PANYA komorebi 西永福駅

北海道の小麦らしいもっちり感。 【東京】道産小麦にこだわる絶品ベーカリー5軒。名ベーカリーも愛する北の大地の恵みとは? Food 2020.07.20

日本では空前のパンブーム。マニアを中心に熱い視線が注がれているのが、北海道産の”小麦”。日本人が好むもちもちっとした食感を実現できることで、近年道産小麦を指名する名ベーカリーが急増中。今回は北海道産小麦にこだわった東京都内のベーカリーをご紹介します。

1.〈粉花〉/浅草

粉花/浅草
「丸パン」200円
「丸パン」200円

浅草観音裏に潜む、姉妹の営むかわいい店。カンパーニュはフレッシュなレーズン種と北海道産小麦・春よ恋の甘さがそのまま生き生きと。あえて形を整えない丸パン。ぷくぷくとあっちへこっちへのびのび生地をふくらませ、まるで小さな命のよう。素朴なもっちり感も愛らしい。焼き菓子も膝を打つおいしさ。

2.〈PANYA komorebi〉/西永福駅

PANYA komorebi 西永福駅
「komorebi食パン」480円(税込)
「komorebi食パン」480円(税込)

毎年夏には北海道を訪ね、生産者に会いに行く斉木俊雄シェフ。貴重な素材を使う以上、その個性が十二分に表現されなくては、というのが信念。「komorebi食パン」のミルキーさ、歯を包み込むような中身のソフトさ。「土蔵農場のキタホナミとオーガニックマスカットとくるみのパン」は、くるみの薄皮を丹念にむきやさしい味に。

(Hanako1182号掲載/photo:Hiroaki Ikeda, Kenya Abe text:Hiroaki Ikeda special thanks:Yuya Uemura, Ami Hanashima edit:Yoshie Chokki)

3.〈365日〉/代々木公園

〈365日〉
〈365日〉
〈365日〉

北海道産の小麦粉、バター、牛乳で作るリッチでほの甘い山型食パン。「杉窪章匡シェフは余計な香りを絶対に出さない。このパンも、冷蔵庫から出したてのようなバターのフレッシュな香りがとてもキレイ。そこに、北海道産の小麦粉『はるきらり』が持つ素の甘みも重なる。素材のおいしさを活かす、揺るぎない信念と技術を感じます」。食感はサックリとして、なおかつ北海道の小麦らしいもっちり感もあり、口どけなめらか。まずは生で味わって。1斤420円。食パンは店頭か電話で予約可。福岡県産小麦粉と生クリーム使用の「福岡×食ぱん」などもそろう。

(Hanako1182号掲載/photo:Natsumi Kakuto text:Ayano Sakai edit:Yoshie Chokki)

4.〈CENTRE THE BAKERY〉/銀座

〈CENTRE THE BAKERY〉
〈CENTRE THE BAKERY〉
〈CENTRE THE BAKERY〉

高級食パンブームの火付け役といえばこちら。角食パンは、北海道美瑛産の小麦「ゆめちから」を使用。「パンの気泡がキレイで、リッチな甘さと『ゆめちから』のもちもち感が特徴的。もちもちしているけど、すっと歯切れがよくて、口の中でほどけていく」。絶妙な食感や、小麦と乳製品のバランスが秀逸で、例えるなら「歯が超高級羽毛布団に包まれているような口福感」と池田さん。厚めの耳までぬかりなくおいしい。まずは焼かずに召し上がれ。1斤900円。

角食パンは1日850本販売。店頭販売のみで予約不可。行列覚悟で。
〈CENTRE THE BAKERY(セントル ザ ベーカリー)〉
■東京都中央区銀座1-2-1 東京高速道路紺屋ビル 1F
■03-3562-1016
■10:00〜19:00 無休(カフェ月休)
■56席/禁煙

Navigator/池田浩明(いけだ・ひろあき)
パンの研究所「パンラボ」主宰。パンライター。自称「ブレッドギーク」(パンおたく)。NPO法人新麦コレクション理事長として、日本においしい小麦を普及する活動も行う。

※掲載しているパンはすべて取材時のものです。

5.〈Laekker〉/代官山

「苺のデニッシュ」
「苺のデニッシュ」

去年の10月に代官山にオープンしたばかりのお店。こちら北海道産バターと小麦を使用した最高級デニッシュ専門店とのことで、期待が高まります。ショーケースに並ぶ美しさもお値段も、ケーキのような最高級の風格でドキドキしましたが、その美味しさも最高級!!完成度の高いスイーツのようなデニッシュでした。

(photo&text:Yuki Hanai)

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR