DSC_9521_atari-768x512

おやつの時間の甘いご褒美。 愛され続ける味にはワケがある。【東京】絶品あんみつが人気の甘味処・カフェ5軒 Food 2018.11.26

日本らしいの甘味・あんみつ。引き継がれた変わらない老舗の味は、一度は味わっておきたいもの。今回は、東京都内のあんみつが美味しい甘味処、カフェをピックアップ。おひとりさまでもゆったり過ごせる、雰囲気も魅力的です。

1. 100年以上愛され続けている小倉アイスを使うあんみつ。〈みつばち〉/湯島

a277991dae5a8306ca7376c1fa075208

種類豊富なアイスクリームが店先に並ぶ〈みつばち〉。ここで100年以上にわたって愛され続けているのが小倉アイスだ。北海道産の小豆を使用し、乳脂肪分は一切入っていないというヘルシーなアイスクリームは、甘さ控えめで口当たりもさっぱり。最中に挟んでテイクアウトもできるが、定番人気は小倉あんみつや小倉白玉あんみつ。

小倉白玉あんみつ750円
小倉白玉あんみつ750円

北海道産の小豆や伊豆産の寒天、沖縄産の黒蜜と赤えんどう豆など、素材にこだわって作られた一品。ねっとりと濃厚な黒蜜はおいしさの秘密なので、アイスの上にトロリとかけて食べるのがおすすめ。

口の中でトロリと溶ける小倉アイスは、自家製あんこや抹茶求肥などの具材とも相性抜群。歴史を感じる店内でゆっくりと味わいたい。

(Hanako1162号掲載/photo : Kanako Nakamura text : Momoka Oba)

2.町の「部活動」も盛んな、交流基地的ほっこりカフェ〈さんさき坂カフェ〉/谷中

5c88ca959ce666d65ab556c9d6412aba

六阿弥陀道の終点、さんさき坂の角にあるキュートなカフェ。谷中商店街の名店〈三陽食品〉のあんみつを味わえるのがうれしい。

f4d4b81e07446bdd52edfd7508fe0c57

クリームあんみつ580円などの甘味は谷中銀座の〈三陽食品〉から毎日取り寄せている。寒天がみずみずしくて新鮮!
ひとりランチも兼ねたいときは、カウンター席で。栗と鶏肉の炒め物900円などほっとする味の日替わり定食。

be7fe7ce2ddf25f6a0aec2bc08cd3313

夜にはテーマに沿ったパーティやライブが開催されることもあり、活気にあふれた空間に。サイクリング部、英語部、ウクレレ部など共通の趣味をもった常連が集まって活動する「部活動」もユニーク。この場にいるだけで自然に交流が広がって、自分も谷根千の住人になったような気分になれる。

(Hanako1144号掲載/photo : MEGUMI (DOUBLE ONE) text & edit : Noriko Maniwa)

3.老若男女に愛される江戸甘味。自慢の黒みつをたっぷりと。〈榮太樓 雪月花〉/日本橋

_MG_0727

飴やきんつばで有名な〈榮太樓〉が本社に構える喫茶室。「みつ豆」702円はじめ、自家製餡を使った絶品スイーツはほかにもたくさん。

「クリームあんみつ 」810円
「クリームあんみつ 」810円

定番の「あんみつ」は、つるっとした白玉と舌ざわりなめらかな餡、瑞々しいフルーツに弾力のある寒天と内容盛りだくさん。そこに職人が作る黒みつをたっぷりかけると、どこか懐かしさも感じる優しい甘さに。幅広い層に愛され続ける人気の一品。

(Hanako1130号掲載:photo:Kenya Abe text:Mariko Uramoto)

4.「日本の歴史公園100選」の〈町田薬師池公園〉を眺めながら。〈やくし茶屋〉/町田

DSC_9501_atari

7,700 m2 の広大な薬師池と豊かな緑の空間に囲まれ、「日本の歴史公園100選」にも選定された、町田市を代表する公園。

「クリームあんみつセット」750円
「クリームあんみつセット」750円

薬師池の前には古民家風の建物で30年以上続く〈やくし茶屋〉があり、絶景を眺めながらクリームあんみつやおしるこ、薬師団子など、昔ながらの甘味を味わえる。

(Hanako1157号掲載/photo : Ayako Koike, Kei Katagiri, Masanori Wada text : Ayano Sakai, Makiko Inoue)

5.次代へ受け継がれるみんなのおやつ。〈亀屋万年堂 総本店〉/自由が丘

DMA-_DSC4477

総本店のある自由が丘をはじめ、東急沿線の街に根付いて、多くの人に愛されている〈亀屋万年堂〉。2018年は創業80周年と看板商品のナボナ誕生55周年が重なる記念すべき年。

特製あんこがおいしいクリームあんみつは〈亀屋万年堂茶房〉の常連さんたちも絶賛する老舗の和スイーツ。900円
特製あんこがおいしいクリームあんみつは〈亀屋万年堂茶房〉の常連さんたちも絶賛する老舗の和スイーツ。900円

ナボナのふわふわとした生地となめらかなクリームの食感は、和菓子が主流だった頃の昭和の家族を虜にした。以来、チーズクリームやパイナップルクリームなど、発売当初からの人気の味のほか、年に4回発売される季節限定ナボナもファンが多い。併設のカフェ〈亀屋万年堂茶房〉では、自家製あんこのあんみつなどの甘味も好評だ。

〈亀屋万年堂 総本店〉
■03-3717-0400
■東京都目黒区自由が丘1-15-12
■9:30~19:30、〈亀屋万年堂茶房〉11:30~18:00  元日休、「茶房」水休

(Hanakoシティガイド『気になる、自由が丘。』掲載/photo: Atsushi Goto text: Hisako Iijima a)

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR