FotoJet (1)

知識を深める1年に。 2020年は料理上達させたいあなたへ!いま気になる注目の料理教室4選 Learn 2020.01.13

2020年を迎え、気持ちを新たにしようとする人も多いはず。そんな時にオススメなのが習い事。中でも料理教室は実生活に役立つ場面が多いことから習っていて損はないはず。また料理教室を通して食生活の乱れを直すきっかけにもなること間違いなし。料理が得意じゃない人はもちろん、さらに腕を上げたいと思っている人にもオススメです。

1.「おばんざい」が作れるようになる!〈小平泰子料理教室〉

小平泰子/料理家。京都と東京で「小平泰子料理教室」を主宰。今年から自身が手がける惣菜の販売もスタート。料理にまつわる著書も多数。
小平泰子/料理家。京都と東京で「小平泰子料理教室」を主宰。今年から自身が手がける惣菜の販売もスタート。料理にまつわる著書も多数。

季節の食材を使ったおばんざい作りが学べる人気講座。2時間強のレッスンでは、だしのとり方などの基本から「残った煮汁を使ってもうひと品」といったアイデアまで、自宅で実践できる工夫を存分に。

自家製のひろうす、蕪の湯葉あんかけ、なすとお揚げのごまあえなど。大きなちゃぶ台で、和気あいあいといただきます。
自家製のひろうす、蕪の湯葉あんかけ、なすとお揚げのごまあえなど。大きなちゃぶ台で、和気あいあいといただきます。

食材から季節を感じ、小さな工夫から台所の知恵を学ぶ。食を通じて京都の暮らしの楽しみを体験できるのがうれしい。

〈小平泰子料理教室〉
■京都府京都市中京区梅忠町20-1 
■受講は月1回(開講日は月6~8回程度。HPで確認を) 
■入会金10,000円、月謝10,000円。
■定員3~10名 
■予約はHPの予約フォームより。東京・日本橋でも毎月同内容のレッスンを行う。
★さらに詳しいレポートは、こちらをチェック!

(Hanako1178号掲載/photo : Nobuki Kawaharazaki, Noriko Yoshimura (kyoto) text : Motoko Sasaki, Azusa Shimokawa (kyoto) edit : Kana Umehara)

2.働く女子やママに人気!料理家・黄川田としえさんの料理教室〈tottorante〉

黄川田としえ(totto)/料理家、フードスタイリスト、「tottorante」主宰。著書に『毎日のごはんと心地よい暮らし』(宝島社)ほか。
黄川田としえ(totto)/料理家、フードスタイリスト、「tottorante」主宰。著書に『毎日のごはんと心地よい暮らし』(宝島社)ほか。

メディアや企業のレシピ開発、カフェメニュー監修などで活躍する「tottorante」主宰の黄川田としえさん。

不定期で開かれる料理教室は、いつも大人気。人気の理由は、忙しい日々を過ごす働く女性やママに寄り添う料理を教えてくれるから。

すべての料理ができたら、テーブルコーディネートレッスン。器や花の使い方でテーブルがぐっと華やかになる。
すべての料理ができたら、テーブルコーディネートレッスン。器や花の使い方でテーブルがぐっと華やかになる。

「1人で作るのは大変だから、前の日に仕込めるものはやっておくとラクですよ~」と、気持ちも“ラク”になるコツも教えてくれる。簡単な調理法からアレンジまで、日々の生活で役立つアイデアが勉強になる。

〈tottorante〉
子どもと作る料理教室や、企業とコラボしたレッスンを不定期で開催。毎回内容は異なる。HPやインスタグラム(@tottokikawada)にて告知。
■場所:レッスンによって異なる。
■不定期開催 
■5,000円~。
持ち物はエプロン、三角巾、ふきん、筆記用具など。
★さらに詳しいレポートは、こちらをチェック!

(Hanako1178号掲載/photo : Nobuki Kawaharazaki, Noriko Yoshimura (kyoto) text : Motoko Sasaki, Azusa Shimokawa (kyoto) edit : Kana Umehara)

3.美は日々の食生活から!鎌倉の漢方ごはん料理教室〈きたかまくら日々響〉

漢方スタイリスト・吉田揚子さんの教室は家で実践したくなる仕掛けがちりばめられている。
漢方スタイリスト・吉田揚子さんの教室は家で実践したくなる仕掛けがちりばめられている。

1回の教室で作るメイン、サイド、おやつの3品どれも、手順は3つほど。使う食材も身近なものばかり。

食事と一緒に、10種から選べるブレンド漢方茶も付く。
食事と一緒に、10種から選べるブレンド漢方茶も付く。

メイン料理に合わせてブレンドしたオリジナルスパイスが、持ち帰り用に1セット付いてくるのもうれしい。「1度きりではなく日々に響く場になれば」
レシピBOOK付きのオリジナル漢方カリースパイスや、オリジナルブレンド漢方茶も販売している。マジカルMIXスパイス640円など。

〈きたかまくら日々響〉
■神奈川県鎌倉市山ノ内1479-6 
■0467-84-8834
■料金/漢方ごはんレギュラーコース1回5,000円(税込)。クレジットカードまたは銀行振り込み 定員/7名 
■開催時間/11:00~14:00頃 
■持ち物/筆記用具、胸当てのあるエプロン 
■予約方法/HPから。アクティブ漢方コースなどもある。
www.kitakamakura-hibiki.com
★さらに詳しいレポートは、こちらをチェック!

4.腸からキレイに。発酵食品仕込み教室〈神楽坂発酵美人堂〉

清水紫織/〈神楽坂 発酵美人堂〉店主。アレルギー疾患や妊娠&出産を機に発酵食品を学びはじめる。発酵料理人の伏木暢顕(ふしきのぶあき)氏に師事し、東京農業大学醸造科で学びを深める。
清水紫織/〈神楽坂 発酵美人堂〉店主。アレルギー疾患や妊娠&出産を機に発酵食品を学びはじめる。発酵料理人の伏木暢顕(ふしきのぶあき)氏に師事し、東京農業大学醸造科で学びを深める。

発酵食品は、美肌をつくる。教える清水さんのツヤツヤお肌に、その効果を実感。「発酵フードには善玉菌が多く含まれているので、腸内環境が整います。それが、美肌にもつながるんですよ」。

教室によって発酵ランチや軽食が付いてくることも。
教室によって発酵ランチや軽食が付いてくることも。

教わる発酵食品は、混ぜて、放置するだけで簡単にできるものばかり。自然に“おいしく”なるから、初心者でも簡単!

〈神楽坂発酵美人堂〉
まずは、基本の甘酒&醤教室を受講するのがおすすめ。季節のレッスンも豊富。
■東京都新宿区若宮町12-1 
■月5回開催(HPで確認を) 
■5,000円~ 
予約はHP記載のメールまで。5人以上でプライベートレッスンも可。
★さらに詳しいレポートは、こちらをチェック!

(Hanako1178号掲載/photo : Nobuki Kawaharazaki text : Motoko Sasaki edit : Kana Umehara)

【お知らせ】Hanako.tokyoでは基本的に本体価格を掲載しておりますが、2019年10月1日の消費税率改定以前に取材・掲載した記事にある(税込)表記の金額については、旧税率での掲載となっております。ご了承下さい。

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR