s_93A3453

ビル奥で見つけた!京銘茶とのペアリングが楽しめるフレンチなど… バラエティ豊かな京都の隠れ家グルメ3軒 Food 2017.11.18

おばんざい&洋食、オリジナリティ溢れる各国アジア料理、イタリアンや和のエッセンスを取り入れたフレンチ…今回ご紹介するのは、そんなボーダーレスなおいしさが楽しめる京都グルメ3軒です。

1.高瀬川沿いにのれんを掲げるいいとこ取りの小バコ酒場〈おばんざいと純洋食 アイサニ〉

おばんざいと純洋食 アイサニ

四条河原町エリアの路地に昨年オープン。

おばんざいと純洋食 アイサニ

カウンター奥の小上がりは靴を脱いで。

店名は古い京言葉で「あいまに」や「時々」といった意味で、「ふらりと気軽に食べに来て」とマスターの中西孝典さん。

おばんざいと純洋食 アイサニ

系列の和食店〈旬菜 いまり〉仕込みの丁寧にひいただしがベースのおばんざいと、ジューシーなハンバーグやエビフライなどの洋食を一軒で同時に味わえるのがうれしい。

おばんざいと純洋食 アイサニ

「マスター特製ハンバーグ」980円は〈齋(いつき)造酢店〉のポン酢と大根おろしで。「おまかせ3種おばんざい盛り合わせ」680円はおからなどホッとする味わいぞろい。

カウンター席なら女性ひとりでも気負わずに過ごせる。「蒼空」などの地酒をかたわらに、ゆったりと京の夜を。

2.日常使いを楽しみたい路地裏のアジア食堂〈アジアの料理 たけふさ〉

アジアの料理 たけふさ

異国情緒漂う店内。カウンター、テーブル席のほか、半個室になった隠れ家のようなソファ席も。

アジアの料理 たけふさ

京都の人気多国籍料理店やフレンチなどで経験を積んだ武田芙紗子さん。自身のお店では、ベトナムを中心としたアジア各国のローカルフードをベースに、独自のアレンジを効かせたメニューを用意。

夜のメニューから、豚挽肉の肉感あふれる「ピリ辛春雨とタイ風おこわ」(1,300円)、「ベトナム風揚げ春巻き」(900円)(各税込)
夜のメニューから、豚挽肉の肉感あふれる「ピリ辛春雨とタイ風おこわ」(1,300円)、「ベトナム風揚げ春巻き」(900円)(各税込)

「日本人の口になじみやすいように」と、スパイスを多用しつつもやさしい味に仕上げられているのが特徴だ。昼はフォーや揚げものを定食風に、夜は小皿料理からごはんものまで幅広く。祇園という華やかな場所にありながら「気取らず食事が楽しめる」と、早くも町の人気者に。

アジアの料理 たけふさ

お店は雑多感が楽しい祇園会館の南側に。

3.商業ビルの奥に広がる隠れ家的な美味空間。〈RESTAURANT hidamarino〉

RESTAURANT hidamarino

店内は個室使用も可なテーブル席とカウンター席がある。

語学学校や美容サロンが並ぶビル奥に、知る人ぞ知るフレンチレストランを発見。商業ビルの一部とは思えないほど、落ち着いた雰囲気の空間が広がる。昼夜ともコースで旬の食材を盛り込んだ見目麗しい料理を提供。

RESTAURANT hidamarino

夜の「ショートコース」全7品5,000円から。昼夜とも要予約。手前は「ガスパチョと季節野菜のサラダ仕立て」。「hidamarinoバゲット」はセルフでニンニクとトマト、オリーブオイルを付けるスタイル。

イタリアンや和の要素も取り入れた品々は、食べ進むほどに心がほっと落ち着いてくるような安定感のある味わい。老舗茶舗の茶葉を使うティーペアリングとの見事な相性もぜひ体験して。

RESTAURANT hidamarino

「ティーペアリング」は玉露など4種類を順に提供。1,800円。

RESTAURANT hidamarino

お話も面白いますむらシェフ。

こんな記事もオススメ!
☆Hanakoセレクト!ときめき京都旅まとめはコチラ!
☆京都ならではの美食が堪能できる隠れ家的名店3選はコチラ!
☆憧れ和食体験をもっとカジュアルにもっと楽しく♡はコチラ!

(Hanako1141号/photo : Noriko Yoshimura, Koichi Higashiya text : Azusa Shimokawa, Awa☆Moriko)

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR