tTaimeiken-01-B.jpg-768x584

ふわっふわの名物オムライスなど。 グルメエッセイ多数!昭和の文豪、池波正太郎が愛した老舗の名店巡り。 Food 2019.06.08

昭和グルメのご意見番といえば、ご存じ池波先生。在りし日に通いつめ、著書に綴った東京の名店たちは、今、変わった?変わらない?写真投稿アプリ〈Instagram〉を通して考えます。

1.〈たいめいけん〉ふわっふわのオムライスと個性際立つシェフ。/日本橋

「〈たいめいけん〉の洋食には、よき時代の東京の、ゆたかな生活が温存されている。物質のゆたかさではない。そのころの東京に住んでいた人びとの、心のゆたかさのことである。」(十五頁)

@EpicurusHongKong
@EpicurusHongKong
@kuuuurika
@kuuuurika

昭和6年創業。1階では名物のたんぽぽオムライス1,950円(税込)など、2階では本格的な洋食がいただける。三代目の茂出木浩司シェフは褐色の肌で知られ、その色はデミグラスソースより濃いと評判。インスタではシェフの看板とオムライスの写真をレイアウトしてアップするのが定番。

〈たいめいけん〉
■東京都中央区日本橋1-12-10 1F
■03-3271-2463(1階)
■11:00~21:00(20:30LO)、日祝~20:30(20:00LO) 無休 
■64席/禁煙

2.〈まつや〉あのセレブもご来店! 今や下町名物に。/神田

「うまいといえば、〈まつや〉で出すものは何でもうまい。それでいて、蕎麦屋の本道を踏み外していない。だから私は、子供のころに連れて行かれた諸々の蕎麦屋へ来ているようなおもいがする。そのころの蕎麦屋の店構えが〈まつや〉には残っている。」(三十一頁)

@hirokofuruyaa
@hirokofuruyaa
@amunoppy
@amunoppy

石臼で挽く「挽きぐるみ」の国産蕎麦粉と手打ちにこだわる蕎麦店。創業は明治17年、昔ながらの木造建築も見る価値あり。池波氏が好んだのは、どっしりとした太打ち蕎麦1,000円(税込、要予約)。トム・ハンクスがプライベートで訪れ、インスタにアップし話題に。

〈まつや〉
■東京都千代田区神田須田町1-13 
■03-3251-1556
■11:00~20:00(19:45LO)、土祝~19:00(18:45LO) 日休 
■66席/喫煙

3.〈竹むら〉文化財×素朴な味がインスタグラマーの心を掴む。/神田

「神田・須田町の〈竹むら〉へ入ると、まさに、むかしの東京の汁粉屋そのもので、汁粉の味も、店の人たちの対応も、しっとりと落ち着いている。(中略)香ばしい粟と、ほどよい小豆餡のコンビネーションは何ともいえぬ。もっとも、粟が出まわる季節にかぎられているのだが……。」(四十頁)

@kazue581115
@kazue581115
@moriedakan
@moriedakan

上記文章は池波氏のお気に入りであった粟ぜんざい800円について。テイクアウトもできる揚げまんじゅう2個470円や、あんずあんみつ(770円、各税込)も大人気。昭和5年建築で東京都の選定歴史的建造物に指定されているお店をバックに撮ったりと、キュートな写真が多数。

〈竹むら〉
店内での撮影はフードのみOKなので注意。
■千代田区神田須田町1-19
■03-3251-2328
■11:00~19:40LO 日月祝休 
■38席/禁煙

4.〈前川〉日本らしい雰囲気もインバウンダーに大ウケ。/浅草

「〈前川〉の鰻は、申すまでもなく天然のもので、三代にわたるつきあいの、利根川の業者から仕入れ、冬になると、秋の下り鰻を水田に入れて半冬眠させ、必要に応じて割く。これほどに手間をかけているだけに、味は、まったく、むかしと変わらない。白焼の旨さは、いうまでもないが、ここの蒲焼は本当に旨いとおもう。」(九十五頁)

@Xichienhuiya
@Xichienhuiya
@alisonholic
@alisonholic

創業200年あまり、文化文政期(!)から変わらずおいしい鰻を提供し続けている。現在は天然ものに近い味わいの高級養殖鰻を使用。隅田川沿いで全室和室と、下町情緒たっぷりで、最近は海外からの旅行客の間でも大人気。インスタには中国や台湾の人たちの写真が目立つ。

〈前川〉
駒形の本店のほか、〈新丸ビル〉などにも支店を構える。
■台東区駒形2-1-29
■03-3841-6314
■11:30~21:00(20:30LO) 無休 
■90席/禁煙

5.〈資生堂パーラー銀座本店〉上品でクラシックな、昔ながらの銀座を切り取って。/銀座

「銀座の〈資生堂パーラー〉で食事をするとき、いつも、かならず、二人の少年の顔が脳裡に浮かんでくる。一人は、幼少時代からの友だちの井上留吉である。一人は、ほかならぬ〈資生堂パーラー〉ではたらいていた山田君だ。二人とも、もし生きているなら、井上は私と同年、山田君は一つか二つの年下だろう。」(百十一頁)

