nHANAKO1161_007
2018.07.26

水着にサンダル、リゾート風ワンピース… 2018年夏おすすめ!おしゃれなビーチファッションアイテム6選

この季節のイベントといったら海やプール!2018年夏、手に入れたいビーチアイテムとは?水着はもちろん、バッグにサンダル、リゾート風のマキシワンピースまで、おすすめのファッションアイテムをご紹介します。
SZ_0248

ちょっとくらい濡れても大丈夫なサコッシュはサブバッグにもってこい。中に大きな仕切りがあるので使い勝手よし。携帯にお財布、日焼け止めと色々詰め込んで、いざビーチへ。H18.5×W26×D3.5㎝ 各3,700円(ピルグリム サーフ+サプライ)

SZ_0233

2018年のビーチバッグにはメキシコ生まれの“メルカドバッグ”をぜひ。樹脂素材をぎゅっと編み込んでいるので、水にも強いし頑丈。柄違いもたくさん。上・H31×W33×D11㎝ 5,800円、下・H32×W38×D12㎝ 6,800円(レトラ)

SZ_0255

今治の老舗タオルメーカーによる、架空の豪華客船をイメージしたシリーズ。カラフルなヘムがかわいい上に、吸水性もさすが。左からフェイスタオル2,500円、バスタオル5,000円、バスシート7,500円(ロイヤルフェニックス オブ ザ シーズ)

SZ_0269

リゾートでサラリと着たいのは、こんなストラップレスのロングドレス。「草原の夢のドレス」というユニークな名前のとおり、風になびく軽やかなコットン素材。今季の注目色であるテラコッタカラーもポイント。型違いも展開。25,000円(マリハ)

SZ_0272

デザイナー林真理子氏が手がける〈ジョンリンクス〉が、〈ピルグリム〉のために作った初めてのスイムウェア。実はリバーシブル仕様なのもうれしい。トップ10,000円、ボトム9,000円(ジョンリンクス フォー ピルグリム サーフ+サプライ)

〈BEAUTIFUL SHOES〉

インスピレーションの源は、足の速さで知られるメキシコのタラウマラ族のワラーチサンダル。日本製の新素材「i45」のソールが足裏にフィット。高密度ナイロンのベルトはバックルで調整できる。H1.8㎝ 16,500円(ビューティフル・シューズ)

(Hanako1161号掲載/photo : Kengo Shimizu styling : Chiaki Utsunomiya text : Hiroko Yabuki)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る