ハワイで夏アイテムを現地調達!【ホノルル】おしゃれなファッション・アクセサリーショップ3選
2019.07.11

サーファー御用達のハワイ発水着ブランドも。 ハワイで夏アイテムを現地調達!【ホノルル】おしゃれなファッション・アクセサリーショップ3選

かわいい夏アイテムを手に入れるなら、ハワイで現地調達がスマート。日本でも活躍するアイテムをそろえたロコに人気のショップや、話題の新店でトレンドを先取り!
編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →

1.〈at Dawn.〉高品質リゾートウエアはデイリーユースでも大活躍。

20190508_0222

2018年10月にカカアコへ移転し、店舗が2倍の広さに。リネンやコットンなどナチュラル素材を使用し、リゾートでもタウンでも着用できるウエアをコンセプトにオリジナルラインを展開。

s20190508_0228
前後どちらでも着られる2WAYのトップス142ドル。パンツは168ドル。

シンプルなスタイルだが、着用した時のシルエットや発色が個性的なスタイルは、こなれ感のあるお洒落を楽しみたい人にぴったり。

20190508_0233
オリジナルバッグ78ドルは折り畳めて便利。差し色にぴったりな米国ブランドの「マルティニアーノ」のフラットシューズ437ドル。

バッグやシューズはウエアに合うようセレクトされている。

〈at Dawn.〉
流行発信地のカカアコで新ムーブメントを巻き起こしそう。
■1108 Auahi St. #154, Honolulu 
■808-946-7837 
■10:00~20:00(日12:00~18:00) 無休

2.〈Awa + Olena〉ビーチテイストに囚われないデザイナーの個性光る逸品!

20190511_1488
20190511_1583
アワビなどのシェルを使用したピアス44ドル~はビーズやフリンジなどを組み合わせてモダンテイストをプラス。

オーナー兼デザイナーのアマンダがお店の裏でコツコツ手作りしているアクセサリーは、極小ビーズやアフリカのヴィンテージビーズなど、ちょっと変わった素材を組み合わせたオリジナリティの高いデザインが魅力。いい意味でハワイらしくないので、帰国後もデイリー使いできるアクセサリーばかり。

20190511_1522
ローカルブランド「kila brown」のハワイらしいプリントのクラッチバッグ65ドル。

ウェルネスに興味を持つアマンダが厳選したパワーフードやナチュラルコスメにも注目。

〈Awa + Olena〉
ミニマムかつ繊細なアクセサリーはマストバイ。
■1152 Koko Head Ave. 2F #202, Honolulu 
■11:00~18:00(土10:00~16:00) 日月休

3.〈Pualani Hawaii Beachwear〉年中最新コレクションが登場。水着のトレンドをキャッチ!

20190511_1683
20190511_1727
カッティングが美しいワンピースタイプのスイムウエア146ドルはバックスタイルもクールなデザイン。

XXSからXXLまでという豊富なサイズ展開と、布地の質の高さに定評があるハワイ発のビーチウエアブランド。

20190513_2387
青のビキニは、トップス96ドル、ショーツ92ドル。赤はトップス、ショーツ各82ドル。上下の組み合わせは自由。キャップ38ドルやサングラス18ドル、ネックレス30ドルと一緒に。

2018年にフラッグシップ店をオープンし、種類豊富なオリジナルのスイムウエアやアクティブウエアに加え、ローカルブランドのアイテムも取り扱う。水着がずれにくく、とにかく長持ちするのでリピーターが多いそう。

〈Pualani Hawaii Beachwear〉
モンサラット・アベニュー沿いにあり、爽やかな青い壁が目印。
■3118 Monsarrat Ave., Honolulu 
■808-200-5282 
■9:30~18:00 無休

(Hanako1174号掲載/photo : Hisashi Uchida text : Hiroyo De la Cuba)

今月のスペシャル

食べて応援!全国おいしい「お取り寄せ」特集食べて応援!全国おいしい「お取り寄せ」特集
TOPに戻る