n_p18

仏人パティシエが沖縄の恵みをマカロンに!? 沖縄のグルメシーンで今注目の4軒 Food 2017.08.21

フランス人パティシエが手掛ける島食材を使った本格フランス菓子店に伝統的な焼き物「やむちん」のギャラリーカフェ、さらには食の仕掛け人によるライブ感覚で楽しめるレストラン…沖縄グルメシーンの今を彩るお店をご紹介!

1.島野菜をフランス菓子に。〈Ringo Café〉

s_X2A4870atari

田舎の畦道にはためくフランス国旗が目印。素敵な笑顔のマダム、慶子さんと夫となるパティシエのドロメール・ヴァンソンさんが出迎えてくれる。

s_X2A4703atari

かつて家畜小屋だった建物をショップとカフェに改装。外に向けて開く窓からの風が心地よい空間だ。

p18

マカロンは全部で20種。フランス人パティシエのヴァンソンさんが沖縄へのリスペクトを込めて作ったものだ。「島バナナキャラメル」「さんぴん茶」に「泡盛」といった島のフレーバーに加え、東北発「塩ずんだ」なんていうのもあり。

s_X2A4816atari

ケーキは左から、「伊江島ピーナツと黒糖のパリブレスト」500円、「塩キャラメルのシュークリーム」、「アセロラゼリーとローズのケーキ」各400円(税込)。

ケーキもコーヒーもおいしいから、長居必至。風に吹かれながら、の〜んびりお茶しよう。

2.やむちんを身近に!作家プロデュースのカフェ。〈tou cafe and gallery〉

s_X2A4665atari

作家・松田さんの娘さん二人。左がカフェで料理を担当する次女の七恵さん、右がギャラリーを担当する三女の萌さん。

車を停め、芝生のアプローチを進むと、大きなガラス張りのスッキリした建物が迎えてくれる。まるで美術館のような贅沢な空間だ。こちら、4月にオープンしたばかりのギャラリー&カフェである。

s_X2A4629atari

カフェで使用するやちむん(焼き物)はすべて松田米司の作品。掌に温かい。

〈北窯〉を構成する四人の親方の一人、松田米司個人の見ごたえある作品を展示するギャラリーに、素朴で温かみのある焼き物でコーヒーや料理を提供するカフェが併設されたものだ。

s_X2A4561atari

カフェには大きな一枚板のテーブルがドンと据えられ、選ばれた家具と器がしゃれた空間を作り出している。

s_X2A4578atari

どこをとってもキリッと美しく、ギャラリーのようなカフェ。

次女・七恵さんは、長崎の喫茶店〈けやき〉で修業。薫陶を受けた味わいに沖縄ならではのアクセントを加えた充実のランチがいただける。

s_X2A4612atari

ランチは、辛口の「チキンとナスのカレー」と甘口の「ポークカレー」各1,200円。ナン、サラダ、ピクルス、ドリンク付き。「タンドリーチキンピタサンド」は単品550円、スープ、ピクルス、ドリンク付きのセットが800円。「チョコレートケーキ」350円、コーヒーとセットで700円。木の器は京都〈グランピエ〉で求めたもの。

「いい作品を見て、力をもらって帰っていただきたいです」と、姉妹。心鎮まるカフェである。

3.沖縄料理界の今をリードする最先端レストランが誕生!〈Restaurant ARDOR〉

s_X2A3209atari

「ようこそ」と店主・仲村大輔さん。沖縄の伝統レース、ハーリーを漕ぐパドルと持つ手が取っ手になっている。

那覇で大人気のピッツァ店〈バカール〉店主・仲村大輔さんがやってくれました。那覇から車で40分ほど。北谷にすんごいレストランを開いたのだ。外扉の取っ手はタコ、中扉の木の取っ手は直径20センチ以上の球形。中扉を開けると、バーンと左右に視界が広がる。目の前には一人乗りのボートを改造した、どでかい食材ディスプレイが。

s_X2A3174atari

左が「自家製タリオリーニ ガザミのソース レモンの香り」2,800円、右が「山原豚骨付きロース薪火焼き」400g~、100g 940円。

美崎牛に山原島豚、ミーバイに夜光貝、フランス・ロワールやイタリア・ヴェネトの白アスパラ……、島食材に日本各地、世界のうまいものをかけ算しながら、仲村さんが集めたフレンチ、イタリアン、スパニッシュ、スイーツの精鋭シェフたちが腕を振るう。

s_X2A3087atari

薪も炭も燃えるオープンキッチンは横長。そこにシェフたちが並んで競演するのを、客はライブで見ながら、ワクワク食事する。どこの国にいるのかわからなくなっておもしろい。「日常を忘れて、おいしいものに身を任せる。そんな時間にしてほしくて、空間を遊びました」と、仲村さん。不思議な仕掛けがあちこちに潜む。幅広い年代に支持される、おもしろおいしいレストランだ。

仲村大輔(なかむら・だいすけ)/目黒の老舗ピザ屋さんで4年間修業し、2008年に沖縄に〈BACAR〉をオープン。その本格的なピッツァでたちまち人気に。今年の4月に北谷にレストランをオープンした。

4.仲村さんが手掛ける、那覇で大人気のピッツァ店。〈BACAR OKINAWA〉

IMG_9404atari1
s_IMG_9392atari

生地を回したかと思うと、パパッと具材をのせ、あっという間に焼き上げる。焼きたて熱々を1秒でも早く食べてほしくてスタッフが勢い込んで持ってくる。

IMG_9337atari
IMG_9308atari

ピッツァは「マルゲリータ」と「マリナーラ」各1,620円の2種のみ。県産マグロの塩漬け、島ダコのソプレッサータなど島の恵みいっぱいのつまみがおいしい。ワインとね。

□日本全国のおいしい旅まとめはコチラ!
□朝食が美味しい沖縄の宿4軒はコチラ!

(Hanako1136号掲載/photo : Norio Kidera text : Michiko Watanabe)

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR