海老やかまぼこなど、おせちもすべて水引製。
2022.01.22

祈りにルーツを持つ、水引の奥深さを知る。 水引デザイナーの長浦ちえさんが語る、次代へ繋ぎたい水引デザインの魅力。

可愛らしさやデザイン性で近ごろ人気の水引。本質を大切にしたいという水引デザイナーの長浦ちえさんに、知って贈りたい、受け取りたい、水引のことを聞きました。「見えない気持ちを形にできる水引」

脈々と受け継がれる水引の本質を知って次代へ繋ぐ。

長浦ちえさん

祝儀袋や正月飾りなど、日本の冠婚葬祭に欠かせないものであり、また近ごろではアクセサリーなどとしての人気も高い水引。デザイナーとして、オリジナリティあふれる作品からプロダクトまでを手がける長浦ちえさんは水引アレンジの先駆者だ。日本文化という枕言葉に惹かれ、水引デザインを仕事に選んだ長浦さん。

「振り返ると人と人の繋がりを不思議に感じたり、ものにも人格があるように思えて捨てられない子どもでした。大人になって、ご縁について考えていたことや、八百万(やおよろず)の神のことを知って腑に落ちました。見えないご縁も、ありがとうやおめでとうの気持ちも、言葉にできても形のないもの。それを形にできるのが水引と、携わるうちに知ることに」紙をこよりにして糊で固めた水引。

一富士二鷹三茄子や、鶴と朝日など縁起物づくし。「下絵は描かず、頭の中でイメージすると手が動きます」と長浦さん。「大胆かつ繊細に」がセオリー。
一富士二鷹三茄子や、鶴と朝日など縁起物づくし。「下絵は描かず、頭の中でイメージすると手が動きます」と長浦さん。「大胆かつ繊細に」がセオリー。

「結ぶときは一発勝負、やり直しがきかない潔さも好き。束では力強く1本では繊細、強いけれどしなやか。筋の通った日本女性みたいだなって」と語る。凛として、的確な言葉を紡ぎ出す長浦さんを見ていると、その姿は水引と重なって見える。

海老やかまぼこなど、おせちもすべて水引製。
海老やかまぼこなど、おせちもすべて水引製。
博多どんたくの花笠をかぶったダルマ。
博多どんたくの花笠をかぶったダルマ。
〈TIER(タイヤー)〉は結ぶ人、結びつける人という意味を持つ。あらゆる表現を通して、水引の可能性を発信している。
〈TIER(タイヤー)〉は結ぶ人、結びつける人という意味を持つ。あらゆる表現を通して、水引の可能性を発信している。
海老やかまぼこなど、おせちもすべて水引製。
博多どんたくの花笠をかぶったダルマ。
〈TIER(タイヤー)〉は結ぶ人、結びつける人という意味を持つ。あらゆる表現を通して、水引の可能性を発信している。

「水引が流行ってますよね、といわれるようになった今、可愛いだけが先行している部分もあって。結びは祈りに通じると漠然と思っていたのですが、ルーツを知ると変えてはいけない本質があるし、相手を思う気持ちは軸として大切にすべきこと」ルーツを改めて調べた書籍の出版や、神社のお守りのデザインなど、活動の幅をますます広げている長浦さん。水引を通じて見せてくれる新たな世界は、これからも楽しみだ。

Navigator…長浦ちえ(ながうら・ちえ)

福岡生まれ。美大卒業後、水引商品の開発に携わる。1年間のパリ滞在中にアートワークの制作を始め、2013年からは自身のブランド〈TIER〉を主宰。12/31までは福岡〈岩田屋新館〉に出店。迎春飾りが一堂に揃う。

(Hanako1204号掲載/photo : Norio Kidera text : Mako Yamato)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る