201005kt008

カルチャーで知るSDGs 芸人・バービーさんが、なぜ地方創生を?「地元の人たちにも安心してもらえる街づくりを実現したい。」 Learn 2020.11.28

なんだか難しそうと思われがちなSDGs、実は私たちの生活に身近なテーマばかり。現代社会が抱える課題について知るきっかけになる、映画やドラマ、本を紹介していきます。今回は、芸人・バービーさんが、うまくいかず悩んでいたら手を差し伸べてくれた本を教えてくれました。

201005kt008

4年前から地元・北海道夕張郡栗山町の地域創生に携わっているバービーさんが、「もっと早くこの本に出会いたかった!」と紹介してくれたのが『地元がヤバい…と思ったら読む凡人のための地域再生入門』。自身の活動について「実はまだ何も成功していない」と語る彼女は、この本を読むことでモヤモヤしていた気持ちが晴れたのだという。

「タイトルにも『凡人のための〜』ってありますけど、町おこしにおいては、私がこうやって人前に出る仕事をしていようが何の役にも立たないんですよ。最初は『自分の知名度を活かして何かできるはず』とどこか驕っていた部分もあったのですが、そうではなく一人の人間として向き合わないといけないってことがだんだんわかってきて。役所や大学の偉い人たちに何かができるわけでもないし、コツコツと地元住民の信用を得ることでしか街は変えられないんです。だから、こうやって〝凡人〞をスタートラインに設定しているのは素晴らしい目線だなと。地域創生の物語って、奇跡が起こって美談として終わる話がわりと多いんですけど、この本はそんな都合のいい奇跡が起こるわけでもなく、今もきっと葛藤の最中。だからこそ、読みながら何度も膝を打ちました」

201005kt019

現在、栗山町で地元の人から譲り受けた古民家を2軒管理しているほか、「and3style」という栗山町野菜のサイトをプロデュースしているバービーさん。ゆくゆくはでリフォームした古民家を宿泊体験の場所としてオープンしたり、米袋を留めるクラフトバンドを再利用したかごバッグ作りにも挑戦したいと計画中だ。

「町おこしを始めた頃はとにかく地元の経済を大きく底上げしたくて、『空き地がたくさんあるからそこに商業施設ができたっていいじゃない』なんて考えていたんですけど、地元の人たちはそんなのまったく望んでないってことを最近やっと理解できるようになって。誰でもいいからたくさんの人に来てほしいわけじゃなくて、まずは栗山町に興味を持って『この場所に遊びに行ってみたい』と思ってもらえるきっかけを作ることで、地元の人たちにも安心してもらえる街づくりが実現できるんじゃないかなと思っています」

『地元がヤバい...と思ったら読む 凡人のための地域再生入門』木下斉著

無題 (1)

札幌、盛岡、福井、長崎、鹿児島…全国各地で地域再生の未経験者である“凡人”たちが実践してきた事業立ち上げ・拡大のノウハウを一気に学べる一冊。「街づくりに興味がない人が読んでもきっと楽しめるはず。自分って何だろう?と迷っている人におすすめです」(バービーさん)。(ダイヤモンド社/1,550円)

Navigator…バービー

1984年北海道生まれ。2007年にお笑いコンビ「フォーリンラブ」を結成。現在はTBSラジオ『週末ノオト』パーソナリティやTBS『ひるおび!』コメンテーターを務める。『FRaU WEB』にて執筆中のエッセイ「本音の置き場所」の書籍が11月4日に発売予定。

(Hanako1190号掲載/photo:Natsumi Kakuto text:Momoka Oba)

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR