旅慣れ美女4人が対談!旅行先で大活躍のファッションアイテム・アイデア8選
2019.09.10

旅行先でのおしゃれや荷造りの参考に。 旅慣れ美女4人が対談!旅行先で大活躍のファッションアイテム・アイデア8選

旅慣れしているハナコラボメンバーに、旅先でのあるあるとその解決策を話し合ってもらう座談会、つづいてのテーマは“ファッション”。旅先でのおしゃれや荷造りの参考になる話が満載です。

編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

1.シワにならないワンピース、無印良品の白T、デニム、コンパクトになるカーディガン

本山さん:「旅行の時の洋服って、あれもこれも入れているとすごい量に!私はあまり数を絞らずに、持って行きたい服を圧縮袋に入れてコンパクトにする派ですが、みなさんは?」

前田さん:「絶対に持って行くのは、シワにならないワンピース、無印良品の白T、デニム、コンパクトになるカーディガン。行く先に合わせて、アクセなどをプラス。ベースが決まっていると迷わないんです。」

コーディネートの基本になるトップス、ボトム、はおりもの、ワンピースは、シンプルで着回し力の高いものをチョイス。行先に合わせてシルエットやカラーを変えてアレンジしてもOK。

2.似合いそうな色合いの洋服

福本さん:「グーグルアースやインスタグラムで、行先の風景をチェックして、そこに似合いそうな色合いの洋服を持って行く!絶対記念撮影するので、その時に映えるように。」

グリーンが多い場所に行くなら同系色のグリーンのワンピ、海に行くならさわやかに見えそうな白シャツなど、写真に撮った時のバランスを考えながら洋服を決めるのも手。

3.リバーシブルのスカジャン

斉藤さん:「朝や夜など、ちょっと肌寒い時ってありますよね。」

本山さん:「あるある!私がいつも持って行っているのはリバーシブルのスカジャン。防寒できるのはもちろん、洋服によって裏・表の両方が着られて、意外とテイストを問わずに合わせることができるし、個性もアピールできて重宝しています。」

裏と表が違う印象のリバーシブルのアウターは、色々なコーディネートに合わせやすく、マンネリ防止にもお役立ち。オーバーサイズをセレクトするとトレンド感のある着こなしに。

4.〈ユニクロ〉のウルトラライトダウン

前田さん:「リゾート地でも、夜は寒いってことありますよね。私はユニクロのウルトラライトダウンかな。コンパクトにポーチにおさまるから、機内にも持ち込んで体温調節に使ったりもしています。」

ポーチに入れたり、ポケッタブルになるアウターは、一年中旅行バッグに入れておくと安心。ユニクロはもちろん、アウトドアブランドにも機能性の高いものが多いから要チェック。

5.〈PHEENY〉のサーマルシリーズ

本山さん:「ロングフライトの時は特に、機内で着る服はリラックスできるものがマスト。でも、リラックス服ってちょっと野暮ったくも見えがち……。」

福本さん:「PHEENYのサーマルシリーズは、ラクだけどトレンド感もあっておすすめです。特にサーマルパンツは、ゆったりしたシルエットでウエストもゴムだから、機内でも気にせず着られるし、重ね着にも使えて一枚あると便利。」

前田さん:「サーマル生地は着ていて気持ちがいいし、旬度も高くていいですね。」

ロングワンピとの重ね着や、Tシャツとのワンツーコーデも旬な仕上がりになるサーマルパンツ。ウエストがゴム、ゆるシルエットなど、ラクチンボトムは長旅をストレスフリーにしてくれる。

6.〈レペット〉のバレエシューズ

斉藤さん:「着心地がいい服は旅のお供にぴったりですね。足元はどんな感じですか?たくさん歩ける靴で行きたいですよね。」

前田さん:「私はレペットのバレエシューズが必需品。」

福本さん:「私も。デニムにもワンピにも合うし、なんせラクチン!着脱もしやすいから、旅先では毎回大活躍してくれています。

高いヒール靴を持って行かなくても、スタイリッシュな足元を作ることは可能。レペットのバレエシューズなら歩きやすさはキープしたまま、クラシカルな印象できちんとシーンにも対応。

7.〈エルメス〉のスカーフ

斉藤さん:「みなさんが必ず持って行くファッションアイテムって?」

前田さん:「足元を変えるだけで印象がだいぶ変わりますもんね。私はエルメスのスカーフ。洋服がシンプル過ぎる時に首に巻いたり、髪型がキマらない時に頭に巻いたり。バッグにも巻けるし、一枚あると本当に便利だから必須です。」

ハイブランドのスカーフをプラスするだけで旅の着こなしがランクアップ。頭に巻いても少し余裕があるくらいの大きめサイズを持っていれば、アレンジ自在で使い回せる。

8.〈無印良品〉のそのまま洗える衣類ケース

前田さん:「無印良品のそのまま洗える衣類ケースに洗うものをまとめて入れ、帰ったらそのまま洗濯機へ。スーツケースから洗濯機に直行できて手間いらずですよ。」

メッシュ素材のポーチは、そのまま洗濯機へ入れられるすぐれもの。使わない時はポケットサイズに折りたたむことも。メッシュでも透けにくい素材なので、下着を入れても心配なし。

今回教えてくれたのは…

本山順子/モデル、クリエイター。Hanako.tokyoでは「今日は何を着て、どこへ行こう。迷子のお守り」を好評連載中。

前田紀至子/ライター、プランナー。旅や美容が中心のコラムをWeb で発信中。おしゃれなライフスタイルにも注目が集まる。

斉藤アリス/ハナコラボ所長。世界のカフェ巡りが趣味で、海外・国内旅行の経験も多数。モデル、ジャーナリストとして活動中。

福本敦子/美容コラムニスト。Hanako.tokyoで連載中の「週末美容」コラムでは、自らお試しした旬の美容グッズを紹介。

(Hanako1175号掲載/illustration : Maori Sakai text : Aya Honma)

編集部

旅のお役立ち情報を多数ご紹介していきます!

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
seibu_sidebar
TOPに戻る