ドライトマトとほうれん草の和え物

もっと!「日本の美味しさ簡単レシピ」 広島のドライトマトをほうれん草と和えてオイルサラダ感覚で! Learn 2017.08.27

旅行先で買ったり、おみやげでもらったストックフード、キッチンに埋もれてませんか?その1品、ぱぱっとひと手間加えるだけで、きちんとしたひと皿になるんです。料理家さんたちが提案する、日本各地のストックフードを使った簡単レシピの連載を、より詳しく、コツやポイントとともに紹介します。

二皿目 坂田阿希子さん×ドライトマト
ドライトマトの風味がクセになります!

今回は広島県産のドライトマトを、坂田阿希子さんがアレンジ!「ドライなのにフレッシュ感もあるので、あえて刻まずにそのまま使いました」と、坂田さん。パスタやピザのトッピングにと活躍してくれる心強い保存食、ドライトマトを、洋×和のミックステイストの和え物に。濃厚なドライトマトの風味でいただくほうれん草のおいしさ、クセになります。

ドライトマトとほうれん草の和え物

▶まずは、ドライトマトを戻しましょう。

水に浸して10分ほど戻して、水気をしっかり切ったらオリーブオイルに漬けておきます。

ドライトマトとほうれん草の和え物
ドライトマトとほうれん草の和え物

▶次はほうれん草をゆでて。根元は捨てずに、ひと手間。

ほうれん草の根元のところ、捨てていませんか?実は香りも強いので、切って捨てずに、太い根には包丁で切れ目を入れてから割くようにしましょう。ちょっと面倒でもおいしく食べるための、ひと手間です。

▶もうひと手間かけるなら……。

ほうれん草はゆでるときにオイルを入れると、色鮮やかになります。沸点も高くなるので短い時間で食感もよくなるのもうれしいところ。イタリアンのときにはオリーブオイル、中華ならごま油を。

ドライトマトとほうれん草の和え物

▶だし汁にほうれん草を浸しておきます。

味つけしただし汁に、割いたほうれん草を浸して。

ドライトマトとほうれん草の和え物

▶トマトは刻まず、ほうれん草とさっくり合わせる。

フレッシュ感もあるので、ドライトマトはあえて刻まずそのまま。ほうれん草とさっくり和えて仕上げます。

ドライトマトとほうれん草の和え物

▶目にも鮮やかな和え物が完成!

ドライトマトの赤、ほうれん草の緑と、目にも鮮やかなひと品です。ドライトマトがほどよいアクセントになった、オイルサラダのような和え物は、ワインにもぴったり。蒸し暑いときにもオススメです。

今回使用したのはこちら

ドライトマトとほうれん草の和え物

【広島県世羅町産 ドライトマト】

世羅町で栽培された旬のとれたて原料を使用した乾燥野菜などを手がける、こだま試験農場のこだわりの1品。ドライトマト 20g 200円(税込)。都内では〈広島ブランドショップTAU〉で購入可。問い合わせ/広島ブランドショップTAU☎03-5579-9972

今回のレシピはこちら

【ドライトマトとほうれん草の和え物】

材料(2人分)
ほうれん草………………2わ
ドライトマト……………1袋(20g)
塩…………………………小さじ2/3
しょうゆ…………………小さじ1/3
だし汁……………………100cc
オリーブオイル…………適量

作り方
1.ほうれん草は塩を入れた熱湯でさっと茹でる。茎のところに切れ目を入れ、2〜3等分に割く。ドライトマトは水で戻し、やわらかくなったら水気をしっかりと切り、ひたひたになるくらいのオリーブオイルに漬ける。
3.だし汁に塩、しょうゆを加えて混ぜ、1のほうれん草をつける。ドライトマトを、漬けていたオリーブオイル大さじ2〜3とともに、ほうれん草に加えて和える。

