明治② 小田
【PR】2020.05.15

第2回 わたしのとっておきチョコレート時間。 わたし時間の“おとも”はチョコレート!/「クリエイティブのおとも。」フォトグラファー・小田駿一さん

集中したい仕事中も、リラックスしたいプライベート時間も、充実した毎日を送っているひとに共通する“おとも”は、チョコレートでした。さまざまなライフスタイルの中で、自分なりに過ごす、とっておきの「チョコレート時間」を紹介します。第2回は、フォトグラファーとして活躍する小田駿一さんに話を聞きました。

今回、ご紹介する方は…

明治② 小田

名前:小田駿一(おだ・しゅんいち)
年齢:29歳
職業:フォトグラファー
趣味:漫画鑑賞。一番好きな作品は『ケンガンアシュラ』

独学で写真を学んだのち、フォトグラファーとして独立した小田さん。『Forbes JAPAN』を始め、多くの雑誌や広告で活躍しています。「仕事柄、さまざまなジャンルの方々を撮影します。会うたびに身が引き締まる想いですね」。

人物を中心に撮影することが多いです。
人物を中心に撮影することが多いです。
撮影がない日など、デスクで作業する日も。
撮影がない日など、デスクで作業する日も。
今まで俳優やスポーツ選手、文化人など、さまざまな職業の方を撮影しました。過去の作品はブックにまとめています。
今まで俳優やスポーツ選手、文化人など、さまざまな職業の方を撮影しました。過去の作品はブックにまとめています。
人物を中心に撮影することが多いです。
撮影がない日など、デスクで作業する日も。
今まで俳優やスポーツ選手、文化人など、さまざまな職業の方を撮影しました。過去の作品はブックにまとめています。

そんな小田さんの「チョコレート時間」は…自宅作業の合間のリフレッシュタイム!

明治② 小田

フォトグラファーの仕事には、撮影後の写真を仕上げるレタッチ作業があるそう。「1日3〜4時間、長いときは10時間作業することも。写真を1枚仕上げるのに30分〜1時間かかるので、こまめに休憩して疲れた目と頭を休ませるようにしています」。そんな息抜きタイムによく登場するのが、コーヒーと「明治 ザ・チョコレート」。「お仕事がある日の朝ご飯代わりにするほど、コーヒーとチョコレートは自分にとって大切なセット。カフェラテのカフェインで目を覚ましつつ、チョコレートの糖分でリラックスすると、今日もお仕事頑張ろうって前向きな気持ちになれるんです」。

明治② 小田

多数ある種類の中でも、特に好きなのはミルクチョコレート。「幼い頃、よく遊びに行っていた祖父母の家の冷蔵庫にミルクチョコレートがあって。いつもおやつに食べていたので、ミルクチョコレートは今でも大好きな思い出の味なんです」。ちなみにミルクチョコレートに合わせるのはブラック…ではなくカフェラテなのは、小田さんが大の甘党だから。「カフェラテとミルクチョコレートを合わせるとカフェモカになっておいしいんです(笑)」。

右手にコーヒー、左手にチョコがお決まり。
右手にコーヒー、左手にチョコがお決まり。
袋の上を持って食べられるので、手がベトベトになりません。
袋の上を持って食べられるので、手がベトベトになりません。
右手にコーヒー、左手にチョコがお決まり。
袋の上を持って食べられるので、手がベトベトになりません。

作業中のため、食べやすさは重要!「アメは食べ終わるのに時間がかかるし、グミは食感が気になってしまう。サクッと食べられて糖分が摂れるのはチョコレートなんですよね」。また板チョコで個包装というのもポイント。「袋は簡単にやぶけるし、手が汚れずに片手で食べられるので、作業中にとても便利です」。

小田さんのお気に入りの味は…「ベルベットミルク」!

明治② 小田

シンプルな味つけのミルクチョコレートが好きだという小田さん。「舌触りがまろやかで、ナッツの香りとミルクのコクが濃厚で上品。求めていた理想のミルクチョコレートです!優しい甘さなので、食べるとホッとするんです」。

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る