池袋〈SHOT BARもるとや〉のバーテンダー・高橋 康祐さん〜児島麻理子の「TOKYO、会いに行きたいバーテンダー」〜
2020.11.16

第21回 BARをもっと、カジュアルに。 池袋〈SHOT BARもるとや〉のバーテンダー・高橋 康祐さん〜児島麻理子の「TOKYO、会いに行きたいバーテンダー」〜

お酒業界での広報歴12年!児島麻理子が、実力派のバーテンダーをご紹介します。第21回目の登場は、池袋〈SHOT BARもるとや〉の高橋 康祐さん。高橋さんは〈SHOT BARもるとや〉の2代目。お父さんから引き継いだお店を守りながら、日々進化させています。
児島麻理子
児島麻理子 / ライター、PRコンサルタント

「東京在住。出版社を経て、2008年より洋酒メーカーで広報を担当。現在は独立し、飲食・ライフスタイルの分野でライター、PRコンサルタントとして活動。趣味はアートとバーを楽しむこと。これまでに世界7ヶ国以上の蒸留所やバーをめぐる。」

児島麻理子さんの記事一覧 →

本日のバーテンダーは…高橋 康祐さん

池袋 SHOT BARもるとや

高橋 康祐
■バーテンダー歴:10年
■生年月日:1991年1月17日
■星座:山羊座
■血液型:A型
■趣味:酒場めぐり。連休があると地方の酒場に行っています。

平仮名で「もるとや」と書かれた味のあるロゴ。ウイスキーの味を知り尽くした熟練店主の直筆かと思いきや、実はこれ、現在2代目の店主である高橋バーテンダーが小学校1年生のときに書いたもの!

池袋 SHOT BARもるとや

「“や”に自信があったのか、個性を発揮していますよね(笑)。当時はまだ筆が持てなくて、絵の具に墨汁をつけて書いたんです。これを看板にする父親もすごいなあと思いました」。
バーテンダーだった父親をみて、かっこいいと思っていた高橋さん。19歳のときにバーテンダーの道を選びました。ダイニングでのキッチン経験や、横浜でのバーテンダー経験を経て、3年前、父親が秋川渓谷店を出したのを機に、池袋店の店主となります。

池袋 SHOT BARもるとや

「ウイスキーってロマンがあるお酒なんです。自然の力や年月で生み出されるお酒なので、実は科学で証明できていないことがほとんど。本を読んでも『~らしい』というものが多いんですよ。だからこそ、知識より経験が大切だと思っているので、父にはまだまだ敵わないです」。
そうした中でも、自分らしい個性をお店に光らせています。例えばカウンターのエンジンテレグラフ。エンジンの出力指示をする船の道具ですが、ここから“カンカン!”という高い音が響くと、それは店内にいるみなに音を鳴らした人が1杯振るまうという合図です。

池袋 SHOT BARもるとや

「港町・横浜独自の文化らしいです。船乗りが港についたときに、これをもってバーに行き、自分と一杯つきあってもらえませんか、ということをしていたという粋な道具で。このお店でも鳴らしてくれる人は結構いるんですよ」。

池袋 SHOT BARもるとや

高橋さんの人柄もあり、客層は幅広く、早い時間は仕事をリタイアした年配の方がいらしたり、遅い時間は若い人やカップルで賑わいます。
「ひとりで来ていた人が、仲間を連れて飲みに来てくれたりすると、ああ、こういう飲み方もされるんだな、と分かってうれしかったりします。うちは自称“なんでも屋”なんです。モルトウイスキーもあれば、フレッシュフルーツのカクテルも出せますし、料理の種類も豊富です。いろんな場面で使い勝手はいいと思います」。

池袋 SHOT BARもるとや

もちろん〈もるとや〉の名前の通り、ウイスキーは500本近く!ウイスキー初心者には高橋さんが毎月セレクトする今月のウイスキーがあります。
「カウンターの奥の棚に毎月ウイスキーをピックアップしています。ここには比較的飲みやすい蒸留所のオフィシャルボトルを紹介しているんです。好みのウイスキーに出会う方法は、とくにかく数を飲むこと。そして、飲んだときの味だけではなく、そのときの状況や気持ちとともにウイスキーを覚えていってほしいです。記憶と重ねられるというのが、お酒の楽しみ方のひとつだと思うんですよね」。
モルトウイスキーの記憶はぜひ〈もるとや〉で、高橋さんとの会話とともに積み重ねたい!

池袋 SHOT BARもるとや
ウイスキー愛あふれる店内。
池袋 SHOT BARもるとや
フルーツカクテルも得意。
池袋 SHOT BARもるとや
親子2代で通ってくれるお客様も。

ハナコラボからの質問
Q.「バーではどんなお客さんがかっこいいですか?」

A.「お客さまなので、みなさん自由にしていただいていいのですが、たまにお店全体が見えているというお客様がいらっしゃるんですよね。立ち位置がバーテンダー側というか(笑)。そういう方がいると、もうお任せしますという感じで、こちらも安心してその日の接客ができます」。

このお店のこの一杯「キナシュガーとラフロイグのホットウイスキー・トディ」

池袋 SHOT BARもるとや
「キナシュガーとラフロイグのホットウイスキー・トディ」1,200円円

ウイスキー初心者にも飲みやすい甘味のあるホットウイスキー。グラニュー糖とシナモン、アニスをキナリキュールに漬けたものに、レモンジュースとウイスキーを合わせ、お湯で割ったら完成。ブランデーと抹茶のチョコレートなど、時期によって変わる自家製チョコレートと相性抜群です。

お酒と楽しむ一皿「宮城県産 生がき ボウモアがけ」

池袋 SHOT BARもるとや
「宮城県産 生がき ボウモアがけ」400円

スコットランドでは、生がきを頼むとショットグラスでスコッチウイスキーが出てくるそう!「季節限定で出している生がきにはスコッチウイスキーのボウモアを添えています。お好みの量をかけてください」。

高橋さんのいるお店はここ。

池袋 SHOT BARもるとや

500本以上あるモルトウイスキーを中心に、高橋さんがセレクトするお酒がぐるりと客席を取り囲む。ウイスキーのポスターやエキゾチックなお面など、趣味の感じられる店内。

■東京都豊島区東池袋1-8-6 DKY12ビル1F 
■03-5952-9277
■15:00〜02:00 年中無休
 ※状況に応じて営業時間が変更になります。

【本日の一言】
モルトウイスキーの第一歩に!

今月のスペシャル

【2020年版】おうちで楽しむクリスマス特集。限定スイーツから、ホテル発の注目オードブルまで盛り沢山!【2020年版】おうちで楽しむクリスマス特集。限定スイーツから、ホテル発の注目オードブルまで盛り沢山!
TOPに戻る