中目黒にある築100年の長屋に、和食〈くずし割烹 おにかい〉オープン!
2018.09.03

隠れ家風のお店で、日本料理をカジュアルに。 中目黒にある築100年の長屋に、和食〈くずし割烹 おにかい〉オープン!

今年8月、中目黒の住宅街に佇む築100年の長屋に〈くずし割烹 おにかい〉がオープンしました。“くずし割烹料理”とは、日本料理をカジュアルに楽しむスタイルです。調理は、ヒルトン東京〈日本料理 「さくら」〉で修行を積み、長屋の1階〈天婦羅 みやしろ〉で働く、和食料理人が担当。
今回は、先日行われたメディア向け試食会の様子をレポートします!
西尾 悠希
西尾 悠希 / フリーランス

「おいしい料理とお酒が大好きな、フードライター。自分でもおいしい料理を作れるよう日々邁進中です!」

西尾 悠希さんの記事一覧 →

外見からは想像できないような、店内は和モダンな空間。

2_DSC_0144

思わずこんなところにお店が…?と思ってしまう外観ですが、脇の勝手口から靴を脱いで2階に上ります。

6992ffbf84f100f837374608db92ca54

店内はカウンターが13席あり、奥に2名用のテラス席も。勝手口で靴を脱いで、掘りごたつ形式の席に座るので、まるで知り合いの家に遊びに来たような、くつろげる雰囲気です。

こちらが、おすすめの“くずし割烹料理”6品。

4_DSC_0103

ドリンクは、ビールやハイボール、日本酒9種のほか、ワインも揃います。私はシャンパンをグラスでいただきました。

5_DSC_0104

「トマトおでん」
普段はお通しで提供されているそう。おでんのスープは、荒削りの鰹節で香り強く取った出汁がベース。ふんわりと漂う鰹節の出汁の香りを楽しみながら味わいます。

c1f492e01ed17885423129b6409fbb90

「煮あわび(刺身)」
活きているアワビを6時間以上煮込んで旨味をギュッと閉じ込めた身を、ジュレ状にした煮汁とともにいただきます。じっくり煮込まれたアワビの身は、とても柔らかいのにプリプリとした歯ごたえが感じられます。

7_DSC_0106

「銀ダラ西京焼き」
西京味噌に調味料を足した特製ダレの中に、銀ダラを2〜3日漬け込んで焼き上げるという一品。しっかり味噌の味が染み込んだ身は程よく脂がのっていて、口の中でほろりとほどけていきます。

9060bfabb0f9c03ed0c1d29c02b23ce0

「エビ天サンド」
たい焼き器で焼いたという、鯛の形が象られた食パンが遊び心溢れるメニュー。中には、プリプリ食感のエビ天をたっぷり挟んで。オリーブで作られた魚の目玉も可愛いですよね。

9_DSC_0118

「フォアグラメンチ」
フォアグラを肉で包んでサクッと揚げています。箸を入れると、肉汁がジュワッと染み出すほどで食べ応え満点。塩でさっぱりといただきます。

10_DSC_0114

店長の猿山さんが、次のメニューに使用する素材を見せてくれました。立派なサシの入った福島産和牛リブロースと、宮城産のウニがギッシリ並んだトロ箱です。

11_DSC_0123

熱した割り下の中に、先ほどの牛肉を一枚ずつ目の前でさっとくぐらせていきます。

12_DSC_0131

「牛すきonうに」
甘辛く味付けされたとろける食感の牛肉に、濃厚なウニの味をプラスした贅沢な一皿。牛肉+ウニの組み合わせは、見た目だけでも豪華で満足感たっぷり。

13_DSC_0138

他にも、おでん各種や旬のハモや松茸などを使った料理、「ニラ玉スフレ」など独創的な料理が店内の黒板に書かれています。

中目黒というおしゃれな立地にありながら、隠れ家風の佇まいでこぢんまりとした居心地の良いこちらのお店。気取らずに日本料理を味わいたい、というときにぜひ訪れてみてください。

2bbfce594e74695a4194b1b700e85f62

〈くずし割烹 おにかい〉店舗情報
◼︎住所:目黒区上目黒2-18-11 2F
◼交通アクセス:東京メトロ、東急東横線「中目黒」駅東口より徒歩6分
◼︎電話:03-3714-9888
◼︎営業時間:17:30〜24:00(フード23:00LO、ドリンク23:30LO)

2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。

今月のスペシャル

定番からトレンドもわかる!『愛され手土産』特集定番からトレンドもわかる!『愛され手土産』特集
TOPに戻る