FotoえっrJet
2019.09.01

第22回 発酵と、大豆と、わたし。 8/19〜8/25 なっとう娘の「ねばログ」毎日通信。来る!福島納豆旋風。

納豆をこよなく愛する23歳「なっとう娘」が送る、納豆のビジュアル、香り、テイストについてコメントしつつ、魅力を語っているコラムです。(あくまでも個人の感想です)日々ライブ配信にて紹介している色とりどりな納豆たちがずらり!身近な存在だけど実は奥が深い納豆の世界へ、あなたも誘われちゃうかも!?ぜひご覧くださいませ!

毎日の配信で食べているの納豆を、なっとう娘の主観で評価します!

納豆の香りと旨味がギュッと詰まった、塩気が強めなおつまみに最適な味の濃厚さの納豆スナック。
納豆の香りと旨味がギュッと詰まった、塩気が強めなおつまみに最適な味の濃厚さの納豆スナック。

このコラムでは、毎日の配信で食べている納豆1週間分を3つの評価軸をMAXの数値を5として、私の主観で評価させていただいています。あくまでも、その納豆の特徴を表すための数値なので、数値の高い低いに優劣はありません!ご自身の好みに合った納豆探しの参考にしてみてくださいね。

〈3つの評価軸〉
・ねばり(弱い 1↔5 強い)
・納豆のかおり(控えめ 1↔5 濃厚)
・豆のかたさ(柔らかい 1↔5 固い)

上記3つの評価のほかに、各納豆に関する情報と感想として「なっとう娘メモ」を添え、私の思う納豆の魅力を余すことなくお伝えさせていただきます。みなさんと多種多様な納豆の世界を共有できたら嬉しいなと思いコラムという形で発信をはじめましたので、ゆるりと読んでいただけたら嬉しいです!

それではレッツ「ねばログ」!

▽1週間分の納豆配信まとめ動画も公開中!▽

1.のびのび納豆。「まるごと北海道こつぶ」/〈ヤマダフーズ〉

購入価格:88円(50g×3P)
購入価格:88円(50g×3P)

●ねばり 3.8
●納豆のかおり 2.8
●豆のかたさ 3.4

北海道の広大な土地を感じさせる清々しいパッケージ、そして納豆界においての「北海道」というブランドの強さを感じさせるデザインである。いざ開封し、混ぜ始めると弾力のある粘り気が生まれる。タレを加えて混ぜていき、一口ほおばるとタレの少しの甘みと粘り気の弾力を舌で感じることのできる一品。納豆餅などに合いそうな粘り気を有した納豆である。

2.白米泥棒納豆。「キムチたれ納豆」/〈ヤマダフーズ〉

購入価格:127円(40g×3P)
購入価格:127円(40g×3P)

●ねばり 2.6
●納豆のかおり 2.5
●豆のかたさ 3.0

ココ最近でたれアレンジ納豆の中では一番のヒット。パッケージにも「ご飯が進む!」と書いてある通り、少し甘みのある旨辛で食欲をそそる一品。視覚的にも赤さが食欲を刺激してくれる白米泥棒納豆。夏期限定商品なので、店頭で見つけたらぜひ手にとってお試しください!

3.カリスマ納豆。「なっとちゃん」/〈小浜納豆〉

購入価格:戴き物のため値段不明
購入価格:戴き物のため値段不明

●ねばり 3.4
●納豆のかおり 3.0
●豆のかたさ 2.4

とってもかわいい納豆の2人が飾っているパッケージのカリスマ性は納豆界において右に出るものはいないだろう。粘着性とふわっとした触感を混ぜているときに箸を通して感じる。一口ほおばるとタレの塩気の中に甘さと、口の中で泳ぐ鰹の群れが美味な納豆。

4.ほのかな甘み。「ほのか」/〈みのり納豆〉

購入価格:88円(45g×3P)
購入価格:88円(45g×3P)

●ねばり 3.8
●納豆のかおり 2.9
●豆のかたさ 2.4

おばあちゃんちの様な安心感を感じることのできる納豆のビジュアル。粒感は少し柔らかめ、鰹の香りがタレ投入時から鼻孔を刺激し、タレの甘みが舌を楽しませる。小粒納豆の中でも、比較的優しい印象の納豆であった。

5.がんばれ納豆!「ふくしま 大豆の会」/〈福島県生活協同組合連合会〉

購入価格:138円(45g×3P)
購入価格:138円(45g×3P)

●ねばり 3.4
●納豆のかおり 3.0
●豆のかたさ 2.7

豆のモチモチ感がすごく特徴的な納豆。はちまきを巻いて、なっとうの普及活動に勤しんでいる納豆1人をモチーフとしたパッケージとなっている。納豆の匂いはそこまで強すぎず、書簡を楽しめる一品。醤油を少しばかり垂らして、粘り気を保持しつつ、少しの塩気を加えて白米とともに書き込みたくなる一品。

6.レトロスタンダードな納豆。「みのり納豆」/〈みのり納豆〉

購入価格:80円(90g×1P)
購入価格:80円(90g×1P)

●ねばり 3.5
●納豆の香り 3.6
●豆のかたさ 2.9

ふわふわとした泡に、大豆の旨味/甘みを感じる納豆。納豆感に溢れた美味しさで口の中と心を満たしてくれる。さすが納豆消費量日本一の県の納豆である、と思わせてくれる風格のある深みある味わい。心置きなく納豆感を楽しむことのできる一品。パッケージのレトロ感も要チェックポイントである。

7.塩でいただくシン昆布プル贅沢納豆。「小浜納豆」/〈小浜納豆〉

購入価格:戴き物のため値段不明
購入価格:戴き物のため値段不明

●ねばり 2.9
●納豆の香り 2.7
●豆のかたさ 3.8

昆布塩でいただく黒豆の納豆は、なめらかな中に爽やかで美味しさが詰まった一品である。昆布の旨味と塩気が、粘り気の粘り気と旨味を増幅させ、さっぱりとした中にも深い味わいを奏でることで、おつまみにぴったりな納豆だと感じさせてくれる。

●「8/12〜8/18 なっとう娘の「ねばログ」毎日通信。食感が生み出す納豆の楽しみ方、色々。」はこちら。
●連載『なっとう娘の「ねばログ」毎日通信。』まとめページはこちら。
●毎朝8:30〜納豆ライブ配信中のインスタグラムはこちら。 @nattou_musume_

鈴木真由子
鈴木真由子 / 納豆インフルエンサー

「『納豆をもっと自由に!』をモットーに”納豆を食べることが仕事”のフリーランス。納豆に関するコラム執筆や納豆会社のSNS運用、飲食店のメニュー開発、大学機関との商品共同開発を手がける。活動の詳細はこちら。」

鈴木真由子さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る