7a8f21679cfefccb062e8cc52ade2dc1
2019.03.15

癒しのねこショット、たっぷり13枚! 【完全保存版】ネコ好きの聖地・鎌倉〜江ノ島で出あった、かわいい猫たち。

ねこ好きにとっての聖地としても知られる、鎌倉から江の島エリア。癒されること間違いなしのかわいい猫ショット13枚とともに、その魅力をお届けします。

ねこものんびり暮らす町だから。

e2561831f07b9c46c33cfc8ae8e21d62
081b5f6562f448352a9a7fc4e696e230

鎌倉から江の島にかけては、ねこ好きにとっての聖地。お寺や神社、路地や港で、結構な数のねこを見かけます。ほとんどの子はのんびり穏やかな表情。中には、まるで人を怖がらず、泰然自若。どっしりとした風格を感じさせる子までいます。

3e2b95a191b77cbd7cd706308a9188c6
bfe474f961b272f1d8e3297ec084d325

飼いねこあり、通いねこあり、地域ねこあり。人との関係はそれぞれですが、親身にお世話する人がいて、ねこも人を信頼して……と、よい関係が築かれていることは想像に難くありません。

2c33d4f20d720962f0dbd1fa1d99db16
2e2f25089768e2281a8acf37e47caf0c

ねこが心地よく暮らす町は、どうやら人にとっても暮らしよい町のようです。小さいものや弱いものを邪険にしない、命を大切に思う人が住んでいるということなのでしょう。鎌倉、江の島のねこたちも、多くは毛づやがよく、のびのびと暮らしています。名前をもらって首輪や鈴を身につけ、地域の人や観光客からかわいがられている子もいて、その様子を見るだけで、ほのぼのとした気持ちに。

童話や映画にも影響を与えた、鎌倉の猫たち。

660f2ab9f48211d8b296ca75e579ef2f
5d49bd92f73dcc4af9c8c5a770343109

鎌倉を愛し居を構えた文士、大佛次郎もまた、ねこを愛した人でした。家には常に10匹以上がいて、生涯に面倒を見たねこの数は500匹以上にのぼるのだとか。「ねこは生涯の伴侶」「来世は猫だ」と語り、ねこへの思いから童話『スイッチョねこ』を生み出した大佛次郎。このねこ愛にあふれた、温かみのある物語は今も子どもたちに愛され、読み継がれているロングセラーです。

DMA-IMG_0085
DMA-IMG_0091
DMA-IMG_0092

江の島も、ねこが物語の鍵を握る映画の舞台になっています。青銅の鳥居から続く参道や、ヨットハーバーに至る昔ながらの小道には、いつ行ってもねこの姿があり、ロケ地巡りをするのも楽しいもの。蔵づくりのカフェ「Gigiカフェ」を訪ねれば、看板ねこのジジちゃんにも会えるかもしれません。

「ねこも人も付かず離れずのほどよい距離感」

eeb5273620d0721ef023c072614f3fc8
f038faea3508d9cfebc491c1747af892

大声をあげたり無理に近づいたりせず、そっと見守るような気持ちで接すれば、ねこもフレンドリーな表情を返してくれるはずです。中には自分からすり寄ってくれる子や、道案内に立ってくれる子、膝に手をかけてくれる子も。もちろん、ねこをめぐる地域のルールはきちんと守りながら、のんびりぶらり、ねこ町さんぽに出かけましょう。

(Hanako特別編集『鎌倉』掲載/photo:Takashi Maki text:Mutsumi Hidaka)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る