レシピを教えてくれたのは……

【坂田阿希子】

料理家。国内外の新たなおいしさを常に探求し、料理教室「studio SPOON」を主宰。著書は『このひと皿でパーフェクト、パワーサラダ』など多数。

photo:Jun Kato

Videos

Pick Up

SPpeachPeachで行く、奄美大島 (直行便!) の旅。2021年に世界自然遺産に登録された鹿児島県の奄美大島。一年を通して比較的温暖で豊かな森も美しい海も楽しめ、旅先に選ぶ人が増えています。 簡単におさらいしておくと、奄美大島は鹿児島本土と沖縄の間の洋上に浮かぶ離島。加計呂麻島や徳之島、沖永良部島など周辺の島々を合わせて奄美群島と呼び、フェリーや飛行機を使って群島ホッピングも可能です。 そんな奄美大島、いざ行くとなると「アクセスが良くなさそう」「航空券も高くなるのでは」と心配の声が聞こえてきますが…。大丈夫です! 日本のLCCを代表するPeachなら、奄美への直行便があるのです。成田空港から約3時間、関西空港から約2時間、そして(時期にもよりますが)片道4990円からとリーズナブル。これは、躊躇していたら損!Travel 2023.02.28 PR
サントリーvol3SP文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.3「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2023.02.28 PR
サントリーホールのオルガンは、オーストリアのリーガー社謹製。職人たちが1年がかりで手作業で作ったパイプをはるばる船で運び、半年かけて設置したのだとか。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.2「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2023.01.27 PR
記事3_top_1Peachで行く、奄美大島 (直行便!) の旅③ | 絶景サンセットから、夜の森でアマミノクロウサギに遭遇!絶滅危惧種を含むユニークな動植物が数多く生息する鹿児島県の奄美大島。奄美群島のひとつである徳之島、沖縄島北部、西表島とともに2021年に世界自然遺産に登録され、海外からも熱い視線が集まっています。 サンゴを育む奄美ブルーの海と白砂がまぶしいビーチ、アマミノクロウサギをはじめとする天然記念物も暮らす亜熱帯の森やマングローブの原生林。地球の宝ともいえる、奄美ならではの美しい自然を味わってみませんか? 奄美大島は「アクセスが良くない」というイメージもありますが、LCCのPeachが運航する直行便なら、成田空港から約3時間、関西空港から約2時間。そして時期によっては片道4,990円からとリーズナブル! “遠い楽園”が身近になるPeachの直行便で奄美大島2泊3日の旅に出たのは、ハナコラボパートナーであるフォトグラファーのもろんのんさん。今回はサンセットの名所と森のナイトツアーを体験した絶景&アクティビティ編をお届けします。 公式サイトはこちらTravel 2023.03.14 PR
記事2_top_1Peachで行く、奄美大島 (直行便!) の旅② | とれたての海鮮丼から、島唄居酒屋で歌って踊って!?2021年に世界自然遺産に登録された鹿児島県の奄美大島。一年を通して比較的温暖で、豊かな森も美しい海も楽しめ、「沖縄より混雑していない」ことでも注目されて、旅先に選ぶ人が増えています。 簡単におさらいしておくと、奄美大島は鹿児島本土と沖縄の間の洋上に浮かぶ離島。加計呂麻島や徳之島、沖永良部島など周辺の島々を合わせて奄美群島と呼び、フェリーや飛行機を使って群島ホッピングも可能です。 そんな奄美大島、いざ行くとなると「アクセスが良くなさそう」「航空券も高いのでは」と心配の声が聞こえてきますが…。大丈夫です!日本のLCCを代表するPeachなら奄美への直行便があるのです。成田空港から約3時間、関西空港から約2時間、そして(時期にもよりますが)片道4,990円からとリーズナブル。これは、躊躇していたら損! そこで、ハナコラボ パートナーである藤井茉莉花さんが奄美大島2泊3日の旅へ。 奄美に魅せられて移住し、現在は多拠点でライターや通訳士として活動する藤原志帆さん(https://enjoy-amami.com/)に教わったおすすめスポットをまわります。 今回は海鮮丼、島唄割烹、お土産のセレクトショップなど、グルメ&お買い物編をお届けします。 公式サイトはこちらTravel 2023.03.07 PR
記事1_top_1Peachで行く、奄美大島 (直行便!) の旅① | 島とうふにスパイスカレー、超地元スーパーでおかいもの。2021年に世界自然遺産に登録された鹿児島県の奄美大島。一年を通して比較的温暖で、豊かな森も美しい海も楽しめ、旅先に選ぶ人が増えています。 簡単におさらいしておくと、奄美大島は鹿児島本土と沖縄の間の洋上に浮かぶ離島。加計呂麻島(かけろまじま)や徳之島(とくのしま)、沖永良部島(おきのえらぶじま)など周辺の島々を合わせて奄美群島と呼び、フェリーや飛行機を使って群島ホッピングも可能です。 そんな奄美大島、いざ行くとなると「アクセスが良くなさそう」「航空券も高いのでは」と心配する声が聞こえてきますが…大丈夫です! 日本のLCCを代表するPeachなら、奄美への直行便があるのです。成田空港から約3時間、関西空港から約2時間、そして(時期にもよりますが)片道4990円からとリーズナブル。これは、躊躇していたら損! そこで、ハナコラボ パートナーでフォトグラファーでもあるもろんのんさんが奄美大島2泊3日の旅へ。 奄美に魅せられて移住し、現在は多拠点でライターや通訳士として活動する藤原志帆さん(https://enjoy-amami.com/)に教わったおすすめスポットをまわります。 まずは、島とうふの定食にスパイスカレー、超地元スーパーでショッピングなど、グルメ&お買い物編をお届けします。公式サイトはこちらTravel 2023.02.28 PR