yudouhu-top1

自宅で老舗温泉宿のヘルシー名物料理に舌鼓! 創業天保元年。佐賀・嬉野温泉の老舗〈旅館大村屋〉のトロトロ湯豆腐をおうちで。 Learn 2020.05.31

外出自粛期間が続き、慣れない生活でついつい食に走った方も多いのではないでしょうか。かく言うわたしもその一人。気づけば全体的に太ったような…。そんな重たいからだと心配ごとの多い心を癒してくれるお取り寄せを発見!創業天保元年(1830年)の老舗温泉宿〈旅館大村屋〉でいただける名物料理のひとつに、温泉水を使ったまろやかな口どけのいい湯豆腐があります。

疲れた心とからだに優しい味わいを。〈旅館大村屋〉のお取り寄せ湯豆腐セット。

〈旅館大村屋〉のトロトロ湯豆腐

「【嬉野温泉名物】とろける温泉湯どうふ」(1,836円、税込)は、嬉野温泉の水を調理水として使用した逸品。小豆色のような落ち着いた色ながら、和の華やかさを持った包装紙に胸が躍ります。

商品内容は豆腐2丁、調理水、ごまだれのシンプルなセットです。

〈旅館大村屋〉のトロトロ湯豆腐

火にかけると真っ白な雪景色のよう!温泉水を使った湯豆腐。

「とろける温泉湯どうふ」の作り方は簡単。まずは、調理水と豆腐を入れて火にかけます。できれば土鍋を使用するのがおすすめとのこと。

〈旅館大村屋〉のトロトロ湯豆腐

煮立ってきたら弱火にし、豆腐がくずれないように様子を見ます。しばらくすると、なんと調理水が真っ白に!

〈旅館大村屋〉のトロトロ湯豆腐

白濁したスープはまるで季節はずれの雪景色のような美しさ…!これは、温泉由来の調理水によって豆腐がゆるやかに溶け出すからなのだそうです。

出来上がった湯豆腐は、ねぎ、鰹節、おろしショウガをお好みであわせ、ごまだれをたらりとまわしかけます。

〈旅館大村屋〉のトロトロ湯豆腐
〈旅館大村屋〉のトロトロ湯豆腐

湯豆腐を口へ入れると、ホロホロとほどけ、まさにとろける味わい。なめらかな口あたりにうっとり。付属のたれは、ごまの濃厚な香ばしさと醤油の旨みが混じり合う、とろみのあるごまだれです。

〈旅館大村屋〉のトロトロ湯豆腐

ほろほろと口どけの良い豆腐が溶け込んだ真っ白なスープは、そのまま飲むとかすかな甘みを感じる味わい。まろやかで慈味深く、一気に飲み干してしまうほど。まるで砂漠で水を飲むかのように、全身の細胞が喜ぶ味わいに感激しました。

ゆったりと過ごしたい休日の朝ごはんにも、こころとからだを休めたい平日の夜ごはんにも。まろやかな温泉湯豆腐に癒されませんか?

〈嬉野温泉 旅館 大村屋〉
■佐賀県嬉野市嬉野町大字下宿乙848
■0954-43-1234
旅館大村屋公式サイト
旅館大村屋公式オンラインストア

Videos

Pick Up

記事4_top_1Peachで行く、奄美大島 (直行便!) の旅④ | カヌーで巡るマングローブ原生林、海が青すぎる展望台…世界自然遺産を体感!絶滅危惧種を含むユニークな動植物が数多く生息する鹿児島県の奄美大島。奄美群島のひとつである徳之島、沖縄島北部、西表島とともに2021年に世界自然遺産に登録され、海外からも熱い視線が集まっています。 サンゴを育む奄美ブルーの海と白砂がまぶしいビーチ、アマミノクロウサギをはじめとする天然記念物も暮らす亜熱帯の森やマングローブの原生林。地球の宝ともいえる、奄美ならではの美しい自然を味わってみませんか? 奄美大島は「アクセスが良くない」というイメージもありますが、LCCのPeachが運航する直行便なら、成田空港から約3時間、関西空港から約2時間。そして時期によっては片道4,990円からとリーズナブル! “遠い楽園”が身近になるPeachの直行便で奄美大島2泊3日の旅に出たのは、ハナコラボパートナーである藤井茉莉花さん。今回は美しい海岸と展望台、マングローブの森でのカヌーツアーを体験した絶景&アクティビティ編をお届けします。 ※奄美群島のアクティビティの情報は、「あまみシマ博覧会」のサイトでも探せます。 https://www.amami-shimahaku.com/ 公式サイトはこちらTravel 2023.03.22 PR