〈F/CE.®〉
2020.11.04

人気スタイリスト・山口香穂が選ぶ、暮らしに寄り添うアイテム。 今年のトレンドは?スタイリストがセレクトしたニットアイテム5選【Hanako Something Good vol.15】

スタイリスト、山口香穂さんによる新連載【Hanako Something Good】。存在感を大きく強調することはないけれど、毎日の暮らしにそっと寄り添うアイテムを彼女の視点を通して紹介します。

今回のテーマは「ニット」。

ニットが主役の季節です。毛糸がもつ温もりある風合いや編まれることによって見せる個性ある表情が好きで、私の秋冬のメインワードローブはいつだってニット。今年はハイゲージも気になるし、大好きなざっくりも買い足す予定です。

1.〈F/CE.®〉

〈F/CE.®〉

メリハリの利いた配色が素敵な一枚。リサイクルウールをミックスするなど、環境に配慮されている点も今の時代ならでは。ベージュのパンツを合わせて着こなしたいです。

■42,000円(ルート 03-6452-5867)

2.〈FILDEFER〉

_MG_3998

オオカミにひと目ボレ。目の部分のマゼンタをキーカラーに、ボルドーのパンツやタートルを組み合わせたら、大人っぽくきれいめに転がりそう。

■13,000円(フィルデフェールたまプラーザ店 045-904-3890)

3.〈COOHEM〉

_MG_3993

展示会で出会って、即オーダー。前後で柄が違ったり、5パターン以上の異なる編み方が組み合わされているなど、細部まで凝っています。レトロなカラーリングも好み。

■24,000円(米富繊維 023-664-8166)

4.〈Phlannèl〉

〈Phlannèl〉

ビッグシルエットでも、スキッパーとサイドスリットで抜け感はキープ。羊毛の希少な糸を使用していて、ふっくらとした表情のあるニットです。何年も着たい!
■32,000円(ブルーム&ブランチ青山 03-6892-2014)

5.〈BATONER〉

〈BATONER〉のニットパーカ

スウェットより上品な印象を与えてくれるニットパーカ。滑らかな手触りで着心地も抜群。シャツの襟をちら見せし、チノパンと合わせてボーイズライクに着こなしたいです。

■32,000円(バトナー 03-6434-7007)

Styling by…山口香穂(やまぐち・かほ)

スタイリスト。栃木県生まれ。轟木節子氏に師事後、2014年に独立。雑誌、WEB、広告などで活動中。
インスタグラム:@kaho__yamaguchi

(Hanako1190号/photo:Kozue Hanada styling:Kaho Yamaguchi text:Yoshie Chokki)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る