時短で無駄がない!サステナブルなミールキット「3日分の時短ごはんセット」をハナコラボが体験
【PR】2022.07.08 — Page 2/3

第72回 〈パルシステム〉がすすめる、地球に優しい取り組みとは? 時短で無駄がない!サステナブルなミールキット「3日分の時短ごはんセット」をハナコラボが体験

1日目の献立|野菜カット済み&たれ付きの便利なセットで、切る手間なし

左から「天然えびといかの油淋鶏風ソース炒め」「レタスとかにかまの中華スープ」。
左から「天然えびといかの油淋鶏風ソース炒め」「レタスとかにかまの中華スープ」。
「天然えびといかの油淋鶏風ソース炒め」で使用する野菜はカット済み。
「天然えびといかの油淋鶏風ソース炒め」で使用する野菜はカット済み。
粉付きのえびといかを凍ったまま炒めます。
粉付きのえびといかを凍ったまま炒めます。
「フライパン一つで完成する料理には見えない!」(鈴木さん)
「フライパン一つで完成する料理には見えない!」(鈴木さん)
具材を合わせて炒めたら出来上がり。
具材を合わせて炒めたら出来上がり。
左から「天然えびといかの油淋鶏風ソース炒め」「レタスとかにかまの中華スープ」。
「天然えびといかの油淋鶏風ソース炒め」で使用する野菜はカット済み。
粉付きのえびといかを凍ったまま炒めます。
「フライパン一つで完成する料理には見えない!」(鈴木さん)
具材を合わせて炒めたら出来上がり。

主菜は、ぷりぷりの海鮮と野菜を甘酸っぱい油淋鶏風ソースで炒めた「天然えびといかの油淋鶏風ソース炒め」。下準備は済んでいるので、あとはフライパンで炒めれば完成。「下準備って時間がかかるし面倒だから、粉付きのえびといかは助かります」(山口さん)。「包丁やまな板を洗わなくていいのはうれしい」(鈴木さん)。副菜の「レタスとかにかまの中華スープ」も、手でちぎったりほぐした具材を煮込むだけ。「主菜もそうでしたが、野菜がとにかくシャキシャキで新鮮!」(山口さん)

2日目の献立|すぐに真似できる時短テクが満載!

左から「ザクザクとろろの肉みそごはん」「夏のピクルス」「ほうれん草のみそ汁」。
左から「ザクザクとろろの肉みそごはん」「夏のピクルス」「ほうれん草のみそ汁」。
皮をむいた長芋をポリ袋に入れ、綿棒などで粗くたたく。
皮をむいた長芋をポリ袋に入れ、綿棒などで粗くたたく。
ポリ袋のおかげで手が汚れない上に時短。
ポリ袋のおかげで手が汚れない上に時短。
カット済みの冷凍ほうれん草はそのままIN。
カット済みの冷凍ほうれん草はそのままIN。
細かく切ったえりんぎがかさ増しに。
細かく切ったえりんぎがかさ増しに。
左から「ザクザクとろろの肉みそごはん」「夏のピクルス」「ほうれん草のみそ汁」。
皮をむいた長芋をポリ袋に入れ、綿棒などで粗くたたく。
ポリ袋のおかげで手が汚れない上に時短。
カット済みの冷凍ほうれん草はそのままIN。
細かく切ったえりんぎがかさ増しに。

主菜は、甘辛い肉みそやとろろがクセになるお手軽どんぶり「ザクザクとろろの肉みそごはん」。意外と面倒なとろろは、ポリ袋に入れた長芋をめん棒などで粗くたたけばOK。「長芋を手で触るとかゆくてストレスだったので、これは新しい発見」(鈴木さん)。あとは、ごはんにとろろと炒めた肉みそをのせ、半分に切った「半熟味付旨玉子」と「夏のピクルス」を添える。仕上げに小口切りにした葉ねぎをちらせば完成。副菜の「ほうれん草のみそ汁」も、凍ったままの「九州のほうれん草」を使用すれば時短に。「時間が経ってもほうれん草の色がとてもきれい。主菜の肉みそに入っているエリンギやピクルスなど、全体的に野菜が入っていてヘルシーですよね」(山口さん)。

3日目の献立|“揚げ焼き”にするだけで立派な惣菜に

左から「かにかまとレタスのコールスロー」「若鶏のチーズカツレツ」「ウインナーとほうれん草のスープ」。
左から「かにかまとレタスのコールスロー」「若鶏のチーズカツレツ」「ウインナーとほうれん草のスープ」。
凍ったままのカツレツをフライパンに並べ、揚げ焼き。
凍ったままのカツレツをフライパンに並べ、揚げ焼き。
「かにかまとレタスのコールスロー」は、細切りにしたレタスにほぐしたサラダフレーク(かにかま)を加えるだけ。食べる直前にマヨネーズであえればOK。
「かにかまとレタスのコールスロー」は、細切りにしたレタスにほぐしたサラダフレーク(かにかま)を加えるだけ。食べる直前にマヨネーズであえればOK。
トマトソースも作らずに、かけるだけ。
トマトソースも作らずに、かけるだけ。
左から「かにかまとレタスのコールスロー」「若鶏のチーズカツレツ」「ウインナーとほうれん草のスープ」。
凍ったままのカツレツをフライパンに並べ、揚げ焼き。
「かにかまとレタスのコールスロー」は、細切りにしたレタスにほぐしたサラダフレーク(かにかま)を加えるだけ。食べる直前にマヨネーズであえればOK。
トマトソースも作らずに、かけるだけ。

主菜は、チーズたっぷりの鶏カツレツにトマトソースをのせた「若鶏のチーズカツレツ」。カツレツは凍ったままフライパンに入れ、揚げ焼きに。トマトソースを解凍し、カツレツにかければ完成。「揚げ物はテンションが上がるから好きだけど、粉をつけて、卵でからめて…の作業が大変なので、これなら楽ちん。副菜の『かにかまとレタスのコールスロー』『ウインナーとほうれん草のスープ』を添えれば完璧!ごはんがすすみそうです」(山口さん)。「揚げ物は用意する材料が多いイメージだったのでびっくり。自宅にストックしたい」(鈴木さん)

どのメニューもあっという間に完成!

時短で無駄がない!サステナブルなミールキット「3日分の時短ごはんセット」をハナコラボが体験

どれも彩りがよくて華やか!「こんなに豪華な献立が、1日20分程度で作れるのはすごい。料理初心者や小さなお子さんでも作れそう」(山口さん)。「おいしそうな見た目で、健康的だから作るモチベーションも上がります」(鈴木さん)。

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る