からだ巡茶 モイスティア
2020.11.25

マスクを外しても潤う美肌へ。 日本初!ヒアルロン酸配合の機能性表示食品のお茶「からだ巡茶 モイスティア」が12月14日より新発売。

〈日本コカ・コーラ〉より、12月14日(月)に全国で新発売となる「からだ巡茶 モイスティア」。健康無糖茶のジャンルとしては初となるヒアルロン酸を配合した機能性表示食品で、マスクの着用を避けられないこれからのシーズンにぜひ試してみたい商品です。美容皮膚科医の慶田 朋子先生に教えていただいた、冬におすすめの保湿ケアも併せてご紹介します!

新発売「からだ巡茶 モイスティア」。

からだ巡茶 モイスティア

スタイリッシュなボトルが印象的な「からだ巡茶」シリーズは、からだの中からキレイを目指す本格的な健康無糖茶ブランド。この度新たに、ヒアルロン酸を配合した国内初の機能性表示食品となる「からだ巡茶 モイスティア」の発売が発表されました。

ヒアルロン酸には皮膚中の水分量を保持させる働きがあり、摂取することで肌の乾燥を緩和する機能が報告されています。これまでの健康無糖茶といえば脂肪の減少に着目されがちで、同ブランドでも“体についた脂肪を減らす” コンセプトのもと「からだ巡茶 アドバンス」を2017年に発売しています。

今回の新商品は美肌をめざす女性をターゲットに、肌がみずみずしく潤う様をさわやかなブルーのパッケージデザインで表現。12月14日(月)の発売に先駆けて、オンラインにて新商品発表会が行われました。

「お茶で手軽に肌の潤いをサポートすることを目指しています」。

からだ巡茶 モイスティア

そう語るのは、新商品発表会に登壇された〈日本コカ・コーラ〉マーケティング部 ティーカテゴリー 紅茶・機能性茶グループ マネジャーの坂西 恵愛さん。脂肪の減少に着目した製品が9割を占めている健康無糖茶の市場で、ヒアルロン酸を配合し肌の潤いに注目した製品の開発は前例がなく、この度日本で初めて機能性表示食品として受理されたといいます。
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
昨今のマスクの着用を避けられない情勢に加え、どんどん空気が乾燥し、暖房の利用頻度も増えていくことを考えると、ことしの冬は例年以上に肌トラブルへの対策が求められます。従来の美肌ケア飲料に多かった小瓶のドリンクではなく、ペットボトル飲料ならば日々のこまめな水分補給としても取り入れやすいため、気温の低下でのどが渇きにくくなり、脱水状態に気づきにくくなる“冬の隠れ脱水“ の予防にもお役立ち!これからのシーズンにうれしい製品が誕生しました。

9種の東洋素材は、日本最大の漢方ブティック〈薬日本堂〉監修。

からだ巡茶 モイスティア

「からだ巡茶 モイスティア」に使用されている9種類の東洋素材。日本最大の漢方ブティック〈薬日本堂〉の協力のもと、ベーシックな「からだ巡茶」に使用されている“からだの巡り“に着目した8種類に加え、甘草が新たに配合されています。

その味わいは、渋みの少ない低発酵烏龍茶をベースに緑茶とプーアル茶をブレンドしすっきりと、それでいてヒアルロン酸の配合によりとろみのあるやさしい飲み口を邪魔することなく、機能性と風味のバランスが絶妙な仕上がりです。

「からだ巡茶」ブランドでは、これまでに築いた身近な健康エキスパートとしてのイメージをさらに具現化し、今後も人々の健康ニーズの多様化にあわせて機能性をもたせた製品を展開していくそうですよ。

保湿の基本は「塗る、食べる」。

からだ巡茶 モイスティア

続いて登壇されたのは、銀座ケイスキンクリニック院長・美容皮膚科医の慶田 朋子先生。ことしは特にマスク皮膚炎の取材が多かったそうです。

「マスクトラブルは、これまでは限られた職業の方のものでしたが、今年に入って相談件数が急増しています。マスクをすると口周りの汗が蒸発せずにずっと蒸れている状態になりますよね。これはあぶらとり紙をずっと当てているようなもので、皮脂量が増えるため吹き出物の原因に。物理的にこすれることで保湿成分も奪われ、乾燥しやすくなってしまうんです」

潤う力が高い人は、防御力が高い人。肌トラブルに抗うには保湿クリームでこまめにコーティングすることが大切なんだそうで、朝の洗顔時に加え、昼過ぎにもメイクの上から保湿クリームを塗り直すのがよいのだとか。先生ご自身も行われている方法で、さらにパウダーを使用すると自然に仕上がるとのことでした。

ヒアルロン酸は、目や関節や皮膚など、体中に存在し、水を抱え込みながらいろいろな機能をもつ成分。多ければ多いほど肌は潤いますが、代謝が非常に早いのも特徴です。加齢と共に作られる量が減少すると、いわば“皮膚粗しょう症“ のような状態に。

しかし近年では、ヒアルロン酸を多く含む食品を食べることで体内での合成も高まるという研究結果が明らかに!具体的には、鶏手羽、うなぎ、鮭、山芋、オクラ、納豆、もずくなど。また、ほうれん草などの緑黄色野菜に含まれるビタミンAもヒアルロン酸の合成を高めてくれるので、積極的にとりたい食材です。メニューでいうと、レバニラは美肌をかなえる理想的な組み合わせだそうですよ。

「とは言え、これひとつ食べればよいという万能食材はありません。栄養学はチームです!柱がガタガタのところには家は建ちませんよね。特に若い女性では、野菜は食べていてもたんぱく質や脂質の量が極端に少ない方が多いです。肌がきれいになる食事は体にもいいので、美肌をフックに、(1)バランスのよい食事を心がけてみてください。他にも、(2)良質な睡眠、(3)健やかな腸内環境、(4)運動習慣、(5)ストレスコントロールに気をつけ、生活習慣を整えて、からだの内側から肌を立て直しましょう。これらは全てが関係し合っているので、どこかが崩れてもいけません」
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
肌は大きな臓器、内臓や心を移す鏡とも言われています。これからの肌トラブルを単に冬の乾燥のせいにせず、体のサインに耳を傾けつつ、アウターケアとインナーケアを同時に行っていきましょう!

からだ巡茶 モイスティア

「からだ巡茶 モイスティア」
■2020年12月14日(月)全国発売
■410ml PET
■149円
公式サイト

高橋 結
高橋 結 / フードコーディネーター

「レストラン厨房、レシピサイトや料理動画メディア勤務を経てフリーランス。年中テラスでビールを飲んでいます。仙台出身。」

高橋 結さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る