Pie Holic

フォトジェニックな手のひらサイズパイに胸キュン♡ パイ専門店〈Pie Holic〉が六本木にポップアップストアをオープン! Learn 2017.10.06

2016年3月に横浜・みなとみならいの「MARINE & WALK YOKOHAMA」に1号店を出店して以来、セイボリーパイ(惣菜パイ)からスイーツパイまで常時20種類以上の豊富なパイが、女性層を中心に人気を博し、昨今のパイブームの火付け役となった〈Pie Holic(パイ ホリック)〉。そんな〈Pie Holic〉が、六本木エリアに2017年9月28日(木) から1年間、期間限定ショップをオープンしました。今回は六本木店の魅力と〈Pie Holic〉のおいしさの秘訣をご紹介します!

テイクアウト専門の六本木店では、限定メニューがずらり!

66e091bc2d19932de79e174ad215915d

今回新たに、六本木ヒルズにオープンした〈Pie Holic 六本木〉は、テイクアウトが中心。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

横浜店ではセイボリーパイ中心のラインナップでしたが、六本木店ではセイボリーとスイーツを半々の割合で用意。大切な人への“手土産”や“ホームパーティー”の卓上を華やかに彩るメニューがラインナップしています。

手のひらサイズのパイが約 30 種類ラインナップ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして横浜店でのパイの4分の1となる、直径7センチの手のひらサイズのパイがメイン。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

横浜店に比べメニューの種類も30種類と大幅に増え、テイクアウトやギフトボックスを開けた時に思わず写真を撮ってしまうような、フォトジェニックなデザインのメニューが揃います。

日常に小さなプレミアムを♡ときめくほど可愛いケーキ型のパイ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

横浜店では種類の少なかったスイーツパイですが、六本木店では商品の半分がスイーツメニュー。そして、食べるのがもったいないほど可愛らしいメニューが揃います。

中でもイチオシなのがアーモンドダマンドのスポンジに、ブルーとホワイトのチョコでデコレーションされたケーキ型のパイ「Happy Anniversary」。

3段になったスポンジ部分は、中の色が青、緑、ピンクとカラフルに色づけされており、細部までこだわり抜かれています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ヌテラ&生クリームにカカオニブがアクセントになった「Nutella Banana」は、濃厚なチョコレートに、フレッシュな生クリーム、そしてバナナが相性抜群。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

チョコレートガナッシュの上に、焦げ目のついたマシュマロがたっぷり乗った「S'mores」は、アメリカのキャンプファイヤーをイメージしたメニュー。フワっととろけるマシュマロに濃厚なガナッシュが絡み、幸せな甘さを体感できます。

ごはんやおかずにもピッタリなセイボリーパイも充実。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

もちろん横浜店で人気のセイボリーパイも充実。セイボリーパイで一番人気の「Beef Meat」は、スパイスの効いた粗びきの牛肉がたっぷり入っていて、ミニサイズでも食べごたえ抜群。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

一見スイーツパイのように見える真っ白な見た目の「Shepherd's」は、アメリカではカウボーイパイとも呼ばれるセイボリーパイの定番。羊肉とマッシュポテトがクセになる一品です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

アメリカではどこのパイ店に行っても必ずおいてあるくらい有名な「Chicken Pot」は、ブロッコリーやニンジンなどの野菜がゴロゴロ入っており、クリームシチュー仕立てのチキンがほっと安らぐやさしい味わいです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ドリンクは定番のコーヒーをはじめ、3種類ラインナップ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

意外な組み合わせの「ミントモヒートコーヒー」は、フレッシュなミントをたっぷり使用したフローズンドリンクで、清涼感ある味わいにコーヒーの苦みがベストマッチ。重くなりがちなパイをさっぱりといただけそうです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

食事のバランスが気になる方には、セレブの間でも人気のコンブチャが用意されているので安心です。

来店におすすめの時間帯は11:30~12:30。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

横浜店ではいまだに行列の絶えない〈Pie Holic〉ですが、六本木店もオープンしたばかりのため、人気商品はすぐに売り切れの状態。

今回〈Pie Holic 六本木〉の店長・矢倉巻早紀さんにお話を伺ったところ、11:30~12:30が来店の穴場な時間帯とのこと。人気商品をお買い求めの際は是非参考にしてみてください。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そんな〈Pie Holic 六本木〉は、オーダー用紙にお好みのパイを記入して注文するスタイル。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

レジでオーダーとお会計を済ませたら、番号を受けとり外のピックアップ窓口で商品をピックアップします。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ピックアップブースまで可愛らしいですね。

〈Pie Holic〉の人気とおいしさの秘訣。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

L.A.やサンフランシスコを中心に、アメリカの西海岸エリアで広く親しまれている“ソウルフード”であるパイを、食材や調理法に捉われず自由な発想で楽しめるカリフォルニアスタイルのパイ専門店〈Pie Holic〉。

実はこの〈Pie Holic〉を運営するのは、飲食関連企業ではなく全国でウェディングプロデュースを手がける企業です。

ウェディング事業を行う会社のため、700人にも上るフレンチシェフたちを抱えており、〈Pie Holic〉では、そのフレンチシェフたちのスキルを活かしたメニュー開発を行っているといいます。また、〈Pie Holic〉で提供されるアップルパイなどのスイーツパイは、アメリカ視察の際に訪れたサンディエゴの片田舎にある〈ジュリアン パイ カンパニー〉のレシピを参考にしたそう。

そのため、〈Pie Holic〉のパイはアメリカ西海岸のホームメイド感がありながらも、細部までこだわり抜かれたパイに仕上がっており、他店とは一線を画す人気を呼んでいるのかもしれません。

アメリカ西海岸のローカルの味わいを大切にしながらも、細部にまでこだわったメニュー開発を行う〈Pie Holic〉。今後はサンクスギビングデーやクリスマス、バレンタインなど季節限定のメニューも増やしていくそう。新たに登場する季節限定メニューにも期待が寄せられます。

〈Pie Holic 六本木(パイホリック ロッポンギ)〉
■〒106-0032 東京都港区六本木6丁目2番31号 六本木ヒルズノースタワー1階
■11:00~21:00
http://www.tgn.co.jp/hall/yokohama/ph/66

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR