階の通常のテーブル席、3 階が夏はビアガーデンなどを楽しめる、屋上テラスになっています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そんな〈also Soup StockTokyo〉は「街とつながる“ 場”としての飲食店」を目指し、オーナーとテナント、デザイナーが三位一体となって取り組みを行っており、「2017 年度 グッドデザイン賞」も受賞しています。

自由が丘の屋上テラスに大きなこたつが登場!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今回新たに登場する「also Soup Stock Tokyo のおでん」は、屋上テラス限定のメニュー。まるで自由が丘の邸宅にお邪魔したかのようなプライベート感溢れる屋上テラスに、大きなこたつが登場します。

今回試食会では7人一緒に食事をさせていただきましたが、こたつが大きいため窮屈さは特になし。個人的には10人くらいでワイワイこたつを囲んでも、十分楽しめそうだと感じました。

コースは嬉しいフリードリンク&フリーみかん付き!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

コースは3,800 円とリーズナブルながら、なんとフリードリンクつき!スパークリングワインをはじめ、赤ワイン、白ワイン、ハイボール、ソフトドリンクを食事とともに楽しむことができます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そしてもう一つ嬉しいのが、お通しが「みかん」という点。しかも食べ放題のフリーみかん!こたつの定番みかんを、おしゃれな自由が丘の屋上テラスで、しかもスパークリングワインとともにいただけるなんて、贅沢な大人になった気分です…!

前菜はこだわり食材を使った日替わり5種。

前菜は季節のお野菜にひと手間加えた、日替わりの盛り合わせ5種(写真はおよそ3名分)。
前菜は季節のお野菜にひと手間加えた、日替わりの盛り合わせ5種(写真はおよそ3名分)。

この日は低温でじっくり仕上げたローストビーフに、ロマネスコとジャガイモ和え、5種のきのこのマリネに、クリームチーズとカキの白和え、鎌倉の赤大根と塩麹マヨネーズディップが提供されました。

旬のお野菜たっぷりで、カラフルな見た目、そしてワインに合う味付けの料理ばかりで、グイグイお酒が進んでしまいます。

新感覚?ワインが進む具だくさんな洋風おでん。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

メインのおでんは、20種類以上の食材が入ったボリューム満点の一品。おでんの定番であるこんにゃくやちくわぶ、たまご、餅巾着だけでなく、フルーツトマトやさつまいも、かぼちゃなどカラフルなお野菜に、豚タンやハチノスなどのちょっと変わったホルモンまでぎっしり詰まっています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

おでんのお出汁は、フォン・ド・ボーという子牛の肉や骨、オマールエビなどでとるフレンチ仕立てのお出汁に、ポルチーニのお出汁と鰹と昆布出汁を合わせた洋風仕立て。「ワインとスープのお店だから、おでんもワインに合うものにしたかった」というシェフの言葉通り、和風出汁に牛のコクが加わって、ワインと相性抜群の味に仕上がっていました。

また、食材が荷崩れしないよう、そして雑味をなくしながらもしっかりと出汁の味が染み込むよう、食材によって仕立てを変えるというこだわりぶり。ホルモンは3時間別で煮込んだ後に出汁で焚き直しをするなど、すべての食材を仕上げるのに約2日もかかっているのだそう。そのため食材によって、さまざまな食感を楽しめるのもポイントになっています。

おでんが新たな味に変身!9種類のトッピング調味料で無限大の味わい。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そんな手間暇かけて作られたオリジナルのおでんは、そのまま食べても十分おいしいのですが、9種類のトッピング調味料と合わせることで、今まで味わったことのない新たなおでんの世界を堪能することができます。

トッピングは、味噌、粒マスタード、パクチー、酢しょうが、バジルソース、デュカ(ナッツやクミンフライド、ガーリックなどのスパイスがミックスされたもの)、水切りヨーグルト、アリッサ、塩コショウの9種。

個人的にはデュカのポテンシャルの高さにびっくり。おでんの良さを残しつつも、ミックススパイスが今まで食べたことのない新しい境地のおでんを演出してくれ、さらにワインとも合う味わいに。他にも、ホルモン×アリッサ、大根×味噌の組み合わせもおいしかったです。一種類だけでなく、数種類の調味料をかけてみても面白いかもしれませんね。

〆は出汁がじんわり染み込んだ、香ばしい焼きおにぎり。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

〆は焼きおにぎりにおでんの出汁をかけ、鰹節をトッピングした至高の一品。もうこんなのおいしくないわけがない…!表面に香ばしさが残った焼きおにぎりに、おでんのお出汁がじんわり染み込み、鰹節の香りとともに優しく心がほぐれるおいしさです。

こちらもそのままでもおいしいのですが、後半はアリッサやデュカをトッピングして食べてみてください。クミンと唐辛子のお陰かちょっぴりカレーっぽい味わいになりました。

コースは2 名~ 8 名で利用可能で、6 名~貸し切りもOK。ケースによっては人数の相談も可能とのことです。この冬は屋上テラスでワインと合う新感覚おでんをこたつで味わう、そんな贅沢なひとときを過ごしてみてはいかがでしょうか?

〈also Soup Stock Tokyo(オルソ スープストックトーキョー)〉
■ 東京都目黒区自由が丘1-26-13 POOL
■03-6421-4391
■11:30 ~ 22:30(LO.22:00)
■ 41 席(1F 12 席 2F 17 席 屋上テラス 12 席)
http://also.soup-stock-tokyo.com

こんな記事もおすすめ!
☆自由が丘のこだわりランチのお店8軒はコチラ!

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR