清潔感あふれる店内。ケーキが並ぶステンレスのケースには、大きな保冷剤が仕込まれていて、ガラスの箱の中はプチ冷蔵庫のようになっている。
2021.09.25

老若男女から愛される人気店に。 手に届く憧れを叶える、洋菓子店〈SAVEUR〉の魅力。

誰もが郷愁を覚えるバターケーキ。懐かしさはそのままに、軽やかに口どけよく作り上げたのが〈SAVEUR〉のお菓子です。開店から1年。老若男女から愛される洋菓子店に育っています。9月17日(金)発売Hanako特別編集『ケーキ、焼き菓子、おやつを買いに。』よりお届け。

すーっと体になじんで、また食べたくなるケーキ。

清潔感あふれる店内。ケーキが並ぶステンレスのケースには、大きな保冷剤が仕込まれていて、ガラスの箱の中はプチ冷蔵庫のようになっている。
清潔感あふれる店内。ケーキが並ぶステンレスのケースには、大きな保冷剤が仕込まれていて、ガラスの箱の中はプチ冷蔵庫のようになっている。

シンプルで着心地がよく、長く着られる日常着を提案する〈YAECA〉が、洋菓子店〈SAVEUR〉を開いたのは2020年10月のこと。田園調布の駅近く。緩い坂道を下った角にある、ガラス張りの白くかわいい店は、たちまちスイーツ好きのハートをつかみ、ほんわか静かなブームを巻き起こしている。パティスリーでもなく、「洋菓子店」とわざわざ冠しているのには訳がある。この店、かつてはどこの町にもあった、みんなに愛される洋菓子店のイメージで作られた。誰の心にもある「手の届く」憧れ。それを具現化したのがこの店だ。

常時3種あるガトー・ア・ラ・クレームのひとつ、バニラ1個572円。口どけがよく、すっと消える。
常時3種あるガトー・ア・ラ・クレームのひとつ、バニラ1個572円。口どけがよく、すっと消える。
ガトー・オ・ブール1個345円。ホールはφ15cm 2,052円、φ 18cm 2,808円。いい香りだ。
ガトー・オ・ブール1個345円。ホールはφ15cm 2,052円、φ 18cm 2,808円。いい香りだ。
マカロン1枚248円。フランス・バスク地方の伝統菓子を〈YAECA〉風に。ほろっと素朴な味わい。
マカロン1枚248円。フランス・バスク地方の伝統菓子を〈YAECA〉風に。ほろっと素朴な味わい。
常時3種あるガトー・ア・ラ・クレームのひとつ、バニラ1個572円。口どけがよく、すっと消える。
ガトー・オ・ブール1個345円。ホールはφ15cm 2,052円、φ 18cm 2,808円。いい香りだ。
マカロン1枚248円。フランス・バスク地方の伝統菓子を〈YAECA〉風に。ほろっと素朴な味わい。

お店に並ぶのは、繊細に構築されたデコラティブなものではない。日本人に合う素朴な洋菓子、シンプルの極みのような「ガトー・ア・ラ・クレーム」に「ガトー・オ・ブール」、そしてサブレ。決して特別な日のお菓子ではなく、ごくごく日常的な味わい……ではあるのだが、シンプルほど難しいものはない。表向きさりげないが、中身は決して単純ではない。選りすぐった材料を用い、愚直なまでに丁寧に手をかけている。

ガトー・ア・ラ・クレームは、焼き上げた生地にバタークリームを挟み、周囲にも施した、簡単にいうとクリームサンドケーキだ。バタークリームというとちょっと重たい印象だが、〈SAVEUR〉では驚くほど軽やか。この上なく口どけが滑らかで、すーっと消えていく。クリームだけでなくスポンジ生地もさらっとしているので、ひと口食べればまた次と、どんどん食べ進んでしまい、気がつけば、あら、もうない。そんな感じなのである。しかも誰もが好きな味。無敵のケーキである。種類はバニラとモカが定番。季節によりパッションフルーツを使ったジュアンやラム酒入りのラムなどがお目見えする。ガトー・オ・ブールはバターケーキ。しっとり、ふわっとしていながら、意外と食べごたえあり。

包装紙やショッパーの絵は牧野伊三夫さんの作品。アーティスティックだけど、ほのぼのと温かみが。
包装紙やショッパーの絵は牧野伊三夫さんの作品。アーティスティックだけど、ほのぼのと温かみが。

ケーキはもちろん、ディスプレイも簡潔で、スタッフの清潔で誠実な有り様に、客は皆、「いい店に来たな」という気に。リピート必至である。

〈SAVEUR(サヴール)〉/田園調布

〈SAVEUR(サヴール)〉/田園調布

一口食べれば、上質な材料で丁寧に作られていることがすぐわかる。ガトー・ア・ラ・クレームの種類は、現在バニラ、モカ、ラム。ホール3,024円~。地方発送可。
■東京都大田区田園調布2-51-1
■03-5483-0071
■10:00~19:00 水休

(Hanako特別編集『ケーキ、焼き菓子、おやつを買いに。』掲載/photo:Yoichi Nagano text:Michiko Watanabe)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る