新橋 〈とっとり・おかやま新橋館〉
2019.02.01

“オマチスト”と呼ばれる日本酒好き増加中! 2日間限定〈とっとり・おかやま新橋館〉で『備前焼で愉しむ雄町米の地酒場(BAR)』が開催!

近年ブームが加速している日本酒ですが、幻の酒米「雄町(おまち)」を使った地酒を岡山の伝統工芸品「備前焼」の酒器で味わえるイベント『備前焼で愉しむ雄町米の地酒場(BAR)』が、2019年1月31日(木)・2月1日(金)の2日間限定で、東京・新橋にある岡山県のアンテナショップ〈とっとり・おかやま新橋館〉で開催されています。

『備前焼で愉しむ雄町米の地酒場(BAR)』で、雄町の日本酒をじっくり味わう。

新橋 〈とっとり・おかやま新橋館〉

〈とっとり・おかやま新橋館〉の2階で開催されている、『備前焼で愉しむ雄町米の地酒場(BAR)』。1日目のスタート開始すぐに賑わっています!

新橋 〈とっとり・おかやま新橋館〉

こちらの200円券×7枚をスタート時に購入し、お酒やおつまみと交換していきます。「もっと呑みたいよ!」という方は、ぜひ受付で追加分を購入してくださいね。

器の表情が一つひとつ違うので、自分好みのぐい呑みをチョイスして!
器の表情が一つひとつ違うので、自分好みのぐい呑みをチョイスして!

受付をしたら、お土産としても持ち帰れる「備前焼のぐい呑み」を選びます。ぐい呑みの裏側に、陶印が入っており、どの作家・窯元かわかるようになっています。1個1,000円相当とのことなので、お得な感じがする(笑)!

左から、〈利守酒造〉「赤磐雄町 純米大吟醸」、〈室町酒造〉「佐近レアル 純米吟醸」、〈宮下酒造〉「極聖 特別純米 高島雄町」
左から、〈利守酒造〉「赤磐雄町 純米大吟醸」、〈室町酒造〉「佐近レアル 純米吟醸」、〈宮下酒造〉「極聖 特別純米 高島雄町」

最近は、「オマチスト」と呼ばれる、雄町を使ったお酒を愛する人も増加中!
昨年の「第10回雄町サミット」で 207点の日本酒の中から優等賞に選ばれた、岡山を代表する3蔵元〈利守酒造(赤磐市)〉、〈宮下酒造(岡山市)〉、〈室町酒造(赤磐市)〉の雄町を使った自慢のお酒がいただけます。蔵元さんもいらっしゃるので、おすすめを聞きながら選ぶこともできます。

幻の酒米「雄町」とは?

左から、〈利守酒造〉渡 理奈子さん、利き酒師・ライター 市田 真紀さん、〈室町酒造〉安原 良孝さん。
左から、〈利守酒造〉渡 理奈子さん、利き酒師・ライター 市田 真紀さん、〈室町酒造〉安原 良孝さん。

会場には、岡山市在住の利き酒師でライターの市田 真紀さんも登場!『備前焼で愉しむ雄町米の地酒場(BAR)』のオープン前にはメディア向けの地酒セミナーが開催され、岡山県が誇る酒米「雄町」のことを詳しく教えていただきました。

草丈が長いため倒れやすく耐病性も弱いため、栽培が難しい「雄町」。
草丈が長いため倒れやすく耐病性も弱いため、栽培が難しい「雄町」。

「雄町」は、全国生産量の95%以上が、岡山県で育てられています。栽培が難しい品種で、一時期は作付面積が3ヘクタールとなってしまい、なかなか入手できない「幻の酒米」と呼ばれていました。

雄町を使った日本酒はあまり冷やしすぎず、常温〜人肌ぐらいの温度がおすすめ。
雄町を使った日本酒はあまり冷やしすぎず、常温〜人肌ぐらいの温度がおすすめ。

「雄町」を使った日本酒は、上品な甘味、ふくよかでやわらか、幅のある味わいが特徴としてあらわれやすいそうです。雄町の旨味の広がりは、ぬる燗(およそ40℃)にすると、よく感じられるとのこと。残念ながら会場では、ぬる燗で提供されていないのですが、雄町を使用した日本酒に出会ったらぜひチャレンジしたいところ。

雄町の地酒に合う、瀬戸内のおつまみ。

「おつまみセット」
「おつまみセット」

もちろん『備前焼で愉しむ雄町米の地酒場(BAR)』では、岡山の美味しいおつまみもたくさん種類が用意されています。
こちらの「おつまみセット」の中身は、〈とっとり・おかやま新橋館〉でも購入できるそうです。私は、珍味スイーツの「しゃりしゃりレモン」の食感と、柑橘系だけとタラ!?というギャップがツボでした!

「殻つき牡蠣と、牡蠣の燻製オイル漬け」
「殻つき牡蠣と、牡蠣の燻製オイル漬け」

岡山の海で育った「日生(ひなせ)牡蠣」。通称「若牡蠣」と呼ばれ、濃厚で新鮮な味わい。牡蠣のエキスがぎゅっと詰まった、酒飲みにはたまらないお味!

「ふなめし」
「ふなめし」

岡山県南部の郷土料理「ふなめし」。コクのある脂ののった「寒鮒」とたっぷりの冬野菜が入って、温まる〜。飲みの〆にもおすすめ!

「岡山県産朝日米 大吟醸酒粕バター」1,200円
「岡山県産朝日米 大吟醸酒粕バター」1,200円

200円券で交換できるおつまみ以外に、お持ち帰り用の岡山県の特産品を購入することもできます。

こちらの「岡山県産朝日米 大吟醸酒粕バター」は、濃厚な酒粕の風味が。クラッカーにのせて、お家で日本酒を飲むときに合わせたい。

『備前焼で愉しむ雄町米の地酒場(BAR)』は、2月1日(金)まで!雄町の日本酒で、金曜日の夜を楽しんで。

『備前焼で愉しむ雄町米の地酒場(BAR)』
■開催期間:2019年1月31日(木)、2月1日(金)の2日間
■各日 17:00~20:30(20:00LO)
■港区新橋 1-11-7 新橋センタープレイス2階 とっとり・おかやま新橋館
■入場料:2,000円(税込) (1,000 円相当の備前焼ぐい呑み チケット 200 円×7 枚セット)
※お酒の銘柄によりチケット枚数は異なる場合あり。
※「備前焼のぐい呑み」は、チケット購入の先着 500 名限定(無くなり次第終了)
■主催:岡山県備前県民局
公式サイト

横尾 有紀
横尾 有紀 / ライター

「音楽業界経由のフリーライター・イベント企画。阿佐ヶ谷在住。日本酒、コーヒー、おいしいごはんとカルチャー系イベント好き。」

横尾 有紀さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る