n_MG_1940atari

今年のかき氷3大トレンドはこれ! フルーツ、クリーム、お茶…かき氷の今が分かる6軒 Food 2017.08.26

フルーツ系は、まるで旬の果物をそのままかじっているようなジューシーさがたまらない!リッチなクリーム系は、ケーキのようなメレンゲの“炙り氷”にスパークリングエスプーマといった新感覚かき氷が登場。さらには、紅茶にチャイ、抹茶といったお茶系は、豊かなお茶の風味が楽しめる上質なかき氷が目白押し。進化が止まらないかき氷の最前線をチェック!

1.ジューシーさがたまらないフルーツ系!

経堂駅から続く商店街に構える、女性店主が一人で切り盛りする小さなお店〈anamo café〉。

「アボカドくるみミルク」(700円)
「アボカドくるみミルク」(700円)

「アボカドくるみミルク」は、アボカドのクリーミーな甘さと香り、色味を生かすために、作り置きは一切せず、注文が入ってからカットして、ミルクと砂糖とブレンダーで混ぜ合わせる。爽やかな酸味と優しい甘さのシロップが、さっくりと軽く繊細な口どけのこんもりと盛られた氷と好相性。細かく砕いたローストナッツのトッピングも良いアクセントに。

MG_1947atari

1個ずつ注文後に手作り。

MG_1904atari

「苺ミルク」700円(各税込)は、イチゴジャムのような濃厚なシロップが決め手。

ラーメンとかき氷という異色の二枚看板を掲げる人気店〈ねいろ屋〉。かき氷に使う果物は、店主の松浦克貴さんが全国を訪れ、信頼関係を築いた農家から直接仕入れているため、鮮度もおいしさも抜群。

「マルミツ農園の桃」(1,000円)
「マルミツ農園の桃」(1,000円)

山梨県笛吹市から届く「マルミツ農園の桃」を使ったシロップは、糖度13~14度の果肉に軽く火を通すことで、より深い甘さを引き出している。淡い色合いからは想像できないほど、ひとさじで桃の風味をはっきりと感じられる!8月中旬まで。

MG_2382atari1

桃の香りがたまらない。

MG_2349atari1

酸味の強いいちごを主役にした「生女峰いちごミルク」1,000円(各税込)。

2.進化系も続々!リッチなクリーム系。

新感覚かき氷に出会える〈cafe Lumiere〉。

「Lumiere特製焼き氷」(1,300円)
「Lumiere特製焼き氷」(1,300円)

「氷を燃やしてみたい」という驚きの発想から生まれた「焼き氷」が話題。いちごシロップと自家製練乳をかけた氷をメレンゲで完全に覆い、バーナーで勢いよく炙る。さらにテーブルにてフランベしたラム酒で締めるというパフォーマンス系だ。

MG_0320atari

かき氷らしからぬルックス! 

口に含んだ時の氷とメレンゲのハーモニーは、まさに未体験ゾーン。キーンとするのが苦手な人にはぜひおすすめしたい。基本は純氷だがプラス100円で天然氷にチェンジすることもできる。

MG_0364atari

「珈琲バナナ」1,100円(各税込)は専用ブレンドのコーヒーシロップが絶品。

かき氷通の皆さんが口をそろえるトレンドのひとつがエスプーマ系。なかでもここ〈はいむる珈琲店〉はそのさきがけ。

ピンク色がかわいい「姫」(990円)
ピンク色がかわいい「姫」(990円)

女子人気ナンバーワンの「姫」は、イチゴのスパークリングエスプーマが口の中で主張。はちみつ入りのクリームチーズとのコンビネーションも絶妙だ。

〈はいむる珈琲店〉

「パイナップルヨーグルト」890円は果肉を豪快に。

〈はいむる珈琲店〉

スパークリングエスプーマをこんもり。

〈初雪〉の氷削機で削る氷は、和歌山県南部を流れる古座川の名水を72時間かけて凍らせたもの。月に1日、天然氷を使う日もあるのでFACEBOOKをチェックして。

3.風味豊かなお茶系!

荒木町のバーで昼間だけ営業するかき氷店が、さいたま市の古民家を改装し2号店〈Ryan02〉をオープン。

「低糖質マサラチャイ」(1,000円)
「低糖質マサラチャイ」(1,000円)

「糖質を気にする人も食べられるように」と考えられた「低糖質マサラチャイ」は、スパイスを煮出したシロップと自家製練乳、ともに血糖値の上がりにくい天然の甘味料を使用。

MG_1073atari

スパイスは約10種類使用。

チーズクリームに黒コショウが効いた一番人気の「いちじくチーズはちみつ」800円(各税込)
チーズクリームに黒コショウが効いた一番人気の「いちじくチーズはちみつ」800円(各税込)

かき氷は全部で10種類あり、相がけ(+200円)にすれば二度おいしくいただける。池袋から電車で40分。ちょっとした遠征だけれど、わざわざ訪れる価値あり。

ダージリンにマサラチャイといった紅茶専門店ならではのかき氷を目当てに、平日も行列が絶えない人気店〈ティーハウスマユール〉。

「アッサム&ディンブラ」(780円)
「アッサム&ディンブラ」(780円)

ぜひいただきたいのは2種類のアッサム茶葉をブレンドし、クセのないディンブラとあわせた「アッサム&ディンブラ」。濃厚な自家製紅茶練乳もさすがのおいしさだ。

「マサラチャイ」(780円)、「タピオカ」(150円)
「マサラチャイ」(780円)、「タピオカ」(150円)
MG_0238atari1

シロップには大量の茶葉を使う。最後に濾すため口当たり滑らか。

基本のシロップは4種類のスパイスを煮込んだミルクティーベースで、仕込む量はなんと1日30リットル。酒粕ミルクやよもぎきな粉など、お茶系以外も個性的。

(Hanako1138号掲載/photo : Kenya Abe, Michi Murakami(Banpaku) text : Emi Suzuki(P.22~23), Hiroko Yabuki(P.24~27),Yuko Saito(Banpaku))

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR