vol.49_top

娘から父へ…おいしい日本酒おしえます! 『伊藤家の晩酌』~第十五夜1本目/甘酸っぱい、大人のためのカルピス!? 「川鶴 讃岐くらうでぃ」~ Learn 2020.07.19

弱冠22歳で唎酒師の資格を持つ、日本酒大好き娘・伊藤ひいなと、酒を愛する呑んべえにして数多くの雑誌、広告で活躍するカメラマンの父・伊藤徹也による、“伊藤家の晩酌”に潜入! 酒好きながら日本酒経験はゼロに等しいというお父さんへ、日本酒愛にあふれる娘が選ぶおすすめ日本酒とは?四国をめぐる第十五夜の1本目は、香川生まれの今までにない新感覚の日本酒。
(photo:Tetsuya Ito illustration:Miki Ito edit&text:Kayo Yabushita)

第十五夜の1本目は、日本酒女子にも話題の香川のお酒「川鶴 讃岐くらうでぃ」から。

香川県観音寺市にある川鶴酒造が開発した新感覚の日本酒。白麹を通常の3倍も使用し、日本酒とは思えない軽やかさと甘酸っぱさを実現。ロックやソーダ割りにしてジョッキで飲んでほしい。
香川県観音寺市にある川鶴酒造が開発した新感覚の日本酒。白麹を通常の3倍も使用し、日本酒とは思えない軽やかさと甘酸っぱさを実現。ロックやソーダ割りにしてジョッキで飲んでほしい。
「川鶴 讃岐くらうでぃ」720ml 1320円(税込・ひいな購入時価格)/川鶴酒造株式会社
「川鶴 讃岐くらうでぃ」720ml 1320円(税込・ひいな購入時価格)/川鶴酒造株式会社

娘・ひいな(以下、ひいな)「今回のテーマは、日本酒で四国をめぐろうです!」
父・徹也(以下、テツヤ)「おぉ、4県回っちゃうんだ」
ひいな「そう。行きたくても、今はなかなかいける状況じゃないからさ。お酒で旅しようかと」
テツヤ「いいねぇ。どこから行く?」
ひいな「1本目は香川県から」
テツヤ「じゃ、つまみは讃岐うどんかな?」
ひいな「まぁまぁ(笑)。川鶴酒造ってかなり有名な蔵があるんだけどね」
テツヤ「へぇ」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ひいな「この『讃岐くらうでぃ』っていうお酒は、日本酒女子の中ですごい人気なの」
テツヤ「へぇ。そりゃ楽しみだね」
ひいな「だから、この連載でもぜひともおさえておきたくて」
テツヤ「日本酒女子っていっぱいいるの?」
ひいな「#️日本酒女子でインスタにいっぱいいるよ」
テツヤ「ひいなもハッシュタグつけてるの?」
ひいな「うん、つけてる」
テツヤ「なるほど。それでつながるんだな」
ひいな「見て、これすごくない?」
テツヤ「うわ、かなり濁ってるねぇ」
ひいな「澱があるから混ぜるね」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

テツヤ「真っ白! 澱がこんなにあるっていうことは味に影響ありそうだよね」
ひいな「うん、舌触りも独特なの」
テツヤ「そりゃ、にごり酒だね」
ひいな「このお酒は『伊藤家の晩酌』では初めての『うすはり』で飲んでみてほしい」
テツヤ「“くらうでぃ”ってどういう意味?」
ひいな「雲。この白さが雲ってことなのかな、たぶん」
テツヤ「そうかそうか」
ひいな「んじゃ、乾杯しましょうか」

真っ白でヨーグルトのよう!
真っ白でヨーグルトのよう!
お風呂上がりにカルピス飲んでるみたい。
お風呂上がりにカルピス飲んでるみたい。

テツヤ&ひいな「乾杯〜!」
テツヤ「うわ、何これ、ヨーグルトみたい!」
ひいな「この甘酸っぱさがいいよね!」
テツヤ「これ絶対風呂上がりに合うよ」
ひいな「おいしいでしょ?」
テツヤ「乳酸感がすごいね。これさ、炭酸に合うんじゃない?」
ひいな「ちなみに、このお酒の飲み方の表がラベルに書いてあるんだけど、ロックに◎があるだけなの。グラスいっぱいに氷を入れるのがポイントって書いてある」
テツヤ「ほんとだ。冷酒にも印がついてない」
ひいな「そう。ロック推奨」
テツヤ「なおのこと、風呂上がりの一杯にいいね」
ひいな「アルコール度数も6度だから、ビールみたいに飲めちゃう」
テツヤ「大人の飲むヨーグルトだね!」
ひいな「実はね、もともと違う名前で発売されてたんだって。『讃岐くらうでぃ 骨付鳥、一本勝負』って名前だったらしいよ」
テツヤ「あ! 香川といえば、骨付鳥だもんな」
ひいな「有名なんだね」
テツヤ「そう、『一鶴』っていう有名な骨付鳥の店があるんだよ」
ひいな「へぇ。骨付鳥に合わせて造られたお酒なんだって」
テツヤ「なるほど。あのスパイシーな味付けにぴったりだね。こんなご時世だからさ、旅した場所を想像しながら飲むのもいいね。銀の皿の上にのった骨付鳥を浮かべながらさ」
ひいな「いいねぇ。私のイメージも、香川といえば『川鶴』っていうイメージがあって」
テツヤ「そうなんだね」
ひいな「その中でもユニークなお酒が『讃岐くらうでぃ』で。これはぜひとも紹介したいなと思って」
テツヤ「っていうことは、つまみは骨付鳥が出てくるのかな?」
ひいな「と思うでしょ? 今回はちょっと意外なものにチャレンジしてみたよ」
テツヤ「こんな酸味のあるお酒に何を合わせるんだろう?」

「川鶴 讃岐くらうでぃ」に合わせるのは、なんと「ザ・プレミアム・モルツ」!?

