〈The Millennials Shibuya〉 渋谷
2020.06.21

東京ステイを、もっと楽しく。 テレワークにもおすすめミニマルホテル3選!【東京】IoT搭載の“近未来ホテル”も登場。

テレワーク需要が増え、おうち以外で仕事をしながらリフレッシュしたい!と思っている人も多いのでは?今回はテレワークにもおすすめの東京にあるミニマルホテルをご紹介。こだわりの空間や最新機器を使ったおしゃれな空間をリーズナブルなお値段で楽しめます!

1.〈The Millennials Shibuya〉/渋谷

MG_0144-768x512
渋谷 〈The Millennials Shibuya〉
MG_0144-768x512
渋谷 〈The Millennials Shibuya〉

ミレニアル世代(2000年代に成人・社会人になる人々)をターゲットにしたここでは、「スマートポッド」と名付けたIoT搭載の宿泊ユニットを採用。フロアキーから照明などの客室リモコンまで、支給されるiPod一つで済むシンプルさだ。ラウンジのハイテーブルなど、各所にデジタルサイネージが設置され、近未来感を演出。コンパクトながら、館内には24時間のラウンジやワーキングスペース、キッチンも。思い思いに過ごす自由な滞在。そんな体験のなかで、新たな発見があるかも。

〈The Millennials Shibuya〉
3階には、ドロップインできるコワーキングスペースが。
■東京都渋谷区神南1-20-13 
■03-6824-9410 
■1名1泊6,000円~、アートポッド7,000円~(税サ込) 
■全120室

(Hanako1174号掲載/photo : Kenya Abe text : Wako Kanashiro edit : Yoshie Chokki)

2.カプセルホテルの概念を覆す洗練の空間へ。〈an/other TOKYO〉/京橋

f7641da09e0a82f6bfd5405ab7bb7c14-768x512
dice_02-768x512
f7641da09e0a82f6bfd5405ab7bb7c14-768x512
dice_02-768x512

女性も利用したくなるスタイリッシュなカプセルホテル。キャビンをイメージした客室は、広々としたパーソナルスペースと上質なアメニティも完備され快適。また併設のレストランで提供されるひとひねり加えた新しい洋食や、朝7時から楽しめる野菜たっぷりのブレックファストなど、宿泊以外にも通いたくなる魅力が満載。

〈an/other TOKYO(アナザー トウキョウ)〉
■東京都中央区京橋2-5-4
■03-3561-0254

(Hanako1183号掲載/photo:Yuko Moriyama text:Kimiko Yamada)

3.浅草・花川戸にできた、おしゃれモダンなホテル。〈MUSTARD HOTEL ASAKUSA 2〉

マスタードホテルの建築およびインテリアデザインは、ランドスケーププロダクツが担当。浅草の歴史と伝統ある景観に、現代的な建物がうまくマッチしています。マスタードホテルの「街の隠し味」というコンセプトの通り、ピリッとスパイスのきいた外観がおしゃれ!
マスタードホテルの建築およびインテリアデザインは、ランドスケーププロダクツが担当。浅草の歴史と伝統ある景観に、現代的な建物がうまくマッチしています。マスタードホテルの「街の隠し味」というコンセプトの通り、ピリッとスパイスのきいた外観がおしゃれ!
おしゃれでバリエーション豊富な客室。こちらは「ダブル」のお部屋。ウッド調の温かみのあるインテリアで統一し、カーペットの色を部屋ごとに替えることで、それぞれの部屋に個性を持たせています。もちろんユニットバスとトイレ付きです。
おしゃれでバリエーション豊富な客室。こちらは「ダブル」のお部屋。ウッド調の温かみのあるインテリアで統一し、カーペットの色を部屋ごとに替えることで、それぞれの部屋に個性を持たせています。もちろんユニットバスとトイレ付きです。
施設2階の大浴場は、準天然温泉「光明神々温泉」を採用。“光明石”を入れたお湯は、肩こりや腰痛などに効果が期待できます。都内で本格的な温泉に浸かれるなんて、これだけで価値あり!
施設2階の大浴場は、準天然温泉「光明神々温泉」を採用。“光明石”を入れたお湯は、肩こりや腰痛などに効果が期待できます。都内で本格的な温泉に浸かれるなんて、これだけで価値あり!
宿泊者の朝ごはんは、無料でホットドッグをいただけます。自分でトッピングなどチョイスしながら作れるのがうれしい。
宿泊者の朝ごはんは、無料でホットドッグをいただけます。自分でトッピングなどチョイスしながら作れるのがうれしい。
マスタードホテルの建築およびインテリアデザインは、ランドスケーププロダクツが担当。浅草の歴史と伝統ある景観に、現代的な建物がうまくマッチしています。マスタードホテルの「街の隠し味」というコンセプトの通り、ピリッとスパイスのきいた外観がおしゃれ!
おしゃれでバリエーション豊富な客室。こちらは「ダブル」のお部屋。ウッド調の温かみのあるインテリアで統一し、カーペットの色を部屋ごとに替えることで、それぞれの部屋に個性を持たせています。もちろんユニットバスとトイレ付きです。
施設2階の大浴場は、準天然温泉「光明神々温泉」を採用。“光明石”を入れたお湯は、肩こりや腰痛などに効果が期待できます。都内で本格的な温泉に浸かれるなんて、これだけで価値あり!
宿泊者の朝ごはんは、無料でホットドッグをいただけます。自分でトッピングなどチョイスしながら作れるのがうれしい。

〈MUSTARD HOTEL ASAKUSA 2〉
■住所:東京都台東区花川戸1-7-10
■TEL:03-5830-7481
■チェックイン 14:00、チェックアウト 10:00
■宿泊料金
ドミトリー/二段ベッド(1名)4,000円、ドミトリー/シングルボックス(1名)6,000円、ダブル(2名)10,000円、ファミリー(6名)25,000円※()内は定員数。

(photo,text:Aya Hanakago)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る