ワークショップデビューするなら。代官山にあるドライフラワー専門店〈COCO BOTANICAL arrangement〉へ。
2019.11.15

クラフト感覚が人気! ワークショップデビューするなら。代官山にあるドライフラワー専門店〈COCO BOTANICAL arrangement〉へ。

花の魅力は尽きなくて。枯れてもなお美しいドライフラワー。専門店ならではの自家製かつ多彩なバリエーションで、生花とは一味違う、アレンジメントを楽しもう。
編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →

花材は全て自家製。2016年にオープンした代官山のドライフラワー専門店へ。

代官山 COCO BOTANICAL arrangement
代官山 COCO BOTANICAL arrangement
「店内が狭いので、ワークショップの定員は1回で4名くらい」と成松さん。

「ドライフラワーならではのシックな色合いと落ち着いた雰囲気に魅せられた」という店主の成松朋実さんが、2016年にオープンしたドライフラワー専門店。

代官山 COCO BOTANICAL arrangement
扉を開けると、天井一面に吊るされた色鮮やかなドライフラワーが迎えてくれる。使う花材はすべて自家製。

ドライフラワーといっても、お店に並ぶ花々はどれも驚くほど色鮮やかで、店内にはポプリのような優しい芳香が漂う。その理由は、すべて自家製のドライフラワーを使っているから。天井には多彩な種類の花々が吊るされていて、まだ生花が新鮮なうちに素早くドライに仕上げている。

クラフト感覚で、多彩なアレンジが楽しめる。

代官山 COCO BOTANICAL arrangement
好きな花材を選んだら、生花と同じ要領でブーケを作っていく。

ここでは月替わりでテーマを決めたドライフラワーのアレンジメントが人気を集めている。
「乾いた花を使うことで、クラフト感覚でアレンジメントできるのがドライフラワーの魅力」と、成松さん。

代官山 COCO BOTANICAL arrangement
ワークショップのほか、アレンジメントのオーダーやオリジナルブーケの販売も。贈り物にも人気。3,200円~。
代官山 COCO BOTANICAL arrangement
キーチャームの作れるアレンジメントなどドライならではの作品も。

ブーケのほか、リースやオーナメント、ガラスドーム、しめ縄などドライフラワーならではの多彩なアレンジメントが楽しめる。

〈COCO BOTANICAL arrangement〉

月ごとにテーマを変えたワークショップを開催。料金や内容は都度異なる。詳細、予約はHPから。ドライフラワーの単品販売、ブーケのオーダーも。
■東京都渋谷区恵比寿西2-20-14 森川コロニー2F 
■12:00~19:00 不定休 

(Hanako1178号掲載/photo : Satoko Imazu, Koichi Tanoue text & edit : Chisa Nishinoiri)

2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。

今月のスペシャル

進化が止まらない!行列ができるパン特集進化が止まらない!行列ができるパン特集
TOPに戻る