n_MG_4546

ここが原宿!? 建築デザイナーの美学が詰まった、ゆったり寛げる原宿の名喫茶〈アンセーニュ ダングル〉へ。 Food 2018.03.05

原宿の路地裏で見つけた、喧騒とは無縁のとっておき空間が広がる〈アンセーニュ ダングル〉。その魅力を、建築デザイナー・松樹新平さんが手がけたインテリアを切り口にご紹介します。

ふと立ち寄りたくなる、永遠のスタンダード喫茶〈アンセーニュ ダングル〉

MG_4536

原宿駅近くの路地裏に〈カフェ アンセーニュ ダングル 原宿店〉が開店したのは昭和50年のこと。半地下に下りそっと扉を開けると、重厚ながらほっとする琥珀色の空間。カチッと心のスイッチがオフになる。

テーブルには大輪のバラを。週1で専門店から届けられる。
テーブルには大輪のバラを。週1で専門店から届けられる。

一枚板のカウンターに漆喰の壁。フランスの田舎町の家をイメージした「フレンチスタイル」の内装は、いまや喫茶の定番だ。これを完成させたのが、建築デザイナーの松樹新平さんである。革張りのソファやテーブルが主だった喫茶ブーム時に、その斬新さゆえ次々と踏襲された。

オーナーの林義国さんから依頼された同店は、松樹さんが設計した2つ目の喫茶店。
「フランスをはじめ、ヨーロッパの街には昔ながらの建物が息づいています。それは年齢を超えて、誰が見ても〝素敵〞って惹かれると思うんです」と松樹さん。

手がける店は内装から食器、サービスまでトータルプロデュースする。

食器はリチャード・ジノリなどヨーロッパ製。
食器はリチャード・ジノリなどヨーロッパ製。

「居心地のいい店とは、家のような場所。それを作るには全てを指揮することが大事だと。当時は大通りに面しているのが定番でしたが、ここは立地が悪くて。でもいい店なら、絶対に人が来ると確信があった。デザインでいえば照明が大事ですね。昔の家は天井にライトがなく、必要な所だけを照らしていた。そんな明かりが心地よさの秘密なんですよ」

手にするブレンドは、開店当時から変わらない〈コクテール堂〉の深煎りのオールドビーンズをネルドリップで淹れたもの。

〈コクテール堂〉の「ブレンドコーヒー」600円と、ほどよい酸味の「チーズケーキ」500円。
〈コクテール堂〉の「ブレンドコーヒー」600円と、ほどよい酸味の「チーズケーキ」500円。

ここの豆に惚れ込み、自身が造る喫茶店でも取り入れるようになった。ぐっと苦みがあとを引く。
「何回か飲むとまた飲みたくなる味。じゃあ5回は来てもらえるようにと、雰囲気の違う席を5つ作りました」

学生時代は画家を志していた。一枚絵のような図面には細かな指示が。
学生時代は画家を志していた。一枚絵のような図面には細かな指示が。

カウンターに大テーブル、奥にはボックス席を設けた。「木はすべてムクの木で、座った時に足が着く床の端は、木が朽ちないように大理石。配置はカウンターから全席が見えるかつ、お客さん同士の目が合わない角度で造りました。いろいろな店がある今こそ、こういう所が必要とされるんじゃないかな。時代が変わっても、人が〝なんか好きだな〞って思う空間は変わらないでしょ?」

こんな記事もおすすめ!
☆連載、編集Tが通う心やすまるカフェ&喫茶店「渋カフェ」はコチラ!
☆純喫茶デビューにオススメの2軒はこちら!
☆初心者でも気軽に楽しめる喫茶4軒はこちら!

(Hanako1150号掲載/photo : Megumi Seki text : Wako Kanashiro)

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR