〈大館〉イラスト
2019.01.20

いま香港でおさえたい! 現地空港スタッフが教える!香港のおすすめグルメ・スイーツ・観光名所7選

香港をホームグランドにするキャセイパシフィック航空。街を知り尽くしたスタッフに、目下のお気に入りスポットを取材しました!

1.じゃがいもで作ったツルツルの麺を試して。〈川味美食〉

〈川味美食〉イラスト

無添加で新鮮な豚骨スープとじゃがいもから作ったツルツルでコシのある麺が人気の〈川味美食〉。スープのありなしや辛さを選び、きくらげや湯葉などお好みのトッピングでオリジナル麺が完成!相席になることもしばしばですが、それも旅の楽しさ。店員さんは広東語で元気に迎えてくれます。最寄り駅は佐敦駅。(客室乗務員・飯田綾さん)

2.空港のエッグタルトは、おみやげにも人気。〈King Bakery〉

〈King Bakery〉イラスト

香港国際空港27番ゲート近くにある〈King Bakery〉はエッグタルトがおいしい店。焼きたてのエッグタルトは、ビスケット生地とパイ生地の2種類から選べます。搭乗の待ち時間に食べるもよし、おみやげとしても人気です!(中部国際空港支店旅客課・広瀬みさ子さん)

3.漢方ドリンクで、エネルギーをチャージ。〈Check Check Cin〉

〈Check Check Cin〉イラスト

〈Check Check Cin〉は、フルーティで飲みやすい漢方ドリンクスタンド。季節に合わせた旬の漢方食材とフルーツをたっぷり使った特製ドリンクは、絶妙のバランスで体に染み込んでいきます。お茶のセットや石鹸、ポーチなどのオリジナルグッズもあって、パッケージがかわいいのもツボです!場所はコーズウェイベイ。(日本支社マーケティング部・新長佳容さん)

4.歴史あり、アートあり。セントラルの新名所。〈大館〉

〈大館〉イラスト

〈大館〉は、中央警察署やビクトリア監獄だった歴史建造物を中心に、香港のアートとカルチャーを発信する新スポット。レンガの建物には落ち着いた趣があり、レストランやショップが充実しています。この号の特集でも紹介されていますので、ぜひ立ち寄ってみて。ガイドツアーも開催されています。(日本地区営業統括本部長・ニック・ブルックスさん)

5.見た目にも心躍る、ラグジュアリーな朝食。〈Amber〉

〈Amber〉イラスト

落ち着いた雰囲気の中でゆったりと朝食をとれるのが、ザランドマークマンダリンオリエンタルのレストラン〈Amber〉。朝食メニュー「The Chinese Breakfast」は、お粥、麺、点心、フルーツやコーヒーと、たくさんのカラフルなお皿が並び、見た目にもワクワクします。金融街・セントラルにあり、打ち合わせをするビジネスマンの姿にも、香港のパワフルな朝を感じられます。(日本支社マーケティング部・中村実加乃さん)

6.北京ダックを気軽に味わうならココ。〈大都烤鴨〉

〈大都烤鴨〉イラスト

北京ダックを味わうなら北京料理レストラン〈大都烤鴨〉へ。皮はパリパリ、身もしっかりついていて、食べ応え十分。リーズナブルな価格なので、一羽まるごとオーダーするのもオススメです。少人数用のテーブルやボックス席があるのもグッド。尖沙咀駅直結のショッピングモールK11内。(東京貨物営業支店貨物セールスサポート・河野敬子さん)

7.SNS映えするスイーツにワクワク。〈L’attitude〉

〈L’attitude〉イラスト

カラフルでかわいい、SNS映えするスイーツが待つ〈L’attitude〉。アイスの上にパンダの綿菓子がのった「パンダアタック」は、キュートで思わず写真を撮りたくなります。白を基調としたおしゃれな空間にも乙女心がくすぐられます。尖沙咀駅から徒歩約3分。(福岡空港支店旅客課・荒巻由紀さん)

(Hanako1166号掲載/illustration:Mina Nakai)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る