ブルペン
2019.12.12

日々の食卓を丁寧に。 この年末に揃えたい、新しい日用品。暮らしの質がアップする食器&キッチン雑貨6選

使用頻度が高い生活雑貨こそ、デザインや機能性に満足したものを使えば、暮らしの質がもっとアップするはず。この年末、新しい日用品をゲットしよう。

1.毎日使うからこそ手仕事を感じるマグカップを。

各6,500円(ブルペン 03-6407-0526)
各6,500円(ブルペン 03-6407-0526)

ポートランドを拠点に活動する女性の若手陶芸家、Dina Noに別注したオリジナル。全工程、彼女の手で制作され、ぽってりしたフォルム、素朴な色味や質感が温かみを感じさせる。鮮やかなブルーはDina Noを象徴する人気色。

2.ぬくもりと洗練が同居したグラスで味わいも上質に。

ショート、ロング各6,000円(HOEK 03-6805-0146)
ショート、ロング各6,000円(HOEK 03-6805-0146)

ガラス作家、鷲塚貴紀さんによる〈WASHIZUKA GLASS STUDIO〉の足付きグラス。吹きガラスの技法で丁寧に制作され、炎で焼成してほんのり黄色く仕上げた底面がアクセントに。厚すぎず薄すぎず、口当たりもなめらか。

3.どんなお茶にも寄り添う優美なティーポット。

39,200円(リビング・モティーフ 03-3587-2784)
39,200円(リビング・モティーフ 03-3587-2784)

陶芸家の李英才(リ・ヨンツェ)がディレクターを務めるドイツの〈マルガレーテンヘーエ工房〉の代表作。和洋が融合したような凛とした美しい佇まいは、緑茶、紅茶、ハーブティーなど、さまざまなお茶の時間にフィットする。

4.フレッシュなソフトチーズもきれいに切ってサーブできる。

12,000円(ドワネル 03-3470-5007)
12,000円(ドワネル 03-3470-5007)

岡山県瀬戸内で真鍮を使ったカトラリーやアクセサリーをハンドメイドする〈Lue〉のチーズナイフ。程よく重みがあり、硬質なブビンガ材を使った持ち手もしっくり手になじむ。真鍮は使うほど味わいが増す素材なので、経年変化も楽しめる。

5.職人技と素材が光る、五感で楽しむバターケース。

5,000円(柴田慶信商店 0186-42-6123)
5,000円(柴田慶信商店 0186-42-6123)

樹齢約150年以上の天然杉を使った曲げわっぱの丸型バターケース。杉は寒冷の環境に強く、バターを適度にやわらかく保つ効果も。木目の美しさ、素材感、香りを楽しみながら使いたい。付属のナイフも使いやすいと評判。

6.食卓をセンス良く演出するデンマークデザイン。

ソルトセラー4,500円、ペッパーミル6,000円(イルムス日本橋 03-3548-8881)
ソルトセラー4,500円、ペッパーミル6,000円(イルムス日本橋 03-3548-8881)

1940年代のテーブルウェアを復刻した〈カイ・ボイスン デンマーク〉の「MENAGERI」シリーズ。天然オーク材の温かみと曲線のフォルムが特徴的。ミルの刃はセラミック製で挽き心地もいい。

(Hanako1179号掲載/photo : Naoki Seo text : Asami Kumasaka text & edit : Seika Yajima)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る