DSCF4912

いつものメニューがリッチになる! 【北海道お取り寄せ】発酵熟成した「トラピストバター」はリピートしたくなるおいしさ! Food 2021.05.25

なかなか遠出はしづらいけれど、地方ならではのおいしいものを食べたい! そんな欲求を満たすため、今回は全国からお取り寄せできる北海道産の「トラピストバター」を購入。レポーターがバターを使った定番メニュー3品を作って、実際にトラピストバターを味わってみました!

フランスの修道院の伝統製法による「発酵バター」

トラピストバターとは、中世から続くフランスのシトー会修道院の伝統製法による発酵バターのこと。チーズのように発酵熟成させているので、香りが豊かで消化に良いのだとか。今回購入したトラピストバターは、北海道北斗市にあるトラピスト修道院の製酪工場で製造されています。

DSCF4720

丸い缶に入ったトラピストバターを開けてみると、こんな感じ。一般的なバターに比べるとやや白っぽい色味で、しっかりとした固さがあります。香りが強いわけではないのですが、鼻を近づけるとミルクやチーズのような乳製品の良い香りがします。

価格は1缶(200g)で1,300円前後。通販での購入は、トラピスト修道院に注文内容を書いたFAXを送るほか、Yahoo!ショッピングや楽天市場等でも購入できます。お住まいの地域にもよりますが、送料も含めると1個2,000円を超えるので、まとめて購入したほうがお得かもしれません。

超定番トーストもコクが増してミルキーに!

DSCF4915

まずは、超定番のトーストに乗せてみました。「トーストに削ってたっぷり乗せるのが最高」という口コミを見て、シンプルな食べ方でこそ、こだわりの味が堪能できるのでは?と思ったからです。

実際、期待を裏切らないおいしさでした! コクのあるしっとりした口当たりのバターによってパンがミルキーな味わいになり、いつものトーストがワンランクアップする感じ。ダイレクトにトラピストバターの風味やコクを味わうには、トーストがおすすめです。お好みでジャムなどを添えてもおいしいと思いますが、まずはトラピストバターを塗っただけのシンプルなトーストで、味を確かめてみてほしいところ。

今回はスーパーで購入した一般的な食パンでしたが、パン専門店のこだわった食パンにトラピストバターを乗せたら、さらに高級感が増した格別な味になるかもしれません。

定番おやつがリッチなごほうびスイーツに

DSCF4775

続いて、ホットケーキにもたっぷりとオン。こちらもトラピストバターのリッチな味わいは健在! メープルシロップをかけたため、トーストに比べるとバターの風味や香りがやや薄れましたが、それでも本来のコクは十分に味わえます。

よりトラピストバターのミルキーな味わいを活かすには、メープルシロップやはちみつを少なめにすると良いかもしれません。

個人的にトラピストバターの実力を感じたのは、ついバターをもっと乗せたくなってしまったとき。普段、ホットケーキを食べるときにあまりバターは乗せないのですが、トラピストバターは手が止まらなくなります(笑)。一般的なバターより消化が良いといっても、食べすぎてはいけないので食欲を抑えるのが大変でした。

チンした「じゃがバター」がごちそうに!

DSCF4874

個人的にもっとも衝撃を受けたのは、こちらかもしれません。北海道産のじゃがいも「きたあかり」をレンジでチンして、半分に切ったものにトラピストバターを乗せただけの超手抜きレシピの「じゃがバター」。

きたあかりのねっとりとした食感と甘さに、トラピストバターの濃厚な風味とコクがプラスされ、なんともいえないおいしさに。思わずじゃがいも2個を一気に食べきってしまったほどでした。

味付けをしなくても十分においしい素材の良いじゃがいもでしたが、トラピストバターによっておいしさが進化したような感じ。おやつにも、おつまみにも最高なじゃがバターが完成しました。大人はもちろん、小さなお子さんも喜ぶ気がしました。

好みに沿ってマルチに活用!贈り物にもオススメ

DSCF4902

今回は口コミで人気があったトーストやじゃがバターを試してみましたが、みそバターラーメンに乗せたり、ゴハンに乗せてしょうゆをたらして食べたり、さまざまなアレンジでトラピストバターを楽しんでいる人もいるようです。もちろん、クッキーやケーキといったスイーツを作る際に使っても、おいしく仕上がるはず!

一般的なバターと比べると値が張りますが、「一度食べるとやめられない」との口コミも見られ、リピーターが多い様子。北海道のお土産の定番でもあり、贈り物にしても喜ばれそうです。お子さんから年配の方まで、年代にかかわらず活用しやすいトラピストバターは、普段の食事をちょっとリッチに彩ってくれるはず。気になる方は、ぜひ一度試してみてくださいね。

〈トラピスト修道院〉
■北海道北斗市三ツ石392 


■4月1日~10月15日 9:00 ~17:00
  10月16日~3月31日 8:30 ~16:30
■毎週土曜日・日曜日定休
公式サイト

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR