IMG_1414

煙が立ち込める燻握りや、スフレ玉子に感動! 銀座〈鮨やまけん〉の23品9,000円コースがご褒美ごはんにぴったり。 Learn 2019.12.09

たまには自分へのご褒美に一流の街・銀座で鮨を楽しみたいもの。しかし、敷居やお値段がお高めで正直手が届きにくい、という人も多いのでは?そんな人にぜひおすすめしたいのが今年6月に東銀座にオープンした〈鮨やまけん〉。リーズナブルなのに絶品鮨がいただける穴場店で、今回新メニューも登場したということで伺ってきました。

窓の外には東銀座の街並みが広がる!見晴らしの良さも魅力の〈鮨やまけん〉。

カウンター席

東銀座駅から徒歩1分という立地に誕生した〈鮨やまけん〉。

お店入ってすぐには大きなカウンター席が広がり、職人の手技を間近で感じられるライブ感あふれるダイニングになっており、テーブル席からは東銀座の街並みを見渡すことができます。

五感で楽しめるエンターテイメント性の高い料理。

カウンター席2

江戸前の技術を基礎としながら、進化する鮨をコンセプトに掲げる〈鮨やまけん〉で提供される鮨は、味だけでなく、香り、食感にも細かな工夫が凝らされています。

コースメニュー集合

今回いただいたのは、23品9,000円の「雅」というコース。メニューの内容は季節や仕入れ状況によって変わるそうです。

EEDB79C5-EAF4-4B44-97C1-6136023D9A04

この日は、青のりが入って磯の香り漂う濃厚な「貝だし」に始まり、醤油とゆず、大根おろしを添えたものと、煎り酒で味付けた「さわらの焼霜造り」からスタート。皮目を炙ったさわらは香ばしさがありながらも身が厚く、ホロっと解ける食感が印象的でした。

続いて「生いくら巻き」に「いかと外子」の握り。こちらは香箱蟹の外子の塩辛がアクセントになっていて、日本酒が欲しくなる味でした。

津本式究極の血抜き熟成魚を使った握りも!

49E7093D-CFB4-4771-BC6F-4E3D273004CB

続いて“津本式究極の血抜き”で話題の津本氏から仕入れた「究極の血抜きを施した熟成魚」の握り3種が登場。この日は9日熟成したシマアジに10日熟成したマグロのような見た目のツムブリ、4日熟成したカワハギでした。

新鮮な魚に適切な処理と熟成を加えた旬のネタは、程よいエイジングのかかった奥深い味わいで絶品。

97C508E7-CA20-4F85-81CE-746A23480F44

箸休めにピーマンの昆布和えが登場したのち、肝ソースが濃厚な煮アワビに舌鼓。残った肝ソースにシャリを加えていただく肝リゾットも斬新で、香箱蟹の握りもうま味が強く美味でした。

驚き溢れる、スモークに包まれた燻握り!

F49AA4B6-870E-4EDC-B2E7-DA7A87EA7437

そしてお待ちかねの、スモーキングを施した「燻握り」がお目見え!味覚だけでなく、見た目や香りにまで楽しみを与えてくれるエンターテイメント性溢れる逸品で、鼻から抜ける薫香がたまりませんでした。

3AD08A31-2757-4EB7-AD09-0C62B7BBF89A

その後カレイの柚庵焼き、脂がのった生サバの握りと続き、金目鯛に低温調理を施した握り、ウニの手巻きが供されました。個人的ヒットは、プリップリの食感で濃厚な金目鯛の低温調理。

どれもシャリが少なめでネタが大きいため、食べ応えがありながらもちょっとずつたくさん食べられるのが嬉しいですね。ウニなんてシャリよりもネタが多く、ウニ好きとしては最高でした!

口の中でフワッと溶ける「スフレ玉子」!

5425FAFA-5894-49E5-BE98-7C926B9E7C86

後半もあん肝にスイカの奈良漬けを合わせた握りや、とろたく握りのおはぎなど趣向を凝らしたメニューが目白押し。定番の玉子も同店ではアレンジが加わった「スフレ玉子」になっていて、軟らかいスフレのように蒸しあげた極上食感が魅力的でした。

様々な演出を取り入れた独創的な鮨が味わえる〈鮨やまけん〉。お手頃価格で趣向を凝らした絶品鮨を味わいたいとき、ぜひ訪れてみては?

〈鮨やまけん〉
■東京都中央区銀座5-13-19 銀座デュープレックスタワー5/13 9F
■050-2018-7240
■17:00~23:30(フード21:30LO/ドリンク23:00LO)
■無休

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR