箱根 ゆとわ
2021.12.20 — Page 1/2

年末年始の旅行は箱根へ! 【箱根温泉】頑張った一年のご褒美として泊まりたい宿6選

都内からもアクセス抜群で人気の温泉観光地・箱根。最近では個性豊かな宿が続々と誕生しています。年末年始は箱根の素敵なお宿でゆったりとしたひと時を過ごしてみませんか?

1.〈箱根 ゆとわ〉

箱根 ゆとわ
箱根 ゆとわ
大浴場。
大浴場。
箱根 ゆとわ
箱根 ゆとわ
箱根 ゆとわ
箱根 ゆとわ
大浴場。
箱根 ゆとわ
箱根 ゆとわ

〈箱根 ゆとわ〉は、箱根エリアのホテルやレストランなどを手がける小田急リゾーツが企画・運営しています。芦ノ湖畔にそびえる〈山のホテル〉、洗練された〈箱根ハイランドホテル〉、おもてなしの〈ホテルはつはな〉などの、話題のホテルを手がけているとあって期待が膨らみます!

広々としたエントランスに入り、早速チェックイン。1階に浴衣が置いてあるので、好みの浴衣を選びます。温泉に入って、お気に入りの浴衣を着ると、それだけでワクワクしますよね!

同じスタンダードツインルームでも、東館のお部屋では登山鉄道を独り占め。可愛らしい車両が目の前を走行するので、鉄道好きなお子さまがいるご家庭には、こちらのお部屋がおすすめですよ。「カンカンカン…」と鳴り響く優しい踏切の音。朝日を浴びて、気持ちよさそうに走行する早朝の登山電車は思わず見惚れてしまいます。室内から一歩引いて眺める窓は、まるで一枚の額縁のよう!

〈箱根 ゆとわ〉
■神奈川県足柄下郡箱根町強羅1300-27
■0460-82-0321
■チェックイン:15:00(最終チェックイン:18:00)/チェックアウト:10:00

(photo&text:Tomoko Kato)

2.〈ホテルインディゴ 箱根強羅〉

ヒルサイドのゲストルームはオレンジなどの暖色を採用。照明、ミニ バーコーナー、アメニティに至るまで、レトロとモダンが共鳴。
ヒルサイドのゲストルームはオレンジなどの暖色を採用。照明、ミニ バーコーナー、アメニティに至るまで、レトロとモダンが共鳴。
いわゆる“大浴場”も、ここでは水着着用で入浴する男女共用のバーデスタイル。深さ1.2mの立ち湯ほか、サウナやジェットバスも。中央にはベンチやカウチもあり、のんびり“バスタイム”を過ごすことが可能。カップルでもグループでも楽しめる。
いわゆる“大浴場”も、ここでは水着着用で入浴する男女共用のバーデスタイル。深さ1.2mの立ち湯ほか、サウナやジェットバスも。中央にはベンチやカウチもあり、のんびり“バスタイム”を過ごすことが可能。カップルでもグループでも楽しめる。
客室のミニバーコーナー。冷蔵庫やスナックは引き出しの中に。
客室のミニバーコーナー。冷蔵庫やスナックは引き出しの中に。
1階のグリルダイニング〈リバーサイドキッチン&バー〉。歌川広重の「箱根湖水図」がカラーグラスを使用したモダンアートに。
1階のグリルダイニング〈リバーサイドキッチン&バー〉。歌川広重の「箱根湖水図」がカラーグラスを使用したモダンアートに。
2人でシェアするのにぴったりの「ミックスグリル」15,000円。地元の野菜や足柄牛を使ったメニューが味わえる。地元の天然水を使ったパンも美味。
2人でシェアするのにぴったりの「ミックスグリル」15,000円。地元の野菜や足柄牛を使ったメニューが味わえる。地元の天然水を使ったパンも美味。
ヒルサイドのゲストルームはオレンジなどの暖色を採用。照明、ミニ バーコーナー、アメニティに至るまで、レトロとモダンが共鳴。
いわゆる“大浴場”も、ここでは水着着用で入浴する男女共用のバーデスタイル。深さ1.2mの立ち湯ほか、サウナやジェットバスも。中央にはベンチやカウチもあり、のんびり“バスタイム”を過ごすことが可能。カップルでもグループでも楽しめる。
客室のミニバーコーナー。冷蔵庫やスナックは引き出しの中に。
1階のグリルダイニング〈リバーサイドキッチン&バー〉。歌川広重の「箱根湖水図」がカラーグラスを使用したモダンアートに。
2人でシェアするのにぴったりの「ミックスグリル」15,000円。地元の野菜や足柄牛を使ったメニューが味わえる。地元の天然水を使ったパンも美味。

まるで宝探しをしているよう。〈ホテルインディゴ 箱根強羅〉に滞在したならば、きっとそう思うだろう。玄関には人力車、フロントには田舎の家を思わせる囲炉裏。さらに箱根にまつわる浮世絵を分解し、モダンアートとして蘇らせたダイニングや代名詞の寄木細工を採用したフロアサイン…。これまでの見知った箱根のイメージを驚くほど軽やかに、スタイリッシュに、アーティスティックに昇華して魅せる手腕は、「お見事!」と拍手を送りたくなるほど。

でも、ホテルインディゴブランドを知る人からすれば、それは「さすが!」のひと言になるのかもしれない。その土地の自然や文化、歴史を織り込んだ〝ストーリー性のあるホテル〞を世界中で展開する彼らが、日本初の開業の場所に箱根を選んだ理由。それは、「ローカルカルチャーの奥深さに惹かれたから」。

伝統と革新、日常と非日常、相反する様々な要素が絶妙なさじ加減でミックスされたその世界観は、〝仕掛け〞として館内の至るところに配され、ゲストを楽しませてくれる。クライマックスは、客室のヘッドボードアート。「え、こんなところに?」「ほら、あんなところにも!」と、思わず誰かと共有したくなる、驚きと発見が詰まっている。その中身は自分の目で確かめて。

〈ホテルインディゴ 箱根強羅〉
2020年1月オープン。スパではタイ発の高級スパブランド〈HARNN〉が体験できる。温泉は日帰り利用も可能(9:00〜22:00、1人1,000円、水着着用マスト)。小田原駅から無料シャトルバスが運行(約40分)。

■神奈川県足柄下郡箱根町木賀924-1
■0460-83-8310
全98室ヒルサイドのゲストルームはオレンジなどの暖色を採用。照明、ミニバーコーナー、アメニティに至るまで、レトロとモダンが共鳴。

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る