キムチで腸活!朝に食べたい体にやさしい「納豆キムチの鹹豆漿」のレシピ
2021.02.07

胃に負担はかけないレシピ。 キムチで簡単“腸活”!朝に食べたい体にやさしい「納豆キムチの鹹豆漿」レシピ。

免疫力を高めるため、直接体に栄養素を取り入れる食事がとても重要になってくる。特に意識したいのは腸内フローラを整える善玉菌を保有する発酵食品。代表的なものでいえばヨーグルトだが、今回はアレンジのしやすいキムチやチーズを。免疫機能を促進するビタミンDを多く含む食材も。とはいえ、朝の食べすぎにはご注意。満足できるけれど、胃に負担はかけない、軽めの「納豆キムチの鹹豆漿(シェントウジャン)」のレシピをご紹介。
キムチで腸活!朝に食べたい体にやさしい「納豆キムチの鹹豆漿」のレシピ

【材料(1人分)】

・無調整豆乳…1カップ
・ひきわり納豆…1/2パック
・白菜キムチ…20g
・酢…小さじ1
・しょうゆ…小さじ1
・ラー油、パクチー…各適宜

【作り方】

1.ひきわり納豆とキムチを混ぜる。器に酢としょうゆを入れておく。

2.片手鍋で豆乳を弱火で熱し、沸騰直前に火を止める(湯気が立ち、周りに小さな気泡が立つくらい)。

3. 2を一気に1の器に注ぎ、ひと混ぜする。表面がゆれる程度になったら納豆キムチをのせ、お好みでラー油を回しかけパクチーをのせる。

Navigator…齋藤菜々子(さいとう・ななこ)

料理家・国際中医薬膳師。「今日からできるおうち薬膳」をモットーに身近な食材を使った作りやすいレシピにこだわり、家庭で毎日実践できる薬膳を提案。齋藤菜々子

(Hanako1193号掲載/photo : Jun Nakagawa styling : Miyu Yasumi hair & make : Karen Suzuki model : Miyuki Arihara illustration : Masami Ushikubo text : Satoko Kanai edit : Hanako Kajiyama, Yue Morozumi (Mo-Green))

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る