n_O0A9646

喫茶店が気になる! ゆったり空間に、こだわりの珈琲…喫茶デビューにおすすめの喫茶店4軒 Food 2018.02.23

タイムスリップしたような空間にこだわりの珈琲…喫茶店が気になるけど、どこに行ったらいいの?そんなあなたに、初心者でも気軽に楽しめるおすすめ4軒をご紹介。

1.昭和の空気を残す空間〈ぐすたふ珈琲〉/江古田

s_O0A9525

天井まで覆うファーの壁材、ベルベットの深紅のチェア。よくぞ残っていたと感動を覚える内装は、地元では知られたスナックだったという。マスターの茅根和司さんは「喫茶文化が根付く学生街に店を出したい」と思い、江古田のこの物件に出会った。店で振る舞うのは丹念に淹れたネルドリップのコーヒー。ホテルニューオータニの〈かふぇ ぺしゃわーる〉で経験を積んだ抽出法だ。

器は手触りと口当たりの良さからジノリを選び、この空間にはミニマルなものが似合うと、白の無地で統一した。

江古田〈Vieill〉のパンにスライスしたバターをのせたトースト400円。シンプルだが美味。ロアブレンド480円
江古田〈Vieill〉のパンにスライスしたバターをのせたトースト400円。シンプルだが美味。ロアブレンド480円
深煎りのマンデリンで淹れた濃厚なアイスコーヒーとミルクの二層が美しいカフェオレグラッセ650円
深煎りのマンデリンで淹れた濃厚なアイスコーヒーとミルクの二層が美しいカフェオレグラッセ650円
デザートは潔くガトーショコラのみ。450円
デザートは潔くガトーショコラのみ。450円

「温古知新の思いも込めて、もともとの店の有り様をできる限り残しつつ、今の喫茶店に仕上げることを考えました」と茅根さん。彼の美意識が店内にほどよい緊張感を与え、懐かしさで終わらない、新たな喫茶店の景色を作り出す。コーヒーも店の佇まいも、端正だ。

O0A9548

〈ぐすたふ珈琲〉
看板はロアブレンド(中浅煎り)とケアブレンド(中深煎り)の2種各480円。ほかにドゥミタス850円など。
■東京都練馬区旭丘1-56-13-103 
■03-3951-5511 
■10:00~18:00 水休 
■16席/禁煙

2.日本文化の豊かさを発信する1世紀前の喫茶店〈胡桃堂喫茶店〉/国分寺

西国分寺で愛されるカフェ〈クルミドコーヒー〉が昨春、お隣の国分寺にオープンさせた2店舗目は、昭和を飛び越え、100年以上前の喫茶店がモデル。「1888年に上野で創業した〈可否茶館〉がお手本です。50年、100年続く店を考えていったら、喫茶店のオリジンに立ち返りました」と店主の影山知明さん。

国分寺 胡桃堂喫茶店

2階建ての店内は、イギリスと日本の家具をミックスし、ヘリンボーンのフローリングや三和土など、当時の喫茶店のオーセンティックな雰囲気を再現。メニューは日本の食化やお茶をテーマに、季節素材やお米を活かした定食、あんこのお菓子などがそろう。

「季節のお菓子」より、信州ぐるみのタルト580円。コーヒーは特製の信楽焼で。680円
「季節のお菓子」より、信州ぐるみのタルト580円。コーヒーは特製の信楽焼で。680円

信楽焼や織部、根来塗などのうつわ使いにも心が躍る。「時間と手間をかけることが変わらぬポリシー」と影山さん。料理も意匠も、接客も真っすぐで丁寧。これこそ彼が目指す、喫茶店の原点だ。

西国分寺〈クルミドコーヒー〉からの看板・水出しコーヒーも。
西国分寺〈クルミドコーヒー〉からの看板・水出しコーヒーも。

西国分寺〈クルミドコーヒー〉からの看板・水出しコーヒーも。

国分寺 胡桃堂喫茶店

〈胡桃堂喫茶店〉
ほかに国分寺〈松本園〉の煎茶680円、水出しアイス珈琲680円、季節の定食1,100円なども。
東京都国分寺市本町2-17-3 
■042-401-0433 
■11:00~21:00(日月~18:00) 
■木休 
■47席/禁煙

3.音楽と本とコーヒーと。一人の時間を愉しむ静謐な店〈トムネコゴ〉/井の頭公園

柱時計が時を刻む音、日本の古い家具、柔らかく響くジャズのモノラル盤。それが店主の平たいら良巨なおさんが理想とする喫茶の空間だ。

O0A9744

ONKYOのスピーカーは出力をモノラルにして温かい音質にしている。

主役はきちんとおいしいネルドリップのコーヒーで、食べ物は潔くチーズケーキとトーストのみ。

トムネコブレンド520円。大倉陶園のカップで。チーズケーキ400円
トムネコブレンド520円。大倉陶園のカップで。チーズケーキ400円

「本を1冊読み終えると違う自分になれた気がするように、喫茶店はコーヒー一杯でどこまで違う場所に行けるかが大事」と平良さん。だからここはおしゃべりよりも音楽を聞き、読書し、物思いに耽るのが似合う場所。それが店主が思う喫茶店の豊かさなのだ。

O0A9878

〈トムネコゴ〉
ブレンドは3種類。ほかにカフェオレ620円、バタートースト350円なども。
東京都三鷹市井の頭3-32-16 1F 
■080-6502-0406 
■12:00(土日祝11:00 )~21:00(20:30LO) 火休 
■12席/喫煙

4.和室で寛ぐ静穏な時間。秘密にしていたい古民家喫茶〈喫茶杖〉/久我山

O0A9919

杉並の閑静な住宅街に立つ、築40余年の一軒家。2階の客間へ向かうと、古家具とレコード盤、近代文学の名作が出迎える。「この店は自分が好きだったすべての喫茶店のイメージをミックスしたもの。少し緊張感のある居心地の良さが理想です」と店主の薗田千晴さん。こだわりはコクのある深煎りのネルドリップで、豆は手回しの焙煎機で自ら焙煎する。

O0A9968

独学で習得した手回しロースターで焙煎する。

杖ブレンド500円。本日は「ふつう」で。自家製ホワイトチョコチーズケーキ450円
杖ブレンド500円。本日は「ふつう」で。自家製ホワイトチョコチーズケーキ450円

ノリタケの花柄カップは「この部屋に合うから」と古道具屋で発掘したもの。営業は24時まで。書生さんの家のようなこの部屋なら、仕事帰りの読書も進みそうだ。

〈喫茶杖〉
杖ブレンドは「濃いめ」550円、「デミタス」570円も。ストレートコーヒーは4種各600円。チョコレートケーキ450円も。
■東京都杉並区松庵1-1-26 
■非公開 
■15:00~24:00 水休 
■7席/喫煙

こんな記事もおすすめ!
☆純喫茶の懐かしメニューはこちら!
☆純喫茶デビューにオススメの2軒はこちら!
☆珈琲派?紅茶派?こだわりの一杯が飲める純喫茶店はこちら!

(Hanako1150号掲載/photo : Satoshi Nagare text : Yoko Fujimori)

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR