京都

名建築で巡る京都6つのエリア。 焼き菓子と町家のコーヒー屋さんで京を感じる 府庁前エリア。美術館のあとのランチスポット、奥嵯峨〜嵐山エリア Travel 2022.08.26PR

京都は寺社などの世界遺産が多い場所。
そして有名建築家による建物を身近に感じる機会もある。
今度の京都は、名建築を巡りながら、街を満喫してはいかがでしょう。(PR/京都府)

府庁前(Fuchomae)|エリア

2016年、建築当初の姿に修復された〈京都府庁旧本館〉の旧議場。吹き抜けの高い天井を持ち、2階に見えるのは傍聴席。
2016年、建築当初の姿に修復された〈京都府庁旧本館〉の旧議場。吹き抜けの高い天井を持ち、2階に見えるのは傍聴席。

京都御苑の西に広がる府庁前は、文化庁が今年度中に移転することから、注目が高まるエリア。地下鉄なら四条から二駅、歩いて向かうことも可能な場所だ。通りの名でいえば東西を烏丸通と堀川通に挟まれ、南は丸太町通から北は下立売通(しもだちうりどおり)あたりまで。京都府庁や京都府警が立ち並ぶ京都きっての官庁街でありながら、通りを一本入れば静かな住宅街が広がり、個性の光る店々が点在する。昔ながらの豆腐店があったり、路地の奥に雑貨店が潜んでいたり。ひと息つくコーヒースタンドや、お土産を手に入れたい菓子店もある。文化庁へと生まれ変わる旧京都府警察本部や日本聖公会聖アグネス教会、大丸ヴィラと近代の名建築も数多く、目的を決めずに歩いても楽しみの尽きない、そんな街だ。
なかでも存在感を放っているのは、明治(1904)年に建てられた〈京都府庁旧本館〉だ。丸太町通から釡座通(かまんざどおり)を北に向かえば、敷地に入る前からけやき並木の奥にその姿を見せる近代建築。抜け感のある景色は京都でも希少な眺めといえる。中央にバルコニーを備え、クリーム色の外壁が優雅なルネサンス様式の庁舎。建てられてから118年を経た今も姿を変えず、執務室や会議室として現役で使われていることにも驚かされる。それと同時にいつでも見学ができるのも大きな魅力。漆喰や大理石に装飾が施された階段、アーチが続く外廊下、白い壁や天井と緋色のカーペットのコントラストが美しい廊下、曲線を描く旧議場、そして装飾の華やかさもひときわの旧知事室。タイムスリップしたような空間は、細かなディテールまで見逃さずに堪能したい。モダン建築と街歩きに時間を忘れて過ごしてみよう。

大階段の吹き抜けと2階の廊下。
大階段の吹き抜けと2階の廊下。
正面玄関から続く大階段。手すりなどの館内の装飾にはアカンサスの花のモチーフが使われている。
Tシャツ14,300円、スカート69,300円、バッグ104,500円(全てマーガレット・ハウエル ■03-5467-7864)
正面玄関から続く大階段。手すりなどの館内の装飾にはアカンサスの花のモチーフが使われている。 Tシャツ14,300円、スカート69,300円、バッグ104,500円(全てマーガレット・ハウエル ■03-5467-7864)
中央のバルコニーは宇宙飛行士ガガーリンが来日した際に手を振った場所でもある。
中央のバルコニーは宇宙飛行士ガガーリンが来日した際に手を振った場所でもある。

〈京都府庁旧本館〉

建築について
日本近代建築の父と称される辰野金吾に師事した松室重光の設計。煉瓦造石造混合構造のルネサンス様式で、正面の屋根を中心に左右対称の姿を持つ。館内は漆喰の壁や大理石に施された装飾など工芸の要素も強い。2004年には国の重要文化財に指定。
昭和46(1971)年までは本館として使用。祇園しだれ桜など桜が咲き誇る様子は圧巻。
■075-414-5432
■京都府京都市上京区下立売通新町西入ル藪ノ内町
■10:00~17:00
■日月祝、第2・4土休
■無料
※10名以上での見学は要予約

文化庁移転で注目のエリアへ。焼菓子とコーヒー。

〈菓歩菓歩(かぽかぽ) 御所西店〉

京都府

心癒されて地の恵みを知る京丹波発信のスイーツ。
地元農家で育てられた果物などエシカルを意識した素材づかいと、優しい味わいで人気を誇るパティスリーが市内へ。イタリアンメレンゲを混ぜた軽いバタークリームのバターサンドクッキーなどが揃う。
■ 京都府京都市上京区烏丸通椹木町上ル堀松町419MACHIWO RK御所西1-A
■075-606-5264
■11:00~18:00
■水休

〈common.(コモン)〉

ドリップコーヒー ホット500円、〈菓子 雨の日〉のパンナコッタ480円。
ドリップコーヒー ホット500円、〈菓子 雨の日〉のパンナコッタ480円。

豆と菓子とをセレクトした町家改装のコーヒースタンド。

オーストラリアでコーヒーに開眼し、日本とニュージーランドで修業した店主の久米慧さん。豆は好みの味をセレクト。
■ 京都府京都市上京区上鍛冶町340-5
■8:30~11:30(11:00LO)、12:30~19:00
■火水休
■10席

美しい建築と町家を回る伏見から宇治エリア。新たな文化が生まれる、京都西山から乙訓エリア。
有名料理人も食材をショッピング、大原エリア。京焼の窯元へ山科エリア 。

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR