京都_DIG THE LINE BOTTLE & BAR10

6カ国21ブルワリー! ヨーロッパ最先端のビール。 今春京都に誕生! 日本初上陸のクラフトビールを味わえる〈DIG THE LINE BOTTLE&BAR〉。 Learn 2020.01.07

ヨーロッパ最先端のクラフトビールの輸入・販売を行う〈DIG THE LINE〉初となるフラッグシップショップ〈DIG THE LINE BOTTLE&BAR〉が、2020年春、京都にオープンします。フルーツ果汁を使ったビールや、ワインと同じ製法でつくるビールなど、日本未発売のクラフトビールを試飲させていただきました。

スウェーデン発〈Brewski〉が手掛けるフレッシュなフルーツビール。

グラス左から「Show Me The Money」、「Mangohallonfeber」、「Triple Berry Pie」どれもフルーツの味が濃くてびっくり!
グラス左から「Show Me The Money」、「Mangohallonfeber」、「Triple Berry Pie」どれもフルーツの味が濃くてびっくり!

スウェーデン発のクラフトビール〈Brewski(ブリュースキ)〉。フルーツを生のままふんだんに使用したIPAやサワーエールを得意としており、その珍しさからヨーロッパで人気を博しています。

今回試飲した3種類も、まるでジュースを飲んでいるかのようにフルーティーでした!

マンゴージュースのような「Show Me The Money」。
マンゴージュースのような「Show Me The Money」。

ウェルカムドリンクとしていただいたのが、〈Brewski〉とアメリカの会社〈Barrei Brewing〉がコラボレーションして誕生した「Show Me The Money」。アルコール度数 8.5%とハイアルコールのIPAでありながら、マンゴーとパイナップルのジューシーなテイストが口の中に広がり、とても飲みやすいです。

「Mangohallonfeber(マンゴーハロンフィーバー)」は、マンゴーとラズベリーをふんだんに使用したペールエール(アルコール度数 5.5%)。トロピカルな香りのなかにホップの苦味が広がる、深みのあるビールです。

ラズベリー色の「Triple Berry Pie」は、3種類のベリーでつくるサワーエール(アルコール度数 4%)。ベリーの風味と仕上げに使うバニラが混ざり合い、ベリーパイのような甘い香りが漂うデザートビールです。

〈Brewski〉オーナーのMarcus Hjalmarssonさん。
〈Brewski〉オーナーのMarcus Hjalmarssonさん。

〈Brewski〉のオーナーであるMarcus Hjalmarsson(マーカス・フマソン)さんは、スウェーデンクラフトビール界の第一人者。

ヨーロッパにはもともと、ホップに特徴をもつクラフトビールが多かったそうですが、そのなかで生のフルーツを使用したクラフトビールを生み出しました。フルーツ酵母の代わりに生のフルーツを入れるため、よりフレッシュな味わいになるそうです。

ご紹介した3種類は、ビールの苦味が苦手な方にも、ぜひトライしてほしいクラフトビールです。

オランダ発〈Tommie Sjef Wild Ales〉は、ワインのような芳醇なクラフトビール。

グラス左から「Vier」、「Blancs」。ビールとは思えない芳醇で香り豊かな味わい。
グラス左から「Vier」、「Blancs」。ビールとは思えない芳醇で香り豊かな味わい。

オランダ発のクラフトビール〈Tommie Sjef Wild Ales(トミーシェフワイルドエール)〉。ワインやシードルのように野生酵母で醸し、数種類のビールをブレンドして樽に寝かせ、年月を重ねワイルドエールをつくります。

長期熟成を加えることで、ワインのような口当たりになるのが特徴で、今回試飲した2種類も、一般的なビールとは全く違う味に驚きました。

「Vier(フィア)」は、樽で1.5年〜3年間熟成させた4種のビールをブレンドしたワイルドエール。ビールとは思えない奥深さやアロマを感じます。

「Blancs(ブラン)」は、ビールとワインを混ぜ合わせたワイルドエール。シャルドネとマスカットを加え、1〜3年の間樽で熟成します。ナチュラルワインを思わせる口当たりで、酸味があり、生ハムに近い味を感じます。

〈Tommie Sjef Wild Ales〉オーナーのTommie Koenenさん。
〈Tommie Sjef Wild Ales〉オーナーのTommie Koenenさん。

〈Tommie Sjef Wild Ales〉のオーナー、Tommie Koenen(トミー・ケーネン)さん。18歳の頃にビールに興味をもち、19歳からビールづくりをはじめ、若干25歳にして、ヨーロッパ中で絶大な人気を誇るワイルドエールのブレンダーとなりました。

数種類の樽をブレンドし味をつくり出しますが、その手法は自身で少しずつ種類や量を変えながらブレンドやテイスティングを重ねていくそうです。年月を重ねてつくられる彼のビールは、レシピではつくられることのないアートのよう。

普段はビールではなく、ワイン派という方にもぜひ味わっていただきたいクラフトビールです。

フラッグシップショップ〈DIG THE LINE BOTTLE&BAR〉。

〈DIG THE LINE BOTTLE&BAR〉外観イメージ。
〈DIG THE LINE BOTTLE&BAR〉外観イメージ。

2020年春、京都市中京区にフラッグシップショップ〈DIG THE LINE BOTTLE&BAR〉をオープン予定。アジア初となる〈Ace Hotel Kyoto〉を開業する〈新風館〉の東洞院通り路面に出店します。

店内で自社輸入のビールを楽しめるほか、国内外からセレクトしたボトル・缶を購入可能。6カ国21のブルワリーが日本に初上陸します。

また、ブース特設のエキストラタップ及びBARの8本のタップビールの持ち帰りもでき、クラフトビールをよりカジュアルに自由に楽しめるサービスを展開します。

左から「京鴨つくねのライスバーガー」、「長芋のフライ」。京鴨つくねと出汁巻き卵の甘じょっぱさがビールにピッタリ!
左から「京鴨つくねのライスバーガー」、「長芋のフライ」。京鴨つくねと出汁巻き卵の甘じょっぱさがビールにピッタリ!

BARスペースでは、創作料理のペアリングとともにクラフトビールと日本酒を提供します。店内には、プロオーディオブランド「Taguchi」とコラボレーションしたスピーカーとDJブースを配置、ゲストを招いたラウンジイベントも予定しています。

クラフト酒と食と音楽を交えた“人が繋がる新たな体験が生まれる場”を目指す〈DIG THE LINE BOTTLE&BAR〉。クラフトビール好きはもちろん! 京都観光中の休憩スポットとしても人気が出そうです。

〈DIG THE LINE BOTTLE&BAR〉
※2020年春開業予定、営業時間など詳細は未定
■京都府京都市中京区烏丸通姉小路下ル場之町586−2外
公式サイト

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR