“京都らしさ”を体感できるホテル 〈THE THOUSAND KYOTO〉。ツウが今、こぞって食べに訪れている朝食も。
2020.07.12

客室のヒントは「禅の思想」。 “京都らしさ”を体感できるホテル 〈THE THOUSAND KYOTO〉。ツウが今、こぞって食べに訪れている朝食も。

次々とホテルがオープンしている京都で最近増えているのは、アーティストがコンセプトやデザインを手がけるホテル。しつらえだけでなく、滞在方法までも工夫するなど、 新しさに敏感な京都だから実現した宿のカタチを見てみよう。今回は、〈THE THOUSAND KYOTO〉をご紹介します。

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →

【LOBBY】シンボルは大階段。

〈THE THOUSAND KYOTO〉

「1,000年の都」というコンセプトが五感に訴えかけてくる圧巻の大空間。差し込む光が、多彩な表情を見せてくれる。夜になると、ぐっと落とされた照明の下、艶っぽい雰囲気に。

【GUEST ROOM】ヒントは禅の思想。

〈THE THOUSAND KYOTO〉

余計なものを削ぎ落としたシンプルでミニマライズされたデザイン。窓の外に広がる緑やふんだんに差し込む光も心地よさに貢献。究極の眠りを追求したベッドマットは〈Serta〉。

【DASHI】朝一番の“迎えだし”。

〈THE THOUSAND KYOTO〉
削りたてのかつお節と北海道産昆布でとった一番だしがスターター。まろやかな旨みで胃を優しく起こしてくれる。※〈KIZAHASHI〉での提供は時期により休止中の場合あり。

京都ツウが今、こぞって朝食を食べに訪れているのがここの日本料理レストラン〈KIZAHASHI〉。お目当ての和朝食は、テーブルで炊き上げる1膳分のご飯に、だし巻き玉子や魚の炭火焼、自家製の漬物など、魅惑の小皿たちがずらりと並ぶ。予約不可だが、ビジターOK。ゆったりした空間で、とっておきの朝を迎えよう。

〈THE THOUSAND KYOTO〉
味覚が研ぎ澄まされる朝。お米は粘り気の少ない山形産「つや姫」を採用。おかゆと2択でチョイスできる。「KIZAHASHI 和朝食」3,800円(税サ別)。

〈THE THOUSAND KYOTO〉

〈THE THOUSAND KYOTO〉

■京都府京都市下京区東塩小路570 
■075-354-1000 
■ザ・サウザンドルーム1泊1室63,000円~(税サ別) 
■全222室 

〈KIZAHASHI〉
■朝食7:00 ~10:00LO
ランチ11:30~14:30LO
ディナー17:30~21:00LO

(Hanako特別編集『Hanako TRIP 今、泊まりたいのはライフスタイルホテル。』/photo:Noriko Yoshimura text:Yoshie Chokki)

今月のスペシャル

いまこそ免疫UP!働く女子こそ知っておきたい“腸活”特集いまこそ免疫UP!働く女子こそ知っておきたい“腸活”特集
TOPに戻る