今回合わせるのは、あのビール!
今回合わせるのは、あのビール!

ひいな「合わせるのは『伊藤家の晩酌』史上初めての……」
テツヤ「今までもいろいろすごいのあったけど」
ひいな「食べ物じゃありません!」
テツヤ「え!? まじか。調味料?」
ひいな「でもなく。ザ・プレミアム・モルツです!」
テツヤ「どういうこと? ビールで割るっていうこと?」
ひいな「そう、割ります。1対1で」
テツヤ「おいおい。そんなことしたら、俺、終わっちゃうよ(笑)。一番やっちゃいけない飲み方だって先人から教わったやつだよ」

一応、カメラマンとしても働いてます。
一応、カメラマンとしても働いてます。
日本酒×ビール!禁断のなかけ合わせ!?
日本酒×ビール!禁断のなかけ合わせ!?

ひいな「まあまあ(笑)。グラスの半分までお酒を入れて、もう半分にビールを注いで」
テツヤ「すごい泡! めちゃくちゃうまそうだな!」
ひいな「でしょ?」

なんともおいしそうな色になりました!
なんともおいしそうな色になりました!

テツヤ「いただきます! これは……ヤバいって」
ひいな「ね、おいしいでしょ? 最高でしょ?」
テツヤ「夏が来たね」
ひいな「これは、蒸留酒を造ってる友だちが教えてくれた最高の飲み方なの」

「ヤバい、ヤバい」と言いながら飲み干しました。
「ヤバい、ヤバい」と言いながら飲み干しました。

テツヤ「これは、ヤバいって」
ひいな「飲み過ぎちゃうよね」
テツヤ「良い子のみなさんは注意してくださいね。プレモルっていうのが、またいいよね。やっぱりプレモルなの?」
ひいな「うん、私はプレモル推奨です!」
テツヤ「この香りが合うね。急に酔いが回ってきたよ……」

お酒好きにはたまらない極上の組み合わせが爆誕! 飲み過ぎ注意!

おいしすぎて、何度もおかわり。
おいしすぎて、何度もおかわり。

テツヤ「いや、これは相当うまいね。ビール嫌いな人も飲めるし、日本酒苦手な人も飲めちゃうし」
ひいな「骨付鳥と合わせようかとも思ったんだけど、それだとおいしい組み合わせなのはわかってるからさ。今回は変化球で」
テツヤ「さらにおいしくなったね」
ひいな「お酒に苦味がないから、ビールが補完してくれるっていうか」
テツヤ「あえて苦味を足したわけか。大人な味になったね」
ひいな「そう。白麹を使ったお酒なんだって。焼酎好きな人にもいいんじゃないかなと思うよ」
テツヤ「白麹って焼酎に使われてるの?」
ひいな「そう」
テツヤ「白と黒があるとさ、黒を頼みがちじゃない? 素人って」
ひいな「そうなの?」
テツヤ「たとえばさ、ホッピーの白と黒があるとさ、つい黒でって言っちゃうんだよな。ホッピーの黒って何の黒?」
ひいな「麹じゃないよ(笑)。黒ビールみたいな?」
テツヤ「焼酎だとさ、『佐藤の白と黒あります』って言われたらさ、黒を飲んじゃう。でも正直違いがよくわからないんだよね」
ひいな「(笑)。蒸留酒に関しては私もまだ勉強中だからよくわからないけど、黒麹から派生したのが白麹なんだよ」
テツヤ「ってことは、最初は白から飲むものなのかな?」
ひいな「さぁ。どっちからがいいんだろうね」
テツヤ「黒のほうがイメージ良くない?」
ひいな「うん、わかる。でも、イメージの問題な気がするけど」
テツヤ「これはさ、夏酒にぴったりだよ! BBQとかさ」
ひいな「でも、みんな酔っ払って、誰も肉焼いてないんでしょう?」
テツヤ「この飲み合わせは確実に潰れるよね。焦げた人参が網の上に……(笑)」
ひいな「(笑)」
テツヤ「これはなかなかない組み合わせだったね」
ひいな「酒と酒だからね」
テツヤ「高知に行く前に、香川でこれだからな。どうしたらいいんだよ」
ひいな「もう酔っ払い確定!」

→次回は7月26日(日)更新

プレモルといえばの、矢沢永吉の顔マネする父・テツヤ。本人は似てるつもりですが、似てなさすぎて爆笑。
プレモルといえばの、矢沢永吉の顔マネする父・テツヤ。本人は似てるつもりですが、似てなさすぎて爆笑。

【ひいなのつぶやき】
濁り酒×炭酸系のブレンドは、今年の夏のトレンド間違いなし!!
ひいなインスタグラムでも日本酒情報を発信中

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR