tDSC_2023
2019.11.28

だしのとり方など台所の知恵も。 「おばんざい」が作れるようになる!〈小平泰子料理教室〉の人気レッスンへ。

雑誌やテレビなどで活躍する人気料理家によるレッスンは、いつも予約が殺到!料理のコツを学べるだけではなく、テーブルコーディネートなど参考になることばかり。

作り方から楽しむ京のおばんざいレッスン。

小平泰子/料理家。京都と東京で「小平泰子料理教室」を主宰。今年から自身が手がける惣菜の販売もスタート。料理にまつわる著書も多数。
小平泰子/料理家。京都と東京で「小平泰子料理教室」を主宰。今年から自身が手がける惣菜の販売もスタート。料理にまつわる著書も多数。

季節の食材を使ったおばんざい作りが学べる人気講座。

料理の味を左右するおだし。レッスンでは、こまめにおだしをひくことの大切さも学べる。かぐわしい香りが部屋いっぱいに立ち込めて、これだけでも幸せな気分に。
料理の味を左右するおだし。レッスンでは、こまめにおだしをひくことの大切さも学べる。かぐわしい香りが部屋いっぱいに立ち込めて、これだけでも幸せな気分に。

2時間強のレッスンでは、だしのとり方などの基本から「残った煮汁を使ってもうひと品」といったアイデアまで、自宅で実践できる工夫を存分に。

買うことが当たり前になっているひろうす(がんもどき)も手作りで。揚げたてのおいしさは格別!
買うことが当たり前になっているひろうす(がんもどき)も手作りで。揚げたてのおいしさは格別!

小平泰子/料理家。京都と東京で「小平泰子料理教室」を主宰。今年から自身が手がける惣菜の販売もスタート。料理にまつわる著書も多数。

棚にずらりと並ぶ器たち。
棚にずらりと並ぶ器たち。
自家製のひろうす、蕪の湯葉あんかけ、なすとお揚げのごまあえなど。大きなちゃぶ台で、和気あいあいといただきます。
自家製のひろうす、蕪の湯葉あんかけ、なすとお揚げのごまあえなど。大きなちゃぶ台で、和気あいあいといただきます。

食材から季節を感じ、小さな工夫から台所の知恵を学ぶ。食を通じて京都の暮らしの楽しみを体験できるのがうれしい。

〈小平泰子料理教室〉

■京都府京都市中京区梅忠町20-1 
■受講は月1回(開講日は月6~8回程度。HPで確認を) 
■入会金10,000円、月謝10,000円。
■定員3~10名 
■予約はHPの予約フォームより。東京・日本橋でも毎月同内容のレッスンを行う。

(Hanako1178号掲載/photo : Nobuki Kawaharazaki, Noriko Yoshimura (kyoto) text : Motoko Sasaki, Azusa Shimokawa (kyoto) edit : Kana Umehara)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る