トアヒス_外観
2019.06.24

日本の文化×フレンチ!? 福岡で話題、予約困難な前衛的フレンチ〈TTOAHISU〉へ。美食シーンを牽引!

「このお店のために、旅をしたい」そう思わせてくれるような、予約のとれない人気店。全国、海外の食通も唸る、福岡屈指の美味をどうぞ。今回は、福岡の注目フレンチ〈TTOAHISU〉をご紹介します。

日本料理店?ギャラリー?独創的なインテリアにも注目。

トアヒス_外観

赤いのれんの先には、黒と白のコントラストが効いたモダンな空間が。

Recommender…桜 美奈/RKB「今日感テレビ日曜版」、CROSS FM「up↑up↑」レギュラー出演中。
Recommender…桜 美奈/RKB「今日感テレビ日曜版」、CROSS FM「up↑up↑」レギュラー出演中。

アーティストによって大胆に描かれた福岡城の壁画も印象的だ。その佇まいは日本料理店か、ギャラリーか。1つの枠にとらわれない独自の世界観が、設えや料理に鮮烈に息づく〈トアヒス〉。

五感に響く、イノベーティブなフレンチ。

トアヒス_U9Q5026

オーナーの山下泰史シェフは、東京のフレンチ〈アムール〉などで研鑽を積んだのち、2016年に福岡で独立を果たした。磨いたフレンチの技に「日本の文化」や自身の感性を投影した料理は、まさに唯一無二。

シェフのスペシャリテ「ダブルコンソメ」。器などの設えにも注目。富士山が描かれた特注のショープレートは長崎県無形文化財である臥牛窯の現川(うつつがわ)焼。
シェフのスペシャリテ「ダブルコンソメ」。器などの設えにも注目。富士山が描かれた特注のショープレートは長崎県無形文化財である臥牛窯の現川(うつつがわ)焼。

1品目に登場する「ダブルコンソメ」もその一つだ。提供スタイルから日本料理のだしを連想するが、味わいはより芳潤で重厚。丸鶏、豚骨、焼きアゴなどから抽出した奥深い滋味が染み渡る。

10皿構成の夜コース、2皿目の一例。ねっとり甘いボタン海老とウニに、新タマネギと橙のソースを合わせた前菜。
10皿構成の夜コース、2皿目の一例。ねっとり甘いボタン海老とウニに、新タマネギと橙のソースを合わせた前菜。
マナガツオのポワレ。甲殻類のソースやレモングラス、コブミカン、コリアンダーの風味も弾ける。
マナガツオのポワレ。甲殻類のソースやレモングラス、コブミカン、コリアンダーの風味も弾ける。

さらに続く料理は九州の旬や日本の食材を主軸に使い、季節や素材に合わせて構成。火入れやソースに確かなフレンチの技術を感じさせつつも、時にはエスニック、時にはシノワ。多彩な要素を自在に操り、自身の発想を注ぎ込む。〝この香りは何?次は何が出てくる?〞そんな驚きとワクワクの連続。おいしいだけでは終わらない食の楽しみがここにある。

〈TTOAHISU〉

昼コース4,000円、夜コース10,000円、各要予約。予約受付は2カ月前から。フロアからは、キッチンを眺めることもできる。
■福岡県福岡市中央区大手門3-12-12 
■092-733-4600 
■昼は12:00の回のみ、18:30~23:00(20:00LO) 火休 
■12席/禁煙 

(Hanako1173号掲載/photo : Seiji Seki(McQUEEN) text & edit : Erika Mori)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る