@tokyoai_hiroko
@tokyoai_hiroko
@usagi_whitecolor
@usagi_whitecolor

日本初のソーダファウンテンとして創業し114年目。池波氏の定番はチキンライスだったが、上述の山田君に催され、初めてマカロニグラタンに挑み「こりゃ、西洋饂飩だな……」、ミートクロケットは「何ともいえぬおもいがした」と述べている。写真のパフェは季節限定メニュー。

〈資生堂パーラー銀座本店〉
パフェは食後にいただける。
■中央区銀座8-8-3 4・5F
■03-5537-6241
■レストラン11:30~21:30(20:30LO) 月休(祝の場合営業) 
■65席/禁煙

池波正太郎

『鬼平犯科帳』『剣客商売』などで知られる、日本を代表する時代小説作家。浅草生まれでグルメエッセイも多数。今回文章を引用した『むかしの味』(新潮文庫)は昭和63年に発表された作品。氏が通った東京・大阪の店たちへの、愛あふれる記述が満載。

(Hanako1123号掲載/photo : Instagram users illustration : Yoshifumi Takeda edit & text : Hiroko Yabuki)

Videos

Pick Up

記事4_top_1Peachで行く、奄美大島 (直行便!) の旅④ | カヌーで巡るマングローブ原生林、海が青すぎる展望台…世界自然遺産を体感!絶滅危惧種を含むユニークな動植物が数多く生息する鹿児島県の奄美大島。奄美群島のひとつである徳之島、沖縄島北部、西表島とともに2021年に世界自然遺産に登録され、海外からも熱い視線が集まっています。 サンゴを育む奄美ブルーの海と白砂がまぶしいビーチ、アマミノクロウサギをはじめとする天然記念物も暮らす亜熱帯の森やマングローブの原生林。地球の宝ともいえる、奄美ならではの美しい自然を味わってみませんか? 奄美大島は「アクセスが良くない」というイメージもありますが、LCCのPeachが運航する直行便なら、成田空港から約3時間、関西空港から約2時間。そして時期によっては片道4,990円からとリーズナブル! “遠い楽園”が身近になるPeachの直行便で奄美大島2泊3日の旅に出たのは、ハナコラボパートナーである藤井茉莉花さん。今回は美しい海岸と展望台、マングローブの森でのカヌーツアーを体験した絶景&アクティビティ編をお届けします。 ※奄美群島のアクティビティの情報は、「あまみシマ博覧会」のサイトでも探せます。 https://www.amami-shimahaku.com/ 公式サイトはこちらTravel 2023.03.22 PR
お散歩がてら“おいしい”を満喫!東京・町田のレトロなグルメスポット5選お散歩がてら“おいしい”を満喫!東京・町田のレトロなグルメスポット5選いま最も注目を集めるスポット・町田。活気あふれる商店街を始め、地元の人に愛される洋食店、100年以上続く名店など、気になるお店が盛りだくさんなんです。そこで、今回は“レトロ”をキーワードに、いま行くべきグルメスポットを厳選。次の休日、きっと町田に行きたくなる!(PR/町田市)Food 2023.03.22 PR
SPpeachPeachで行く、奄美大島 (直行便!) の旅。2021年に世界自然遺産に登録された鹿児島県の奄美大島。一年を通して比較的温暖で豊かな森も美しい海も楽しめ、旅先に選ぶ人が増えています。 簡単におさらいしておくと、奄美大島は鹿児島本土と沖縄の間の洋上に浮かぶ離島。加計呂麻島や徳之島、沖永良部島など周辺の島々を合わせて奄美群島と呼び、フェリーや飛行機を使って群島ホッピングも可能です。 そんな奄美大島、いざ行くとなると「アクセスが良くなさそう」「航空券も高くなるのでは」と心配の声が聞こえてきますが…。大丈夫です! 日本のLCCを代表するPeachなら、奄美への直行便があるのです。成田空港から約3時間、関西空港から約2時間、そして(時期にもよりますが)片道4990円からとリーズナブル。これは、躊躇していたら損!Travel 2023.02.28 PR
記事2_top_1Peachで行く、奄美大島 (直行便!) の旅② | とれたての海鮮丼から、島唄居酒屋で歌って踊って!?2021年に世界自然遺産に登録された鹿児島県の奄美大島。一年を通して比較的温暖で、豊かな森も美しい海も楽しめ、「沖縄より混雑していない」ことでも注目されて、旅先に選ぶ人が増えています。 簡単におさらいしておくと、奄美大島は鹿児島本土と沖縄の間の洋上に浮かぶ離島。加計呂麻島や徳之島、沖永良部島など周辺の島々を合わせて奄美群島と呼び、フェリーや飛行機を使って群島ホッピングも可能です。 そんな奄美大島、いざ行くとなると「アクセスが良くなさそう」「航空券も高いのでは」と心配の声が聞こえてきますが…。大丈夫です!日本のLCCを代表するPeachなら奄美への直行便があるのです。成田空港から約3時間、関西空港から約2時間、そして(時期にもよりますが)片道4,990円からとリーズナブル。これは、躊躇していたら損! そこで、ハナコラボ パートナーである藤井茉莉花さんが奄美大島2泊3日の旅へ。 奄美に魅せられて移住し、現在は多拠点でライターや通訳士として活動する藤原志帆さん(https://enjoy-amami.com/)に教わったおすすめスポットをまわります。 今回は海鮮丼、島唄割烹、お土産のセレクトショップなど、グルメ&お買い物編をお届けします。 公式サイトはこちらTravel 2023.03.07 PR