〈ビオリゾート ホテル&スパ オーパークおごせ〉/埼玉

手ぶらで楽しむアウトドア。 東京から車で行ける!【首都圏近郊】夏に行きたいグランピング施設4選 Travel 2021.06.20

最近首都圏近郊にグランピングを楽しめる施設が続々と誕生中。密にならず自然も楽しめるのがグランピングの魅力です。今年の夏はグランピング旅行で決まり!

1.〈small planet CAMP & GRILL〉/千葉

千葉・稲毛〈small planet CAMP & GRILL〉
千葉・稲毛〈small planet CAMP & GRILL〉
千葉・稲毛〈small planet CAMP & GRILL〉

都心からそれほど遠くないのに、こんな自然に恵まれた緑豊かな環境のグランピング施設があるとは。この夢の世界は、東京から電車で40分ほどの千葉・稲⽑に。この先数年かけて、稲⽑海浜公園施設リニューアルプロジェクト〈SUNSET BEACH PARK INAGE〉を始動するにあたり、その第一弾コンテンツとして開業したグランピング施設〈small planet CAMP & GRILL〉が誕生。

公園の自然豊かな環境を生かしたランドスケープの中に点在する7棟のグランピングは、著名デザイナーによってデザインされ、ナチュールモダンな雰囲気。エリアの中心には、夕食後に焚き火を見ながらくつろいだりできるスペースもあります。また、ペットとも一緒に滞在でき、お子様のいらっしゃる方や周囲を気にせず滞在したい方におすすめの1棟のみのプライベートな部屋も用意あり。

〈small planet CAMP & GRILL〉
■千葉県千葉市美浜区高浜7-2
■080-3541-7187

公式サイト
公式インスタグラム

(text, photo : Yuko Mano)

2.〈ビオリゾート ホテル&スパ オーパークおごせ〉/埼玉

〈ビオリゾート ホテル&スパ オーパークおごせ〉/埼玉
〈ビオリゾート ホテル&スパ オーパークおごせ〉/埼玉
〈ビオリゾート ホテル&スパ オーパークおごせ〉/埼玉

都心から約1時間半と気軽に訪れられる距離にありながら、周囲を豊かな緑が取り囲むオーパークおごせ。オーパークおごせは日帰りでも、宿泊してもOK。宿泊できるお部屋は全8種類あり、宿泊人数や滞在目的により選ぶことができます。

フロートドームテント(10,000円〜/1泊、最大2名)はその名のとおり空中に浮いたテント。 新体験のグランピングを目的に新設されたこの部屋は、テントの中に足を踏み入れると揺れがあり、宙に浮いているような不思議な感覚を味わえるのだとか。夜は天井に設置されたプラネタリウムがキラキラと光り、ロマンチックに。

グランピングテント(12,000円〜/1泊、最大3名)は自然光が透過するコットンテントで作られたお部屋。グラマラスな内装にヒーターもあり、手ぶらで訪れながら本格的なキャンプ気分が味わえるのが魅力です。初めてテントで宿泊する方や女性グループに多く選ばれています。

〈ビオリゾート ホテル&スパ オーパークおごせ〉
■埼玉県入間郡越生町上野3083-1
■10:00~22:00 (最終入館21:30)

https://opark.jp/

(photo&text:Kaori Kobayashi)

3.〈那須高原TOWAピュアコテージ〉/栃木

日本初!透明なグランピング「AURA(アウラ)」に宿泊!
日本初!透明なグランピング「AURA(アウラ)」に宿泊!
テントの中にベッドが!
テントの中にベッドが!
冷蔵庫や女優ライトが付いたドレッサーも完備。
冷蔵庫や女優ライトが付いたドレッサーも完備。

日本有数のリゾート地栃木県の「那須」は、東京から新幹線で70分。そこから車で30分ほどの場所に、今回ご紹介する〈那須高原TOWAピュアコテージ〉はあります。東京ドーム170個分に相当する約800万m2の広大な敷地の中には、貸別荘や遊園地、温泉、レストランなど「遊・癒・食」の 全てがそろうリゾート施設です。

敷地内にある「FACTLAND」では、グランピングも楽しめます。そして、日本初の透明なドーム型テント「アウラドーム」にも宿泊できます。夜は満天の星を眺めながら眠り、朝は小鳥のさえずりで目覚めるなど、アウトドア派もそうでない派もちょっぴり変わったワーケーションを体験できます。
※グランピングについては、ワーケーションサービスの対象外となります。利用については、一般の予約サイトからご予約ください。

〈那須高原TOWAピュアコテージ〉
■栃木県那須郡那須町高久乙3375
■0287-78-1164

公式サイト
詳しくはFACTLANDをチェック!

(photo&text:Yu Hazuki)

4.〈紫塚ゴルフ倶楽部〉/栃木

グランピング施設。
グランピング施設。
BBQ場にてぱしゃり。
BBQ場にてぱしゃり。
さきさえ連載 第15回

〈紫塚ゴルフ倶楽部〉は、なんといっても宿泊施設が充実しています。ホテル・ヴィラ・グランピングの3つがあるのですが、どれも素敵!友達やカップルで非日常的な体験をしたいという方は、グランピングがおすすめです!ドーム型の施設の中は想像以上に広い!グランピング横で食べるBBQも格別においしいです。

お蕎麦が有名なゴルフ場で、食べ放題なのもポイントです。その他、練習場が充実していたり、茶店では季節折々のデザートが食べられたり…おすすめポイントがありすぎる!1泊2Rもよし、1泊1Rもよし、のゴルフ場です。

さらに詳しい記事はこちらから。

(text&photo:Saki&Sae)

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR