沖縄 〈シギラ黄金温泉〉
2019.01.27

気分に合わせてチョイス。 カップル旅行におすすめ!【沖縄・青森・島根】全国のおしゃれな温泉宿へ。

お風呂はもちろん、部屋のデザインなどもよい個性際立つ温泉と宿を探しました。今回は、沖縄・青森・島根のおしゃれな温泉宿をご紹介します。2019年2月末、大阪にオープンする温泉テーマパークも要チェック!

1.幻想的な宿で日本三大美人の湯をめぐる。〈湯宿草菴〉/島根

島根〈湯宿草菴〉

群馬県の川中温泉、和歌山県の龍神温泉と並び美人の湯とされる、軟らかいお湯が楽しめる湯の川温泉。茅葺門を通るとそこに現れるのは、日本の伝統建築の古民家を再生してできた趣のある宿。

島根〈湯宿草菴〉
島根〈湯宿草菴〉

欧州のアンティーク家具を取り入れた和洋折衷のクラシカルな室礼や客室半露天風呂の美しさは、思わずため息が出てしまうほど。敷地内の雑木林をぬけて向かう、貸し切り風呂6つはすべて風情が異なり、宿にいながら湯めぐりを堪能できる。

〈湯宿草菴〉
■島根県出雲市斐川町学頭1491
■0853-72-0226
■1泊24,500円(2食付)〜

2.アイスブルーに輝く迫力満点の氷瀑の湯。〈星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル〉/青森

青森 〈星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル〉

ラウンジにそびえたつ2つのアート作品「森の神話」と「河神」は、岡本太郎氏の作品でありこのホテルのシンボル。

青森 〈星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル〉

そのラウンジの窓からも眺められる奥入瀬渓流には、数多くの景勝地があり、冬のガイドツアーも行われている。

青森 〈星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル〉

美しくも厳しい冬の自然に触れたあとは温泉へ。なんと温泉では氷瀑を観賞しながら身も心もほぐすことができる。スペシャルな感動が詰まった温泉宿。JR八戸駅、青森駅より無料送迎バスあり(要予約)。

〈星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル〉
■青森県十和田市大字奥瀬字栃久保231
■0570-073-022(9:00〜20:00)
■1泊19,000円(2食付)〜

3.自然と気持ちが和らぐ南国の温泉に身を任せてみる。〈シギラ黄金温泉〉/沖縄

沖縄 〈シギラ黄金温泉〉

宮古島シギラ地区の地下1,250メートルから湧き上がる天然源泉を使用した琥珀色の温泉は、水着を着て入るジャングルプール。

沖縄 〈シギラ黄金温泉〉

もちろん裸で入浴する南国ムードたっぷりの展望風呂や沖縄の天然石を使った露天風呂、さらにオーシャンビューの部屋もあるプライベートルームを完備。

沖縄 〈シギラ黄金温泉〉

〈シギラ黄金温泉〉
雰囲気がガラッと変わる夜のパノラマも宮古島ならでは。
■沖縄県宮古島市上野新里1405-223
■0980-74-7340
■12:00〜22:00(最終入館21:30)
■入館料1,500円

関西最大級の温泉テーマパークが2019年2月末、大阪にOPEN!〈空庭温泉〉

大阪 〈空庭温泉〉
大阪 〈空庭温泉〉

「癒し」「美」「食」をテーマに安土桃山時代の町をイメージした館内では、天然温泉・和食レストランのほか、女性専用パウダールーム・コスメ店・リラクゼーションスペースと、身も心も美しくなれるブースが盛りだくさん!また屋上庭園には、着物スタイルの館内着のまま楽しめる足湯や千本鳥居、水洗弁天像などインスタ映えスポットも!

〈空庭温泉〉
入館料は、平日2,400円/土日祝2,600円/特定日(GW・お盆・年末年始)2,800円。別途入湯税150円(深夜1時以降の利用に関しては別途深夜料金あり)。JR・地下鉄の弁天町駅に直結している。
■大阪府大阪市港区弁天1-2-3
■06-6567-9016
■11:00〜9:00(最終入館8:00) 月1回不定休

(Hanako1168号掲載/text : Seiko Takahashi)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る